• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作兎の森 (2)

志井洵太,高校1年生,幼馴染
弓永環,高校2年生,幼馴染

同時収録作品兎の森 2

志井洵太,中学生
タクミ,出会い系で会った大学生

その他の収録作品

  • かわいいおとこのこ(描き下ろし)
  • おいしそうにたべるおとこのこ(描き下ろし)

あらすじ

これから環が「守ってるもの」俺が破ることにする。

幼い頃から一緒に遊んでいた環と志井は1歳差の幼なじみ。
高校生になった二人は、志井が押し切るかたちで付き合う事になる。
「1年だけ」で終わる約束。環は友達感覚のままだが、
志井はどうにか一線を越えようとする。
──セックスなんかする必要ない。
志井の欲求とは裏腹に、隠れていた環の心が揺れ動き…?

作品情報

作品名
兎の森 (2)
著者
苑生 
媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics CRAFTシリーズ
シリーズ
兎の森
発売日
電子発売日
ISBN
9784813032731
4.6

(346)

(258)

萌々

(63)

(17)

中立

(3)

趣味じゃない

(5)

レビュー数
42
得点
1596
評価数
346
平均
4.6 / 5
神率
74.6%

レビュー投稿数42

沢山の愛のカタチが描かれている

「兎の森」の2巻目。
続きものなので前作未読だと理解できません。未読の方は1巻から読まれることをお勧めします。

小さいころからの幼馴染で、ずっと一緒に時を過ごしてきた志井と環。
ずっと環のことが好きだった志井は、「1年間だけ」という期限付きで環と付き合う(仮)の関係に持ち込むことに成功するが―。

というのが前作で描かれていたストーリー。

2巻はお試しで付き合うことになった二人。
という描写からスタートします。

ずっとずっと環のことが好きだった志井と、そんな志井に引きずられる形で付き合うことになった環の温度差は、当然のようにあって。そんな二人の感情が、過去の話と上手にリンクしながら紡がれていく様は圧巻。

無邪気に遊んでいた子ども時代。
成長し、性欲を含んだ恋愛感情を抱くようになった志井。
「愛」そして「セックス」に価値を見出せない環。

この感情の機微の描き方が実に秀逸です。
なぜ、そうなってしまったのか。少しずつ見えてくる彼らの過去、そして内面。

二人とも良い子なので、どちらにも幸せになってほしいと願いつつ、この作品の持つ世界観にどっぷりと浸ってしまいました。

どのシーンもめっちゃ良かったですが、環の心に秘めた思いを知った志井の行動にとにかく萌えました。

環のことが本当に大切だからこそ、自分の想いに蓋をしたー。

普段はアホの子で、環のことが大好きで。
そんな志井の深い想いに萌えがギュギュ―ンと高まって仕方なかったです。
頑なに本当の自分を見せない環に、幼馴染で、かつ高校生らしいガッツをもってグイグイと踏み込む志井がとにかく可愛いの。

どこまで踏み込んでいいのか。
どこまで許してくれるのか。
環の、本当の想いは。

無神経に見えて、常に環ファーストの志井。

そんな志井ですが、環への想いが溢れすぎてしまって煮詰まって、年上のお兄さんとイチャコラするシーンがちょびっとあります。このお兄さんがさー、これから二人をかき回してくれると面白いな、と思うのですが、彼らの関係がどう転がっていくのかそこも楽しみです。

個人的にはこのお兄さん、めっちゃツボでしたが、この時志井は中学生。好きな人(=環)ではない人と関係を持つ、といった展開なので、苦手な方は注意が必要かもです。

一方の環も。
彼は家庭環境に恵まれておらず(と、私は思う)、それ故に「愛」というものが理解できない。けれど、環は、それを認識していないのがまた哀れだなー、と。

今作品はBLなので、あくまで志井×環の恋愛感情がベースにあります。「1年間だけ」という期限を打ち破って、二人が恋人になれるのか、というストーリー展開ではあるのですが、それだけではなくってもっと複雑な愛情も描いていると、そう感じました。

家族愛、友人としての情、セフレとの関係。
そして、人間としての、愛。

志井がアホっ子なので、爆笑してしまうシーンもたくさん登場します。
シリアスなだけではなく、恋愛だけでなく、友情だけでなく、コミカルなだけでもなく。

そのバランスが実に秀逸です。

今から次巻が待ち遠しい。
正座して、お待ちしております。

23

何度も読み返してしまう

苑生先生の絵が本当に綺麗です。

付き合ってからの志井がめちゃくちゃグイグイくる…!!読んでいて楽しかった〜!

環離れしていた空白の1年が明らかになり、基本攻めが受け以外とするの嫌なんですが、、これは好きすぎるあまりそうなってるのでなんか全然OK!笑
むしろ顔射するとこすんごい萌えた、、。
環のこと大好きすぎるのがかわいい。

あとすごく好きなのが「見てく?」の志井の表情…こんなイケメンだった!?←
ゾクっとしました。

そして環…
トイレで強引なキスされたのに画像見て笑顔で戻って来ちゃったり、押し倒され触られて怒ってたはずなのに気づいたら許しちゃったり、志井が「1年付き合う話もう終わりにしよ」と言っても「約束したから1年付き合おう」とか。
志井のことを完全拒否しないところがそりゃ志井も諦められないよなぁと思います。

環の家庭事情も色々と分かって今の環になった理由がわかり、、。
「母さんの子供だよ俺」って言っちゃうのがもう。

すごく良いところで終わってしまったので3巻が気になる…!

環がこのあとどう変わっていくのかが楽しみです。
なかなかくっつかない話しが好きなので、この2人がくっついたら、、そこにはすごい萌えが待っていると思います。
 
honto:修正真っ白
シーモア:短冊のみで神!!
買い直しました(笑)

18

これからどうなっていくのか

環の心の中にある母親ってゆう存在がセクシャリティに関係していたのが確実になって一つ紐が解けたかんじ
環にとってはたった一人の肉親で母親。
母親にとってはたった一人裏切らず側にいてくれた息子?男?ってかんじで共依存に近い関係になってるのかな
母親の真相は不明だけど今息子が、性的か恋愛的対象になっている可能性がでてきてかなり不穏

二人の生活だったからか環にとっては当たり前って思ってたことだけれどちょっと最近違うなって思ってしまっていて葛藤してたんでしょう
そこに第三者である志井が違和感を覚えて志井に母親との関係性を伝える
そこで違和感は確信に変わりつつあって…ってかんじでしょうか

思った以上に環の心の闇は深そう
性嫌悪も母親からきていそうだし
あまり出てこないけれど今後キーパーソンになりそうですね

志井はタクミさんがいうようにあまり感情が表にでないけど欲深くなるとかなり表情にでてエロい
最高オブ最高
自慰をお手伝いするシーンの環の掌の隙間からみえる志井の目線と言ったらもう半端なーーってかんじ

作者の方はコマ割りもうまいし、何より絵がお上手なので表情でどんな感情なのかとかが読み取れてとてもいい

続きが気になってしょうがない
次回も楽しみに生きます

17

1巻よりも更にレベルアップ

2巻!ずーっと心待ちにしていました。
電子版なのでようやく読めました。

1巻では描かれきれなかった環のトラウマを更に深く描いていて、切なく辛く感じるところもありますが、苑生先生の言葉に「志井なりの攻め方を楽しんで」とあるように、志井頑張ってる!!攻めてる!
恋愛的な関係を進めることに躊躇している環と、次に進みたいけど頑なに変化しない環にどうしたら好きになってくれる…?ともだもだする志井。

今回二巻がでるにあたり、久々に一巻を再読してみて、最初に読んだ時は志井目線で読んだのですが、今回は環に感情移入して自分はその気がないのにしつこくされたら嫌だろうなと思ってしまったんです。
この気持ちを持った相手にどう立ち向かうか。
その辺、志井は男をあげたなと思っています。環の負担にならないように不器用ながらああしたり、こうしたり。。。
志井の優しさと誠実さを感じました。
そして、2人の微妙な心の揺れ動きをしっかり表現しているのはさすが苑生先生…!
心理描写が本当にお上手です!!!

二巻も気になるところで終わってしまいました。
続きを心から待ってます( ;∀;)

12

サイコーでした!!

1.2巻セット連続で読みました

一言でサイコーでした

シリアスだけど、重すぎず
繊細な機微は伝わるけど
自己憐憫は無く
純愛だけど性欲には忠実
真顔なのに面白い
常に二度美味しい感がサイコーです
塩梅の良い漫画はありそうで
少ないので大当たりでした

脇キャラのタクミさんの
お兄さんの顔面でおイキーには
爆笑でした

可愛くてエロくて笑えて不憫で
健気で懸命に生きててやや捻れて
スルメみたいに噛むほどに美味しい
漫画をありがとうございます
次巻も楽しみに待ってます

11

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP