東京家族 -東京心中・9-

tokyo kazoku

東京家族 -東京心中・9-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神37
  • 萌×28
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
220
評価数
46
平均
4.8 / 5
神率
80.4%
著者
トウテムポール 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
EDGE COMIX
シリーズ
東京心中
発売日
ISBN
9784863497702

あらすじ

番組制作会社の仕事も、
恋人の矢野(やの)さんとの関係も安定してきた
宮坂絢(みやさかけん)は、大手テレビ局への出向スタッフに!!
…が、あまりに過酷すぎる現場に耐えかね、宮坂……まさかの逃亡!!?
人気のワーキングBL『東京心中』シリーズ第9弾、
仕事を辞めた宮坂が選んだものは…!?

表題作東京家族 -東京心中・9-

宮坂 絢,無職
矢野 聖司,TV制作会社映画部署

その他の収録作品

  • ゆめかうつつ
  • 東京家族
  • 新しい仕事?
  • 棲家
  • 春風秋雨録
  • 新しい未来
  • 家ねこになりました(描きおろし)
  • 番外編 あの時の約束
  • あとがき(描きおろし)

レビュー投稿数14

めっちゃ好きです サイコーだ!!

サイコーでした!!

過重労働、人権蹂躙職場で
心身ともに疲労困ぱいしていた
宮坂の回復までの日々

優しく静かに過ぎていく
矢野さんとの時間が丁寧に描かれて
詩夫妻との暖かくも爆笑な
コミュニケーションにも救われ
笑顔と元気を取り戻した宮坂

宮は笑顔がいいなと改めて思いました

詩さんの描く仕事との向き合いかた
映像の世界とどう折り合っていけるのか
今後もすごく楽しみです

東京心中には人間の生き方そのものへの
問題提起や哲学が寓意されてる
それも面白いおかしく

性別の役割、働く意味 生きる意味
社会通念から軽やか外れて
笑いながら新しい価値観、仕組みを
作っていく

今まさに読みたいサイコーな漫画です

大好きです!詩さん笑

5

ほっとしました。

ここ数巻はお仕事のターンが長く、
しかも血を吐くようなブラック会社の話だったので、
ようやく宮坂が解放されて、ほっとできる巻でした。
心身ともにボロボロのときは辞める、逃げる、が正解の時もある。
そんな疲労困憊の宮坂を受け止めてくれた矢野さんが、
本当に神々しかったです。
回復するために根気よく、焦らずに、ゆっくりと、、
宮坂のもがいている姿が泣けたけど、
矢野さんの頑張りもぐっと来ました。
あの矢野さんが宮坂と家族になるっていうことを、
自分なりに考えてくれていたなんて。。
それと矢野さん(仮)を抱く、矢野さんがかわい過ぎで萌えました。

男前な詩さんをはじめ、仲間が支えてくれた宮坂は幸せですね。
うん、次巻はもっと明るい方向に行く気がする!
ラブラブほっこりシーンも増えて欲しい!
詩さんの会社、みんなの良いところを引き出してくれそうな会社でワクワクするし、
いい作品を作るのではないかしら。
宮坂の才能が開花していくのを見るのも楽しみです。

5

矢野さんに痺れる

矢野さんも宮坂も、こんなに綺麗だったり、かっこ良かったんだっけってしみじみ感じた第9巻。
この前までのお話では、宮坂は矢野さんに会えないどころか、自分の顔を鏡で見る余裕すらないような、そんな辛い現場の話だったからね。
宮坂をゆっくり人間に戻していってあげる矢野さんが大人でかっこいいです。
宮坂の仕事のことも、引っ越しの事も、矢野さんは、宮坂と一緒に生きていくことにちゃんと腹をくくっている。
ホントに、矢野さんばっかりかっこ良くてずるい。
この先、たとえどんな未来が訪れるとしても、ずっと見守っていきたいです。

4

充電期間中。

前巻があまりにも悪意に満ち満ちたギスギスした場面が多く、読んでるこちらの方が先にギブアップしそうだったので、キャリア云々は別として宮坂がとりあえず地獄のような職場に見切りをつけて、自分が本当にしたいことを見つめ返す選択をし、矢野さんの元へ戻ってきてくれてほっと一安心しました。

とことんまで頑張って、精神的にも肉体的にも限界まできてしまった宮坂に対して、矢野さんの受けとめ方がとても頼もしくて泣きそう……。まだまだ本調子まではかかりそうな宮坂に対して、追いたてるどころか、じっくり休ませよう見守る矢野さんの優しさとか、家族は自分が支えるのが当然といった男気にきゅんとさせられました。

この巻はそんな男っぼさを前面に出した矢野さんですが、前巻ではおあずけだったエロの方はなかなか濃厚で、このギャップに悶絶してしまいました。お仕事に関わる骨太の話もいいけど、やっぱり二人のイチャイチャも見たい!

がむしゃらに働くだけじゃない新しい働き方ができる職場も用意されそうだし、リハビリ期間終了後の完全復活した宮坂が、一皮剥けてどう頑張ってくれるのか次巻が楽しみです!

4

9巻で、ついに

9巻が出ましたよ!お仕事面で宮坂のストレスmaxだった前回と引き換え、和みの巻になりました。
まず、冒頭は宮坂が仕事を辞めたことを矢野に打ち明ける場面から。
見た目は美人でも、性格はとびきり漢な矢野さんですから、どんな反応が返ってくるかと思いきや、矢野さんは優しく宮坂を受け止めます。
ここがもう、私的に萌えでした。やっぱり矢野はいい。
それで、今巻で二人はついに引っ越しをします。男二人で1kは狭いというのが第一の理由なのですが、物件探しから引っ越しまでの一連の流れが、とても良かったです。
引っ越しに向けての片付けをする中で、物に対して思い入れがある宮坂と、スッパリ捨てれる矢野が描かれるのですが、この性格の違いについて矢野が呟く一言、「どっちも良くも悪くもないんだろうな、ただそれだけで」には、目から鱗が落ちるような思いがしました。
東京心中は素朴な雰囲気でいて今時な男子が描かれているし、読んでいてラブ以外の場面でもハッとさせられるのですよね。
引っ越し巻と言ってもいい9巻、宮坂の仕事がどうなるのか、今後の展開も気になります。10巻が楽しみです。あ、二人の新居もいい感じでした。すごく合ってます。

3

ゆっくり休んだ宮坂は

前巻では精神的に追い詰められて仕事を辞めてしまった宮坂、矢野さんの待つアパートに帰宅する場面から始まります。

謝る宮坂に自分の考えがあって辞めたんだから謝る必要は無いと言われます。

精神的にも肉体的にも疲れていた宮坂は矢野さんに見守られながら徐々に回復して行きます。

そんなある日に詩と次郎夫妻の家に出産祝いに訪れた事から、吉川家の家政婦をする事になりました。

詩に頼まれて次郎にやる気を出させる仕事を追加された時は笑ってた矢野さんですが、脚本を書いてみる事になったと告げた時は「宮坂一人ぐらいは食わしていけると思ってる」と言います。

本当は凄く嬉しかったのに「絶対働きます」と言ってしまった宮坂、その日矢野さんは外に飲みに行ったまま帰宅しませんでした。

宮坂に相談された詩は夫婦には距離間が大事、あのアパートは狭すぎるとアドバイスします。

引っ越しをする事になった二人は郊外の一軒家に決めました。
手伝ってもらい無事に引っ越しが終わって皆でお疲れ様会をしていると、詩が独立して会社を立ち上げた事と「ウチで働いてもらいたい」と告げます。

皆が帰宅した後に縁側で空を見上げる二人。
宮坂に新しく仕事を始める前に家族を紹介すると言います。
「一緒に生きるってそういうもんだろう?」
矢野さん宮坂と恋人同士になってから変わりましたよね。

二人でお風呂に入って布団を並べて手を繋いで寝るところで終わってました。繋いだ手の上に矢野さん(仮)が…。

新しい家と、新しい仕事。ますます楽しみになりました。

久しぶりのエッチも良かったです。

3

それでもひとは働くのです

待望の9巻でした。
過酷な職場から逃亡した宮坂がその後どうなるのか!気になる展開だっただけに、”東京家族”というタイトルにとてもホッとしました。内容にもとてもほっこりさせられました。宮坂が徐々に回復して元気になってよかったです。
なによりも、矢野さんが想像していた以上に宮坂に対しての愛情を発揮するところが素敵でした。好きだった仕事が思うようにできず心身ともに疲弊した宮坂を認めて受け入れた矢野さん、めちゃめちゃかっこいいです。過剰に優しくないところ、ベタベタじゃないところがいいんですよね。
この作品では女性が逞しくて、男性が優しいですよね。そして、男性キャラだけでなく、女性キャラもとても魅力的で、ときにリアリティすら感じます。(詩さんの会社で働きたいわー)

宮坂と矢野さんと矢野さん(仮)らしい風情ある新居もみつかり、いよいよ新婚生活が本格的にスタートする雰囲気です。ひさびさのエロもがっつり。引っ越し前夜、いろいろなことを思い返してセンチメンタルな気分になっている宮坂が”ずっと同じでいいな…このベッドがなくなっても この幸せがずっと変わらなければいいんだ”というところに、彼の人間的な成長を感じられます。一度”お仕事”することに疲弊してしまっても、やはり社会と関わろう、働きたい!と思う宮坂の気持ちの変化、成長を見守りながら、自分自身についてもいろいろと考えさせられる、深いーー作品だなと思いました。

3

矢野さんの温かさがしみる

8巻でのまさかの退職にドキドキワクワクで待ってた9巻!!

ただただ矢野さんの温かさに感動してました。
今まで「恋人である前に制作の仕事の先輩」としていろいろ言葉をくれていた矢野さんが
「恋人」「家族」として宮坂に言葉をかけるのが・・・
たまらなかったです。

家にいる宮坂が何もなく突然泣く姿も
たまらなく切なく愛おしかったです。
決断に二の足を踏む癖がある宮坂が考え込み立ち止まるも
隣に矢野さんが居れば笑顔でまた進みだせる姿にもぉぉぉキュンキュン!!!

二人と一匹の新しい生活がまた楽しみです!!!!

3

矢野がいて良かった

やっぱり面白いなぁ。
前巻が、仕事ずくめで心身共に弱っていく宮坂でしたが、今作は徐々に自分らしさを取り戻し、矢野との新婚生活を謳歌していくお話でした。

矢野の考え方や言葉掛けが、今回は一層良かったぁ。「もとの自分に戻るように気を抜く努力も必要」こんな事を言ってくれる人は、そうそういない!
この2人って、ホントいいなぁと思います。
仕事を辞めて、次を考えなきゃいけないけれど、煮詰まってしまう宮坂。
そんな宮坂が詩の家の家政婦やら、次郎の仕事のアシスタント?や、引っ越し。次の仕事はひとまず置いておいて、今宮坂が出来ることをやり、自分を見つめ直す姿が羨ましくなりました。
新居に仲間を招いて、呑み会なんて幸せそう!
久々のエッチもあり、BL的にも話の展開的にも満足です。

3

家族になるということ

ホッとしました^^
前巻の宮坂が病みすぎていたのでどうなることかと思いましたが、
本作は宮坂が心身共にお休みするお話になっていました。

矢野は、なかなか懐の大きい男ですね。
宮坂を心配しながらも見守っている……
そういう押し付けがましくないところがとても魅力的でした。
ちゃんと〝家族になる〟という約束通りの振る舞いに、
ちょっとジーンときてしまいました。

作者のトーテムポール先生曰く、
『東京心中』は、ワーキングBLというわけではないらしいです。
意識してお仕事を中心に描いていらっしゃると思っていたので、
少し驚いてしまいました。

なので、しばらく宮坂がニートでも驚きません。
ゆっくり休ませてあげてほしいです。
そして、詩さんの会社が立ち上がった時、
また宮坂を働かせてあげてください。

なんだかんだいっても、宮坂は映像の仕事が好きなんでしょうね。
私は、料理教室の講師なんかもいいんじゃない?
なんて思ってしまいましたが^^;

メインタイトルが「東京心中」から『東京家族』になり、
サブタイトルに-東京心中-がきました。
矢野の家族に宮坂を紹介する話も出たし、
二人が家族として関係を深めていく様子を気長に見守りたいと思います。

お話は、きっとまだまだ続くのでしょう……
これからも楽しみにしています。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う