キチク、エンカウント

kichiku encounter

キチク、エンカウント
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神173
  • 萌×2124
  • 萌74
  • 中立31
  • しゅみじゃない49

--

レビュー数
64
得点
1614
評価数
451
平均
3.8 / 5
神率
38.4%
著者
おわる 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
ISBN
9784801950047

あらすじ

社畜SEとして頑張るリーマン・佐藤一(ルビ:さとうはじめ)、25歳。
完徹明けの朝日が眩しい早朝の電車で帰宅中、車内に響き渡るAV女優の喘ぎ声(が、股間に直撃! )。
音漏れの主はどんなDTクンかと思いきや、すっっっごい遊んでそうなイケメンで…。

えっちな音漏れで股間にゴメーワクを掛けたお詫び(! ?)に、とイケメンに連れ込まれた先でDTどころかまさかの処女喪失――! ?

収録作品:「キチク、エンカウント」「お願い! ! ワンナイト・スタンド」

表題作キチク、エンカウント

千紘,20歳,男専門のフーゾク店勤務
佐藤一,25歳,社畜SE

同時収録作品お願い!! ワンナイト・スタンド

アダム・ヴェデルニコフ、20代?、店を卒業するロシア人バーテンダー
桂 楓真、29歳、バーテンダーのチーフ

その他の収録作品

  • キチク、エンカウント -Extra Stage-(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:漫画「#魔のトイレ」「#たぷたぷ」

レビュー投稿数64

エロも執着も受けの可愛いさも楽しみたい方へのハッピーセット


今回のお話「とにかく受けが可愛すぎる」。
この一言につきます。

男専門風俗×童貞SE。
童顔童貞で性格も顔も可愛い、なのにメガネっ子で野暮ったい。
そんな設定なのですが、エロの時には超エロく、攻めに見せる顔も可愛いし絆されやすくて、これはどんな攻めも堕ちるのでは…?と思わずにはいられない。

THE受け!!という感じで萌えまくり。
攻めも大きくて身長差が最高なのなんなの…。

トーンの関係上、褐色肌に見えるのもまた良かったです。
攻めは風俗でタチ役ですがゲイなわけではなく、お金の為に働いています。
EDになってしまい、受けと出会ったことによって回復していき…というあらすじです。

強引そうに見えるのに、世話を焼いてくれて優しい攻め。
このギャップも最高でした。
タイトルに「キチク」とありますが、私はすごく愛のある攻めだと思います。

もちろん、おわる先生なので通常運転でエッッッロい。
AVを見ながら女優と同じシチュでヤる、という設定が最高でした。
これが白抜きだと、すごく勿体ないと思いますので紙媒体を全力でオススメします!!

【お願い!! ワンナイト・スタンド】
ダークホースでした。
この続きが喉から手が出るほど読みたい…!!

一話分しかないのですが、ロシア人×誘い受けでバーテンダー同士。
片想いしていたところ、攻めが旅立つことに…。
最後の思い出に…と攻めを酔わせて襲おうと画策します。

最後の展開がもう私の好きなヤンデレ風!!
あ~~このお話がまるまる一冊あれば、神評価間違いなしなのに…と思わせてくれるくらい良かったです。

書き下ろしやカバー裏もあり、大満足の一冊でした。
エロいだけじゃない、おわる先生の作品大好きです!!

0

よくある展開なのにキュンキュンする!

受けが攻めの前で勃ったのを見られたのが原因で、初対面なのに駅のトイレで処女喪失。

まあ無理やりな展開ですがエロすぎるのでそんなこと忘れます。

その後も頻繁に会ってヤることになりますが、攻めの優しい部分を何度も見て、どんどん好きになる受け。

そして、攻めが男用の風俗をやっているので、それについて嫉妬して、避けまくるので、攻めが受けの会社までやってきて嫌がる受けをぶち犯します。こういう好き同士なのに嫌がる受けをぶち犯す展開たまんなく好きなので心のチンコフル勃起でした。最高。

それきっかけで両思いになり、おまけ話では酒に酔ってえちえちな受けが見れます。最高。

攻めが受けに嫌われているのかもと不安になっている姿ってたまりませんね〜!キュンキュンでした!!あざす!!!!

0

なんてキチクだ!

キチクというワードが気になって「もしかして地雷かなあ」と怯えつつ購入したS嫌いです。
何ということでしょう!
こんなキチクならいくらでもエンカウントOKですよ!

徹夜明けの始発電車で、大好きなAV女優の声が大音量で聞こえてきて驚いた社畜SEの一(はじめ)。
音のする方を見てみたら、そこにはいかつい系男子がいて…。

始発でエンカウント、からの、駅のトイレに強制送還ですよ。
はじめが出会った男は男専門風俗で働く千紘で、この拉致強姦から付きまとわれまくるのですが、千紘、ただのスパダリ!!
はじめ目線なのではっきりとしたモノローグとかはないものの、表情からはじめのことを好きすぎるのがビシビシ伝わってきます。
単純に溺愛系不器用攻めくんではないですか。
良い!良いよ、溺愛系!!

最初は振り回されまくって「迷惑!嫌い!」レベルだったはじめも、風邪を引いたときの千紘の看病から家の事情、弟のことを知っていくうちにどんどん千紘に惹かれ始めて、やきもちを焼いてお店まで行っちゃうのが可愛い。
おわるさんの作画は受けがまんま女の子という作品もありますが、本作はわりとすっきりしたタッチで、はじめは小動物系男子というくらいで、胸がぷっくりもしていなかったし、本当に可愛かったです。

すれ違いからのラストも最高で、千紘がー!あのキチクがー!!鬼の目にも…、というシーンは本当に素晴らしいので、実際に読んでほしいです。
あまりの衝撃に何度もページを戻ってしまいました。

ストーリー展開もすごくテンポが良くて存分に楽しめました。

同時収録はバーで働く楓真と、留学生バイトのアダム。
留学期間を終えて国(ロシア)に帰るアダムの送別会で、付き合った相手にことごとく引かれる性癖を持つ楓真の魔の手がアダムに…。
という感じで、縛られたのはどっち?という結末でした。

表題作、萌2か神かで悩みに悩んだ結果、神にしました。
「キチク無理!」という方にこそ読んでほしい。
愛が溢れておりました。

0

長男気質なのに、好きな子いじめちゃう系の攻とかわいい系で天然の受

愛のないえちちって好きじゃない派なんですよね、ワタシ。
そんでね、1話は早朝の電車内でAV見てたチャラそうな攻に駅弁されんの。だから、1話から「うん、無理!」ってなった。
まあ、1話なんでね、体から始まる関係もあるかなって思って、ここで諦めないで!

3話くらいから、お互いの気持ちが見え始める。
BL界でよくある、受が風邪ひいちゃうイベント。
これは、攻の腕の見せ所じゃないですか。
これはね、すごくよかった。攻から長男気質がにじみ出るにじみ出る。
なんだかんだ、風邪ひいてるときエロいことしないでかいがいしく面倒見ちゃうの良いな。愛がある。
もちろん、治ったらヤることヤるってのがまたね!いいね!

で、4話で歩み寄って、5話で攻が気持ちを吐露しちゃうところね、最高!
気持ちの伝え方が若者!
好きな子いじめちゃうタイプの攻って好きよ、ワタシ!
長男気質なのに、好きな子いじめちゃうのよ!?かわいい系で天然の受なのよ!?いいじゃないの!!

ドチャシコではないから、神にしなかったけど、読みやすいし作画も展開も王道。続きがあれば読みたい。おわる先生の話は、スルっと読めて、スルっとエロも接種できるところが大変すばらしい。

あ。もういっこ忘れてた。
えちちするとき、受のお気に入りの女優が出てるAVが流れてるんだけど、個人的に好きなAVの台詞を発表するな。
「車庫入りしちゃらめぇっ」「8両編成なんてはじめてぇっ!!」
はて…ち〇この8両編成とは……?

1

あのセリフ

ちひろちゃんのAVの中でのセリフが、佐藤に重なる演出、いいですよね。

おわる先生2冊目なんですね。
おわる先生の作品ではハングアウトクライシスか、こちらが好きかな〜と思ったら、ちるちるの評価もその2つが上位でした。
キチエン、千紘が嫌なやつかと思いきや、ものすごく世話焼きと判明するのが王道ながらもやっぱり燃えます。いわゆる平凡受けも好きではないけれど、佐藤のこともだんだん好きになっていく。佐藤一ってずいぶんあっさりしたお名前ね。
甘々な描き下ろしは一層良かった。これが酔わずに出るようになったら最強のCPだけど、常時これは双方身が持たないか笑

同時収録作も好きです!
萌〜萌2

0

おわる先生らしい、ジェットコースター級強引陵辱ラブコメ。

今となっては慣れてしまったので、さして驚く事でも無いが、明け方の電車内で出逢って即ゴー‼︎
という無理矢理強引攻めが、最初読んだときは無理で。可愛い絵に惹かれておわる先生の作品をいくつか読んでいる内には慣れっこになって来て。再読するに、他のレビュアー様たちも仰っている様に、
これこそが「おわる節」なんだなぁ。と、味わうまでに。
男女ものAVを流しながら受けにそのセリフを言わせたりする悪趣味もご愛嬌。その可愛さにギュンとして煽られる攻め。ノンケだった筈のハジメも簡単に流されてしまう気持ち良さ。
確かに強引攻めだし。逃してくれない千紘は「キチク」なんだけど、風邪をひいたハジメを甲斐甲斐しく看病したり。年の離れた弟の為にプロもビックリなパンケーキを焼いてみたり。優しくて甘くて、「オレのもの」はとーっても大事にするのだ。
どういうわけか、地黒なのかな?な、褐色肌もセクシーだし。
裕福なな家の子の筈だけど、恋多過ぎる母親と仕事人間過ぎる父親との間で、愛情に飢えていて、いつも気にかけてはいるけども、幼ない弟とは離れ離れになってしまうというやるせなさ。
千紘にはハジメがいてくれるからめでたし!なのかもしれないけれど、母親と直接対決もあるのだから、和解とか何とか、も少し解決しておいて欲しかったかも。成長した弟がブラコンぶりを発揮して、当て馬になって再登場して欲しいなぁ、なんて思います。

同時収録は、ワンナイトで済ませるつもりが恋人に⁈ な、「お願い‼︎ワンナイト・スタンド」。
目隠し、緊縛プレイというなかなかのフェティッシュぶり。

0

「車庫入りしちゃ らめぇっ」と数年越しでついにご対面

この名(迷?)セリフだけは発売当初から知ってたので、出てきた瞬間「これか!」となりました。
しかしこのセリフのどこに攻めのちんこを勃たせる要素があったんだ?!

立て続けに低評価つけてしまって本当ごめんなさいなのですが、これも表題作にハマれず…。
受けキャラが女の子にスーツ着せたみたいな見た目なところに、エッチシーンを男女モノのAVとシンクロさせてるせいで余計に女の子みたいに見えてしまうのが、どうにもこうにも萌えを削がれます。
はじめ(受)がこの見た目じゃなければ、AVとシンクロさせるこのエロシチュエーションきっと萌えだったと思うんですが。
例えば「思い違いが恋の種」の北條先生みたいなツンデレ美人なら超アリ。
んー、好みの問題ですかね。

おわる作品、人気作ほどメインのお話の良さが分からない。なぜだー。
ちなみに私の好き順、
「理解不能クソキューティ」
「純情ビッチ、ハツコイ系」
「思い違いが恋の種」
「アワーハウスラブトラブル」
「キチク、エンカウント」
「ハングアウトクライシス」
で、見事なまでに今現在のちるちるのランキングと真逆なんですよね。見事すぎてビックリです。

4

王道×おわる先生=抜群の安定感

◆キチク、エンカウント(表題作)
 ドSや俺様属性の攻めのお手本のような作品でした。最初は攻めの酷い所業に受けが詰ってばかりだけど、そんな攻めにも優しいところがあったり、抱え込んでいることがあったりするのを知って、徐々に絆されていく受け。ベタな展開も多いですが、おわる先生の可愛く綺麗なタッチで、王道の俺様攻めを存分に楽しめました。何も考えずに読めるエロが無性に読みたい時にはぴったりです。でも、なんだかんだこの作品の攻めの千紘は、Sより優しさの方が勝っていたような気もします。そういうところも可愛らしいと思える攻めでした。

◆お願い!! ワンナイト・スタンド
 個人的にはこちらをもっと長く読みたかったかも。緊縛が性癖である楓真がタイプであるアダムを襲うんですが、情事中は楓真が優位だったのに、終わってお互いの気持ちを知ってからはアダムが若干のヤンデレさを見せ始めていて、続きが気になるなぁと思いました。可愛いワンコな見た目なのにヤンデレ系かもしれないって最高じゃないですか。想像の膨らむCPでした。

0

イキ顔最高

おわる先生の作品にハマり、気になった物から順に読んでいるのですが、こちらの作品、表紙とタイトルで少し苦手意識を持っていた為、読むのが遅くなりました。
早く読んどきゃ良かった!

最初は、もう無理やり感が満載でしたが、はじめが熱を出した所から、千紘への気持ちが芽生えてきます。
あんなに毎回鬼畜だったのに、看病だけのために来てくれたの??っていうのが、私のキュンポイントなので。BLあるあるですよね。
そこから嫉妬したり、自分から積極的になったりと、可愛いはじめが見られます。

気持ちが通じ合った後の書き下ろしでは、はじめのキャラも砕けて、かなりエロエロになっていました。

すみません。受重視のレビューになってしまいました。話の流れは王道ですが、おわる先生の描く受の子が好きで、それだけでも神評価付けます。
楽しく読めました。

1

ファンタジーだからと言い聞かせて読む

この作者さんはエッチが多くて描写ががっつりありますね。

今作もファンタジーだから!と言い聞かせながら読みました。
会ったとたんにあれよあれよと性の奴隷並みにエッチを強要され、ちーちゃんが何故か毎回同じ設定で!

千紘が実は世話焼きで頼りになって、一もなんやかんやで毎回千紘を受け入れてて。
色々ありますが丸くおさまります。

お願い!!ワンナイト・スタンド
アダムが策士ですね。いつからセンパイのことを好きに?カクテル作ってたもんね、好きだったのね。
酔ったふりで目隠しされて襲い受けされて手錠を引きちぎってガンガン攻めちゃう!
そして実はエッチの相手がセンパイだとわかっていてわざと引っ掛かったふりしてセンパイを騙します。もう国へ連れて帰り僕のものにする宣言。
実はアダムも秘めた部分があったのですね。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う