いつだってそうだ正気でいられない 東京心中(8)

itsudatte souda shouki de irarenai

いつだってそうだ正気でいられない 東京心中(8)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×28
  • 萌8
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
145
評価数
37
平均
4 / 5
神率
45.9%
著者
トウテムポール 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
EDGE COMIX
シリーズ
東京心中
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784863497252

あらすじ

テレビ制作会社の仕事も、
恋人の矢野さんとの関係も安定してきた宮坂のもとに、
大手テレビ局のゴールデン枠への出向命令が…!?
華やかな世界への異動を喜ぶもつかの間、
ユカさんと向かったそこは想像を絶するワンダーランドだった…!!

人気のワーキングBL第8弾、人は何のために働くのか!?

表題作いつだってそうだ正気でいられない 東京心中(8)

宮坂 絢,TV制作会社AD
矢野 聖司,TV制作会社映画部署

その他の収録作品

  • 私は君だった 君は私になるだろう
  • ワンダーランド
  • ボーダーライン
  • いつだってそうだ 正気でいられない
  • 鳥取は島根の右側です
  • ふぞろいの矢野たち

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数12

そうきたか!

イチャイチャがなーい!
でも、やっぱり神評価です。
今回は、BLとしてではない感じの内容ですが、色々と考えさせられました。
派遣のように行かされた職場が、地獄で番組を作る目的が見いだせなくなったゆかと宮坂。
家に帰れないのはキツいよ。
だって、矢野さんに会えないんだから!
玄関でハグ5分だって、帰らなきゃやってもらえないんだよ~。
人って、ホントの限界がくると、あぁなるんだなぁと。。。
最後の決断、私は良かったと思います。
が!矢野さんと働けなくなっちゃうよ。。。
それを考えると、続きを読むのがしんどくなりそう。
結構重い巻でした。笑いが欲しかったなぁ。

3

考えさせられる

今回の話は宮坂と矢野さんの絡みがあまりありませんでしたが、宮坂とユカさんがブラックな所で頑張って働いてる姿に感動しました。
なんか今回はすごい考えさせられる話だと思いました。宮坂や、ユカさんが新しい環境でどれだけストレスを感じているか凄く伝わってきます。テレビ局の裏側ってすごく怖いなって感じました。二人ともよくここまで耐えてきたなって思います。宮坂が鳥取砂丘でストレス発散してるシーンが凄く好きです。次巻、楽しみにしています!!

2

ネタバレなし

登場人物に命が宿って、物語を牽引しているからダントツに面白い。普通は漫画(創作物)的に面白く読める方向に意図的に舵がきられるものなのに、なんかこの人達、本当にこの世に生きているみたい。新刊が出て、あれっ?と思って前の刊を読み返してみると、変わらない台詞なのに違った意味に取れたり。思わずレビューを書き直してしまった。本作は上下巻で2人の関係性を把握したら、続く巻を読み進めることで読者も2人の歳月を分かち合い、共感し味わいも深まると思います。

0

ややシリアス。

『東京心中』の8巻目。8巻目ですが、シリーズとしては9冊目にあたります。

矢野さんとの関係も仕事も、ともに順調に行き始めた矢先に、別のテレビ会社への出向が決まった宮坂くんだがー。

という展開。

ネタバレ含んでいます。苦手な方はご注意を。





宮坂くんとユカさんが出向で訪れた場所が、

とんでもなく哀しい現場です。

面白い番組を作るという誇りを持たず、下っ端が泥をかぶる現場。
それでも必死に働く二人だけれど、ついに宮坂くんが壊れてしまい…。

家にも帰れず、徹夜続きの宮坂くん。
矢野さんに心配をかけまいと現状を伝えることはしない。

が、そんな宮坂くんの現状を知ってか知らずか、さりげないサポートをする矢野さんがめっちゃ男前でした。宮坂くんの辛さやしんどさをきちんとくみ取れる。今までは宮坂くんのほうのラブ度のほうが強かったように思いましたが、二人が築き上げてきた絆や愛情は確かなものに育っていたんだなとしみじみ。

結局宮坂くんはファニーを辞めてしまいましたが、それも雨降って地固まる、になりそう。ファニーの仲間たちが、みんなすごく素敵な人たちなので、これからも良い関係でいられそうな気がします。

宮坂くんが不在の間、矢野さん(仮)のお世話を一生懸命にする矢野さんにもほっこりしました。

8巻はどちらかというとコメディよりではなくシリアスな展開でしたが、今回の出来事を通して矢野さんの宮坂くんへの想いや、ファニーの面々の結束力の強さ、そして宮坂くんの「これから」がくっきりと見えてくるストーリーでした。

エロ度は皆無ですし、いつもの爆笑必至の展開を求めて手に取られる方にはやや肩透かしな展開かもしれませんが、個人的にはめっちゃ萌える巻でした。

あ、そうそう。
カバー下もお忘れなく。

ゲーム三昧の休日を過ごした宮坂くん×矢野さん、にちなんで、『東京心中』の面々の休日の過ごし方が描かれています。

あー、わかる!
と思ってしまう、可愛らしい漫画でした。

4

大会社へ

大会社へ出向になったユカさんと宮坂。
出世のはずが、なぜか喜んでいないユカさん。そして矢野さんも、毎日電話しろよ、と気遣う。

そんな不安は的中して、言った先の会社で散々な目に遭う宮坂だった。

作者さんは、テレビ局の取材などもされているのでしょうか、実際にこんなひどい状況があるのかもしれない、最近の○ジとか、と考えさせられます。

何のために仕事をするのか、が通用しない世界。ただ上の言うことを聞き、使い捨てのADたちに丸投げするだけ、伝えたいもののない制作者たち。

そりゃあ、やめるよね。特に宮坂のような生き方をしている人ならなおさら。

帰ってきた宮坂を迎える矢野さん、これからどうなるんでしょう。

0

矢野さんと猫が、あたかも竹久夢二の絵のようで

このシリーズも随分長くなって、二人の同棲生活も順調かと思われたが、、、
この巻では、宮坂君がお仕事でひたすら辛い目にあっている。
お仕事ストーリーとしては、読んでいて結構しんどいし、ラブ面でも、お互いにちゃんと深いところで思い合っているから、たとえ会えない日々が続いても、お互いの存在を心の支えにして生きていけるっていうレベルに到達しちゃってるしで、この巻だけでいうなら、萌どころを見つけるのはかなり難しい。
でもまあ、元々、エロエロだったりラブラブウフフを求める作品じゃないし、ちゃんと前向きな所で終わっているし、これはこれでいい。
続きが楽しみ。

4

そうだ、鳥取にいこう

今回は、いつも以上に”お仕事”にフォーカスされていて、ブラックな現場の描写もリアリティがあって、社会性が強いな~と思いました。そして、鳥取に行きたくなってしまいました。。。
ところどころ胸が痛む(キュンじゃないやつ)場面があり、正直なかなか重かったです。ですが、おそらく、このシリーズの流れで必要な展開なのです。8巻をBLとして評価するのは難しい!と悩みました。このシリーズ自体は、作品として”神”なのですが…8巻単体だと”萌え”の要素はそんなに高くないんじゃないかなと思い…。(読み応えはあるんですよ!)
その中で一番最初の”私は君だった 君は私になるだろう”、宮坂と矢野さんの日常の一コマにはほのぼのします。このちぐはぐなカップルがなぜ一緒にいて幸せなのかがうまく表現されていて、本当に素敵だなぁ、いいなぁと心から思ったので”萌”にします。”萌”じゃない評価方法があるなら、★4.5くらいつけたいんですが。
最後に、”正気でいられない”状況のなかで、宮坂が正しい決断を下したところに救いがあり、これからの展開の希望につながる印象をうけました。9巻、楽しみです!!

3

内容は神だけど、ツラすぎて。

前作で、次の派遣先がかなり厳しい環境なんだろうなぁ…という予想はついていたのですが、考えていた以上にブラックなところで、再読するのがためらわれるほど凹みました。

それまでもかなり厳しい労働環境でしたが、人間関係もよく、やりがいも、学ぶこともあったので、本当にやりたいことをここまで過酷な状況を作って追い詰めて、わざわざ炙り出ださなくてもよかったんじゃないかなぁとちょっと感じました。

ですが、才能の片鱗をみせながらも現状に満足しがちな宮坂には、やっぱりこのくらいの衝撃波で1回ぶち壊してから、再生させる必要があったんだと考えると、話の展開上、必要不可欠な巻だと思い返しました。

とは思うものの、悪意と、苛立ちと、人を見下している雰囲気が1冊の大半を占めていたこの巻は、やっぱりキツかった…。東京心中はただのBLじゃなくて『お仕事BL』だったんだと改めて思い知らされました。

そんななか、ハナさんの明るさにはめちゃくちゃ救われました。やっぱりこういう個性的なキャラが、ガス抜きしてくれないと東京心中じゃない(泣)

誰も喜ばせることができないような仕事をしてたら迷うし、さりとて仕事放棄したら矢野さんの信頼をも裏切ることになるし、そもそも矢野さんには会えてないし。ぐるぐるしながら、ただ与えられる膨大な仕事をやっつけるだけの毎日。さらに、このどんよりした雰囲気を重苦しくしているのは、矢野さんがほんとに数えるほどしか出てこなかったというのもあると思います。ワンコ宮坂の原動力はなにより矢野さんなので、矢野さんの出場回数が少なかったら、当然テンションもあがりません。重苦しいだけで、矢野さんのエロい姿に癒されられないのは読み手の方もツラかった。

今回はかなりキツイ巻だっただけに、次巻では再生した宮坂に期待しつつ、エロの方もいつもよりちょっと多めに…ならないかなぁ~(笑)エっロエロの矢野さんに癒してほしい!

1

お仕事に偏った一冊

購入してから一年以上経ってしまいましたが、
やっと読むことができました^^;
東京心中の8巻目は、
ハッキリ言ってBLではなくなっていました。
ただ、次巻に繋がる、
とてもいい作品だったと思います。

前回最後、松本と共に出向することになった宮坂でしたが、
出向先はとんでもなくブラックな職場でした。
誰も幸せにならない仕事をする会社の方針に悩む宮坂。
家にも帰れず、矢野にも会えず、壊れる寸前の宮坂は……

という、なんとも辛い展開に……
淡々と進んでいくストーリーと、
悩みながらも着実に仕事をこなす宮坂をみていたら、
なんだか泣けてきました。
山あり谷ありの展開ではなく、終始暗くて苦しかったです。

そんな宮坂が崩壊寸前に逃亡したのは、
何故か鳥取でした。
でも、逃げたのではなく、
考えるために来たのだと考える宮坂が、
まだ自分の状況を諦めていないのだと思えてホッとしました。 

出した結論は、退社……
やっと自宅に帰り、
矢野と対面するところで今巻は終わりました。

これからの宮坂と矢野がどうなっていくのか……
心配ですが見守りたいと思います。

矢野と一緒の場面は少なかったのですが、
共にゲームをして遊ぶ冒頭の姿には、
二人の関係性の進展を感じました。

自分で頑張らないと最後まで辿り着けない……
なんだか、ゲームと仕事をリンクさせていたような気がします。

ただ、頑張ることだけが全てではないし、
宮坂が壊れる前に自分で決断できた事は良かったと思いたいです。

ラブは少なかったけど、
とても内容の濃い一冊だったと思います。
長いシリーズの中に、今回のような流れがあってもいいのではないでしょうか?
私はそう思いました。

1

仲間がいるから救われる

いや〜……
つらい話ですね…
この巻は、BLとしての展開はほとんど無くて「お仕事残酷物語」といった内容でした。
忙しいという字は心を亡くす、とはよく聞く言い回しですが、TV局の、制作側の、下請けの、ともなると、ブラックもブラック、もはや人間扱いとも思えぬ使われ方。
元々視聴率の取れないニーズのない番組で、出演者の心を傷つけ、スタッフの心も傷つけ、誰も楽しくも幸せにもならないのに…
こんな番組いっぱいあるんだろうな〜と思うと、今日から色んな番組を見る目が変わりそうだわ…
「東京心中」シリーズの1作としてのこの巻だから全くBL臭が無くても納得して読めるけど、なんだかなぁ。暗い気持ちになりますね。忙しすぎるお仕事はつらい、というのは誰でもわかることだし。
まあ、色んな仕事にそれぞれ色んな苦しみがあるということです。
壊れて無断欠勤するユカさんも長距離バスに乗っちゃう宮坂も、仲間がフォローしてくれていい関係築いてるなーって。矢野さんも同業だから大体状況わかってるだろうし。
孤立感はなさそうなところが大きな救いですね。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ