兎の森 1

usagi no mori

兎の森 1
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神54
  • 萌×216
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

105

レビュー数
10
得点
355
評価数
81
平均
4.4 / 5
神率
66.7%
著者
苑生 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics CRAFTシリーズ
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784813032427

あらすじ

弓永環は、人懐こくてよく笑う。そんな環の笑う顔が好きだった志井洵太。二人は1歳差の幼なじみ。環が先に入学しても卒業していっても一緒に遊んだ。小学校、中学校、高校──いつからか、それが少し変わっていった。家の前で泣く環を見た時から、志井の何かが違っていった。この気持ちは、清くない。正しくない。美しくない。禁則事項がふえていく中、高校生になった二人の関係は急速に変化していき…?

表題作兎の森 1

志井洵太 高校1年生,幼馴染
弓永環 高校2年生,幼馴染

その他の収録作品

  • おかずは一品だけ(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数10

【最初からネタバレ】腐女子に勧めたい漫画暫定1位

洵太の目線での環が美しすぎて見ているこちらもとても引き込まれました。環だけがエロ魔神の生まれ変わりじゃないよ(笑)
作品に対して残念なのではなく、洵太が環の今を見られていないことに少し残念です。洵太…お前環の気持ちはどうでもええんか…?それじゃ花岡先輩と同じになってしまうぞ…
環が美しいのは元からでも、洵太の中学生の冴えない感じの後の、成長した高校生姿の洵太がかっこよすぎて惚れました。
練乳かかった環をなぜ襲わなかったんだ、とは思ったけどな〜洵太〜
洵太くん大学生姿も期待ができそうです。

それと、環くんのお母さんの男に共通する「セックス」だが、早々洵太がルールを破りそうで不穏です。洵太は待てるのかな?待てないのかな?
それとも別のハプニングを洵太が救うのかな…
ともかく環を傷つけないでほしい…洵太の今後の行動に期待

11匹の兎の絵本の詳細がまだ描かれていないけど、環が囚われているもの(洗脳?)とのフラッシュバックとともに出てきそうでなんだか心配です。
環が洵太に負けたとき洵太の顔をすぐには見られなかったのも何かありそうだし…

2巻に期待です。何より笑えるところがたくさんで、幼馴染ものはたくさんあるのに、1歳差のズレをこんなに距離を読者に感じさせて読めるのが感動です。笑えるところがあるぶんシリアスの間が輝いてるよなぁ、、最高です。

0

洵太が大人びた男になっていくのが楽しみ

 苑生先生のすっきりとした綺麗なタッチが大好きなので、2作目を読むことができてとても嬉しいです。サラサラの黒髪を真ん中分けして黒目がちな環が儚げで美しいのはもちろん、洵太の方も幼い頃はちょっと愛想のなさそうな顔立ちだったのが、成長した途端色っぽい目付きになっていて、その変化にやられました。キャラデザ、描き分けが冴えてるなぁと思いました。

 ストーリーの方もありそうであんまりないような展開でしたね。まず環の家庭環境も珍しい。母親にネグレクトや虐待を受けているのかと思いきやそうではなく、彼女は環の前でセックスするけれど、会話は常に穏やかで、環も母親のことを大切にしている。洵太からすれば厄介な家庭かもしれないですが、BL作品でこういう母子関係を見ると、少し安心を覚えます。そして、洵太のことはあくまで幼馴染としてしか見ておらず、母親のせいで女性を苦手に思いたくない、と主張する環。一見洵太より気弱そうに見えるけれど、案外はっきりした物言いで、どこまでも健全な男子というところが良かったです。2巻で彼らがどこまで距離を縮められるのか、環が一瞬でも洵太をそういう目で見れるようになるのか楽しみですね。

1

じれったい恋模様

紙本
修正…白短冊
カバー下…タイトル
あとがき…なし

0

丁寧な絵とストーリーに引き込まれる

前作がデビューとは思えないくらい凄く良かったので、読むことは決めてたんですが、続き物というところで、しばらく躊躇してましたが、我慢できずに購入。

やっぱり素晴らしかった。
日常にBL が溶けこんでいるというか、女子が思い描くファンタジーな男の子像ではなく、ナチュラルな男の子の感じがたまらなくいい。受けが綺麗めな作品は個人的な好みからは外れるんですが、それを凌駕するほど面白かった。

攻めの受けへの感情が育っていく過程が生々しく丁寧に描かれており、ストーリーに引き込まれました。

最後の予告がちょっと不穏な感じでしたが、今後も楽しみです。

6

ストーリーも絵柄も最高。

電子版が出たので早速購入しました。絵柄がほんとにキレイでひとこまひとこまがひとつの作品のようでした。それも素晴らしいのですが、ストーリーがまた面白かったです。

洵太の長年の片想いがメインの流れですが、そのお相手、環は家庭環境があまり良くなかったり…環のお母さん毒親っぽいし(夜の仕事やめてからは変化してるのかもしれないけれど)。この辺りもこれからどう絡んでいくのか楽しみです。

体育祭のリレーで勝って、念願の環とのお付き合いをゲットした洵太。ほんと、どうなるんだろ。2巻も絶対買います。

巻末、環の写真で抜いてる洵太。エロくてかわいかったです。

4

ストーリー性めちゃくちゃよき

年下長年一途×鈍感美人ワケあり

小学生の時1つ学年が上の受けに、子供の頃「好き」ならキスもハグもするもの。と言われ、キスをされたが攻めは「変」と言っちゃう。数年経ち、自分の受けに対する想いはそういう好きだとわかってしまう。変なのは、自分だと自覚する。

小学校、中学校ずっといっしょで、中学で受けが女の子と付き合うのをみて受けをきっぱり諦めてしまおうと、反抗期だったが結局離れられず、高校も追いかけてしまうが、中学のときより一層自分の気持ちを受けにぶつけて甘えるようになる。(これがまた幼なじみの域超えてるのに、気づかない受けがっっっ)って感じでじれったかったが、意識してもらおうと告白をする。でも、受けの家庭環境が...ワケありで

ほかの方も仰っているように、受けの母親がちょっと地雷な人もいるかもしれないです(受けのまえで母親が母の彼氏と性行為をしたりして) 私も、うっ...てなりましたが、それ以上にストーリー性がよくて、ちょっとしたところで攻めの必死さと甘苦さを感じてニコッとしたり、クスッとしたり。

小学生〜中学生のショタも見れます。

1巻目での濡れ場はなかったです。2巻目にめちゃくちゃ期待です...どうか受けが幸せになりますように。

5

頑張れ!洵太!

幼馴染の洵太と環は学年が1つ違い。
中学、高校と環を追いかけるように洵太は同じ学校に入ります。
洵太は子ども時代から環を恋愛対象として好きでしたが、環には中学時代に彼女がいて、そのまま高校進学してしまったのでそんな環を見たくない気持ちで素っ気なく接していました。

高校に進学した洵太は環が彼女と別れたことを知り、理由を問い詰めます。
環は自分を若くして産んだ母親と二人暮らしで母親は男を家によく連れ込んでいて、母親の女の部分をみた環は女性は好きだけど肉体関係にはなれず、克服しようとしていると告げます。
そんな環に洵太は想いを伝えますが玉砕。
諦めきれない洵太は環と体育祭で賭けをして勝ち、期間限定で付き合うことになり次巻へ続きます。

1巻では環が男性が好きなわけではなく、普通に女の子が好きで洵太を友人としかみていないので、今後洵太がどんな風に環を落としていくのか気になります。
環を落とすのはなかなか難しそうですが、ポジティブで前向きな洵太を応援したいです!!

3

No Title

作品としてはかなり好きです、絵も話も良く出来ていると思います。

ただ個人的なかなり地雷(親の●●●)が何度も出てくるので冷静に評価できません、なので中立としました。
匂わせる程度ならまだ良いのですが結構露骨なシーンが何度も出て来るので正直気持ち悪くなりました。

評価下げましたが表紙含め全体の雰囲気はストーリーの作り方など本当良いと思うので、気にならない方にはおすすめです。
表紙の印象を裏切らない作品になっています。

6

絵が綺麗

書店で見かけて表紙が綺麗だなって思って帯見て購入をを決めました。

ひたすら環一筋の志井の視点がメインで話が進むからか環がエロいな(笑)と共感してしまいました。絵が綺麗なのもあってとにかく美人さんで、わかる〜って志井に感情移入してました。中学の陸上部の練習で2人でストレッチしてるシーンで、環の足を志井が押さえてるときの構図が、あまりにも天才すぎて神!!!!と思いました。

1巻はひたすら志井が環に押せ押せしてる感じだったのですが、2巻でどんな感じになるか楽しみです。

6

待望の新作

デビュー作「被写界深度」が素晴らしかったので、新作を楽しみにしてました。

まず表紙!美しい!
あと中表紙の紙質がステキです。
1歳差幼なじみ志井×環の物語。
子どもの頃からの志井の環への想いが、丁寧に描かれています。
1巻なので、物語はまだこれから盛り上がっていくって感じですが、志井がほんとに一途で、可愛いです。
エロはないです。でも十分萌えます!
エロなしで萌えられるって、神ですね。
2巻が待ち遠しい。

10

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ