まほまほさんのマイページ

レビューした作品

女性まほまほさん

レビュー数1

ポイント数32

今年度425位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

home コミック

中村明日美子 

サイコーです!!

前作の大人の二人の様々は葛藤、成長エピソードからの今回のhomeはサイコーでした

同級生の時に感じた胸がキュッとなるトキメキの大人バージョンです

本当に可愛くて幸せで感無量です

続編も楽しみに待ってます

続きみたいです!!

収まるべきところに収まりました!

静の自分の気持ちに向き合うまでの
相変わらずのバカさと可愛さが
たまりません

下巻から大家の包容力が爆発!
イケメン力もパワーアップし
静の可愛さも際立ちます

畠山の拗らせ具合も最高潮!
サイコパス味も上がりました笑

聡也くんの子供ならではの茶化し方や
案外みんなといるの好き感も
一つ屋根の下感を膨らませます

番外編で大家×静のイチャイチャ具合
畠山の新しい恋を描いて欲しいなと
思います

すごく好きな一冊になりました
読み返して噛み締めてます!

まじでかわいいです!!

大家×静×畠山の三角関係なのですが、
静のバカさ加減がまぁかわいい

大家のちょっと意地悪な感じからの
イケメン力への変化がすごく良い

畠山のしつこさとヘタレさと拗らせ
具合も塩梅良く

脇の聡也くんのファインプレーで
静のバカ可愛さ加減が爆発!!
良い仕事しました

笑えて可愛くて揉めててガヤガヤ一つ屋根の下感がすごく良いです

内田さんの腕は間違いないです
大家×静の初エッチシーンの運びと
流れがおもろ可愛くてサイコーです

何度も読み返して楽しんでます

思いは告げないとダメなんだよねと
畠山のヘタレさを見てしみじみしました

もっと読みたいです!!お二人を

サイコーでした

お仕事BLで一番好きです

仕事内容は抜かりなくきっちり描き
仕事の臨場感が抜群
キャラクターの個性の書き分けは
お見事
結婚観 家族観 仕事人生観 
人間関係 人生の葛藤と様々な困難を
乗り超え成長していく人々
そして温かい仲間たち
恋だけじゃなく仕事だけじゃなく
全ての要素が人生を彩るのだと
描いてありました

同性カップルだけに当てはまる問題じゃないところが余計にぐっときました
これからの2人も見ていきたいです
2人だけで完結しない世界が素晴らしい
なんて、こんなBL作品を本当にありがとうございました
また、続きも描いてください
大好きです!

10DANCE(6) コミック

井上佐藤 

だんだんBL色が薄くなってきました..

井上佐藤さんの綺麗な絵でもっと
官能的な恋と激しいダンスを
読みたかったです

確実にダンス色が強くなり
BL色が薄くなりました

特装版も不自然なくらいに
性器が描かれておらずがっかりです
子供騙しです
発行元がBL雑誌ではないからかなと
大変残念に思いました

薄味の恋愛模様や
葛藤を見せられてもどうしてよいのやら
これではスポ根にBL色が混ざったという色合いです

プラトニックな2人に萌えるほど
子供ではないので
だんだん読むのが疲れてきました
麗人さんで描き続けたものを
読みたかったです
2人のキャラも好きだったので
残念でなりません

話も恋愛色が薄くなるにつれ
ダンスのエロティシズムが
失われているようでスポ根は
嫌だなぁと思います
今後読み進めるのは辞めました

STAYGOLD (6) コミック

秀良子 

もう、たまりません....

秀さんのストーリーテラーぶりに
すっかりやられました

優士にとって「歪」な家は
依存先だったんです

リスクは取らず、安心安全牌を
生きる優士にとって
無常な世の中を生きる不安を
薄めてくれるのが「歪」な家族でした

初めて感じる孤独と不安
依存先を失い足元が崩れ
新たな依存先が仕事になりました

自己犠牲的献身は強度依存症
だとは本人は気づかずに
仕事量は器を超えて優士は
パンクしてしまいました

初めて優士が向き合った不安を
吐露したのは駿人でした

駿人が男前でしびれます!!
真っ直ぐな強い思いが
優士の心の不安を拭ったと思います

最小限の言葉と間合いから
こぼれ落ちる感情が
たまらなく切なく甘くて
死にそうでした

いい歳した中年が前途ある若者の
熱すぎる思いに応える勇気は
思慮深いほど不安でたまらないでしょう

繊細な心の機微が手にとるように
伝わります

ラストの2人のやりとり
「やり方は?」
「わかんないから教えて」

優士のきゅんに
そりゃそうだ!!!と
激しく同意しました

男前なのにちょいちょい可愛い
駿人にメロメロです

番外続編を心よりお待ちしてます

コウ&日高もどないかして
くれるのかしらとわくわくです


兎の森 (2) コミック

苑生 

サイコーでした!!

1.2巻セット連続で読みました

一言でサイコーでした

シリアスだけど、重すぎず
繊細な機微は伝わるけど
自己憐憫は無く
純愛だけど性欲には忠実
真顔なのに面白い
常に二度美味しい感がサイコーです
塩梅の良い漫画はありそうで
少ないので大当たりでした

脇キャラのタクミさんの
お兄さんの顔面でおイキーには
爆笑でした

可愛くてエロくて笑えて不憫で
健気で懸命に生きててやや捻れて
スルメみたいに噛むほどに美味しい
漫画をありがとうございます
次巻も楽しみに待ってます

めっちゃ好きです サイコーだ!!

サイコーでした!!

過重労働、人権蹂躙職場で
心身ともに疲労困ぱいしていた
宮坂の回復までの日々

優しく静かに過ぎていく
矢野さんとの時間が丁寧に描かれて
詩夫妻との暖かくも爆笑な
コミュニケーションにも救われ
笑顔と元気を取り戻した宮坂

宮は笑顔がいいなと改めて思いました

詩さんの描く仕事との向き合いかた
映像の世界とどう折り合っていけるのか
今後もすごく楽しみです

東京心中には人間の生き方そのものへの
問題提起や哲学が寓意されてる
それも面白いおかしく

性別の役割、働く意味 生きる意味
社会通念から軽やか外れて
笑いながら新しい価値観、仕組みを
作っていく

今まさに読みたいサイコーな漫画です

大好きです!詩さん笑

リスクを背負わないと幸せにはなれません

すれ違う航平と太一
ぶつかり合わないと埋まらない距離があるとばかりに、噛み合わない二人

健聴と難聴という設定だからこそ
可視化されやすい負い目、重荷

誰かの為に何かをしたい
行動が同じでも動機が違えばまるで別のものになる

誰かの為という行為は対象者の喜ぶ感情が見返りとなるお為ごかしにもなりえる
それは対象者への負担、負い目となる

しかし、太一は違う
航平の難聴がきっかけで自分の生きる道が見えた
航平を通して見える世界が広がった
人は誰しも迷惑をかけあい生きている

障害の有無はわかりやすくしているだけで、誰しも誰かに助けられている

そこまできっと見せてくれるつもりだな
文乃先生は!と安心しながら試練に対峙する二人を見守っていました

この漫画は弱さは強さだと教えてくれます
航平と太一が傷つくことを恐れず
自分の弱さと向き合い成長する姿を楽しみに何度も読み返して次巻を待ちわびます

それって俺としたいってこと?

「私がオジさんになっても」まずこのタイトルにやられました..
どういうこと??と

20年かけてセフレから恋人になるお話でした

受けの三角はとっても可愛い男の子
周りから「女子より可愛い!!」と
ちやほやされて、すっかり痛い子になりました

そんな三角は高校生の時、男性教諭が男子生徒と
セックスするのと見て
「いやいや、ヤルなら俺でしょ!学校一可愛いのにっ」と
まるで明後日の方向へ思考していきますww

その可笑しな虚栄心を満たす相手として
選んだのがぼんやり大学生でバイト仲間の
吉丸でした

襲い受けよろしくで、童貞吉丸に乗っかる三角
そんな、三角の奔放さにされるがままで
脱童貞を果たした吉丸でした

その後は疎遠になった二人が偶然の再会を
果たすのは社会人になってから
カメラマン吉丸とリーマン三角
互いにパートナーがいない時限定の
セフレになりました

大人になった吉丸はセックスが上手くなってるし
ムードも盛り上げられるしで、三角も見直します

三角はリーマンになった自分に興奮する
吉丸の存在に満たされます、虚栄心が

三角は自意識過剰でナルシストの極みなんです
一步間違うと大層うざい痛い奴なんですが、
朴訥とした吉丸が三角を可愛いと思う気持ちが
言葉少なくても伝わるんです!!!

ここが凄く好きで、吉丸が可愛いと言うから
私も三角が可愛く思えちゃうんですww

吉丸の包容力の偉大さですね~

その後、吉丸の結婚でまたも疎遠になるものの
まんまと離婚し元の二人に戻ります..

と思いきや、吉丸はずっと三角を愛おしく
思っていたのです
出会ってからずっと
三角に見合うようにセックスを磨き、セフレに
甘んじても愛していました
吉丸の健気な愛の表現がすごく素敵なんです
吉丸大好き!!と叫びそうになりましたww

そんな吉丸を愛おしいと思うようになる三角
長い時間をかけたからこそ揺るぎない絆が
結ばれました

中年になっても痛い三角を猫を撫でるように
慈しむ吉丸
自分の痛さを愛する吉丸に応えるように
ずっと痛い三角

くどい感傷やべったりとした甘さはない
でも、絆が見えるんです

年齢を重ねてくると容姿に自信がある人程
失うものが多いと思います

でも、ただ一人でもそんな自分を愛おしく
感じてくれる
それだけで人はこんなにも無防備に満たされる
のだなとしみじみしました

村上作品の全て好きですけど、
地味で、でも大事なものが詰まっている
この作品が一番好きになりました

今までにないストーリーとキャラの個性
それに見合った心模様が一体になった
大変素敵な作品です

多くのお年ごろの女性に優しく響く作品だと
思います
沢山の人に手にとって感じて欲しいと思いました