ひろ@さんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー ソムリエ合格

女性ひろ@さん

レビュー数27

ポイント数250

今年度77位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

何度でも楽しめる

小話が詰め込まれた宝物のような一冊でした。
読んだことのないお話ばかりでしたので、どれも新鮮で面白かったです。

清居と平良それぞれの視点で楽しめるので、二人の思考が対照的なのが浮き彫りにされて面白かったし、お互いに対する愛情が周りにだだ漏れなのも微笑ましい!
平良の清居への崇拝はいつものことながら、キモいキモい連呼しながらも平良大好きな清居をたくさん感じられて感無量!

平良のネガティブ俺様思考はいつもながら気持ち悪いし面白いんですが、清居の平良への愛のある毒舌っぷりも最高なんですよね。
本当に、平良を受け止められるのは清居しかいないって実感します。

あと何気に小山と清居の平良トークが好きなのでこの二人の絡みももっと見てみたいなぁと思いました。

二人のこの先がまだまだ見たいと思わせてくれる一冊でした。

まだまだ初々しい

今回も顕と星のイチャイチャが存分に堪能できます。
付き合ってからの二人もじっくり見守っていられる幸せ!まだまだ初々しい二人をずっと見ていたいです。

今回は京一の恋も一歩前進して今後も2カップルの模様を同時進行していく感じかな?
正直に言うと京一カップルはそんなに萌は感じないんですが、これからの展開に期待。

今回は星の従兄弟も登場して顕の嫉妬を煽ります。
ただこの従兄弟、もっとかき乱してくれるのかと思いきや素直なイイヤツで顕と星の仲を疑うこともなくあっさり帰国。笑

あ、でも布団の中でのこっそりイチャイチャが見れたのはこの従兄弟のおかげなのでそこはいい仕事してくれました。
頑張って声抑えようとする星とそれにムラムラする顕。
今回ここが一番萌えた!!

星のあざとかわいい仕草やセリフに悶々する顕がたくさん見れて満足でした。

臨場感たっぷり

作品自体の完成度や漫画の上手さだけなら評価はもっと高いんですが、恋愛面だけで見ると萌えられなかったので評価低めにさせて頂きました。

二人の境遇が痛々しくて目を反らしたくなりますが、おげれつ先生の画力&技術で臨場感たっぷりに描かれているので、キャラの感情が痛いほど伝わってきてしんどいです。

それぞれ悲惨な過去を持った二人が出会い、一緒にいるうちに情が芽生え始め、(千紘はケイトの顔に一目惚れみたいな感じでしたが)色々ありつつも上手くまとまりそうな所である事件が起き、ケイトの心はまた閉ざされてしまい…
ケイトの闇が深くてこっちまで暗い気持ちになります。

とにかくこの二人は周りの人や環境に恵まれてないので、いくところまで落ちてしまってますが、このドン底の状況でも二人なりの幸せを掴んで歩み始めた感じはしたのでまだ救われました。
タイトルからして心中してもおかしくないと思ってたので…
続きで二人の環境や心情がどう変化していくのか…明るい未来であってほしいです。

タイトル通りな内容

久々のシリーズもの以外の夜光先生作品(しかもイラストがyaco先生!)ということで楽しみにしていました。

双子もので、受けは攻めの心が読めて、しかも重い病気を患っているということで、設定もモリモリ。
受けの病気が思ったより重いもので、後半から結構シリアスな展開に。
黒夢病…死んだように眠ってしまう病気、それもいつ目覚めるか分からない、最悪の場合そのまま死んでしまうなんて、理人が目覚めるのを待ち続ける類はどんなに怖かっただろうと思います。

理人の病気によって、理人への強い執着と愛に目覚めた類。
執着といっても身勝手で自己満足なものではなく、理人への無理強いや束縛などはありません。
理人への恋心も明かすつもりはなかったみたいですし、モラルのある執着というか、理人の気持ちも尊重している感じ。

それが心の声が聞こえる理人の特殊能力によって理人への想いがバレていることに気付いてしまい、そこからタガが外れてしまいます。
抑え込んでいた想いが一気に爆発してからのエッチがすごい(笑)
そこまでの欲望よく今まで抑えられてたなという感じ。
よくわからず乱れる理人もエロかったです。

理人は理人で、黒夢病から目覚めてから類の執着を感じられなくなり、物足りなさや寂しさを感じ始めます。
遅かれ早かれ類への恋心(かはまだハッキリしてなさそうですが)に気付いていたと思うので、結局は理人達双子はなくてはならない存在で、お互い惹かれ合うのは必然なんだなと感じました。

表情1つ見逃せない

先生が後書きで「ゆるく、やわらかいお話」と描かれている通りの内容でした。
ゆっくりと着実に近づいていく二人の恋物語。
愛おしくて優しい気持ちになれます。

難聴や手話を扱った題材ってすごく難しいと思うんですが、さすが麻生先生としか言えない。
展開も構成も違和感なくすっと物語に入り込めます。

キャラも良かったです。
五十鈴の真面目で努力家な性格はとても好感が持てます。
喜怒哀楽が分かりやすくて素直な反応が見ていて愛おしいです。
何より、普段は聞こえない分大げさに表現してるみたいですが、その分十嘉を意識しだしてからの無防備な反応のギャップがたまらなく可愛い!!

五十鈴が十嘉を意識しだして二人の関係性が進展しそうな所で終わってるので続きもとても楽しみです。

蜜果 1 コミック

akabeko 

同棲までの過程も見たかった

前回の落果から時間軸が進んでて、いつの間にか同棲してる状態からのスタート。
前回は体の相性は良いけど気持ちはまだそこまで追いついてない印象だったのが、今回はすでにお互いへの恋心や執着が生まれた状態だったのがちょっと残念。

同棲するまでの間の期間、お互いが相手を意識しだして好きになるまでの過程が見たかった!!というのが正直なところ。
それを読めてたらもっともっと感情移入できてたと思います。

とはいえ店長のビジュアルが好きな身としては2巻分たっぷりこの二人が見れるのは幸せ。
相変わらず店長の言葉攻めとレオの乱れっぷりがエロい!!
盛大に喘ぎまくってるレオを見るとほんとに気持ち良さそうで相性良いんだなーって実感できます。笑 
ラブラブエロが存分に堪能できました。

不穏な気配で終わってるので続きも気になります。

垣根と境内 コミック

おまる 

究極の執着攻め

あまりの高評価に釣られて購入。
初読みの作家さんでした。
ある程度情報を入れた状態で読んでしまったので、一切の情報なしで読んだら面白さ倍増だったかもしれないと思うと悔やまれます。

自分の意図しないままに受けがどんどん開発されていく様がエロかったです。(主に乳首)
攻めに見られながらの床オナシーンは必見!床オナってなかなかないシチュエーションですよね。エロかった…
それを見ながら冷静に分析してる攻めも面白い。笑

知りたいと思った事への執着が強すぎてこじらせてる攻めですが、相手が好意を寄せてくれてることがまだ救いです。
知りたい気持ちが抑えられないとはいえ受けからしたら恐怖しかないわけで。

でも受けは受けでコンプレックスを抱えてて、知りたいと思ってくれることは受けにとっては嬉しいことなんですよね。
お互いがお互いを知りたいからこそ成立してる関係だと思います。

ドン引きと笑いとエロス

桜田先輩改造計画は読了済ですが、藤咲忍編は未読です。
藤咲カプがメインというわけではなかったので未読でも十分楽しめました。
設定がぶっ飛んでるのでドン引きと笑いが交錯して頭がおかしくなりそう。笑

3組のカップリングの中で個人的にはビジュアル含め宇治野×潮見が一番萌えました。
ヤクザの息子で周りにはイキってるくせに宇治野の前でだけは無自覚で甘えたりくっついたりするのが可愛すぎてもう…!
むちむちで柔かそうなボディもエロい!

他カプはぶっ飛びすぎてて笑えますが、ピュアさやエロスは感じないので、その分この二人の純粋さや恥じらいが逆にエロかったです。笑
他のカプとは切っても切れない縁になりそうですし、今後どう感化されてこの二人の性癖が変化(進化?)していくのかもっと見たい!(すでに影響受けまくりですが)

「童貞だぞ?」の破壊力

続編待ってました!!
今回もめちゃくちゃ面白かったです。
この作品はギャグ寄りのラブコメなので軽い気持ちで楽しめて気軽に読み返せるのが大好き。

前回は昴視点で陣内の格好良さが際立っていましたが(それでも昴への感情は漏れてたので分かりやすかったですが)、今回は陣内のヤバさが存分に堪能できます。笑
常に昴への煩悩と欲に支配されていて昴一直線!昴しか見えてない思考回路が面白すぎる…

そして前回からちょいちょい出てくる昴が参考にしてるBL作品の攻め、響夜様!
いざ本番エッチって時も降臨してて爆笑。
それに対する陣内のツッコミも最高に面白い。
加藤スス先生のギャグセンス、ほんと好き。

今回は昴と陣内の進展がテーマなのでエッチシーンもじっくり描かれてて大満足でした。
歯止め効かなくなる陣内もトロトロになっちゃう昴も萌える!!

番外編はまるでア○ジャッシュのコントかのようなすれ違い劇場。笑
噛み合ってるようで噛み合ってない会話が面白い。
噛み合ってなくても想い合う気持ちは通じてるので結局ラブラブなんですけどね!

あと脇キャラ二人がまたキャラたってて良いんですよね。
友達想いで昴達の恋の相談にも親身になってて(半分面白がってるけど)良いヤツらすぎ!
この二人も一歩進展した模様で、スピンオフとかあるのかな?
陣内と昴の行く末もまだまだ見たいし続編も切望してます!

普通に面白かった

男なのに女の子になっちゃった系は、攻め側が女の子になった受けをちゃんと男としても好きかどうかで萌え度が全然違ってきます。
その点では、攻めのルイは男のシオンに昔から惹かれていた様なので私は許容範囲、むしろ萌えました!

なにせ女体化したシオンが可愛いに尽きる。
黒ギャル巨乳のショートボブ…最高!笑
元々の黒ギャルチャラ男姿より断然可愛いと思っちゃいました。
TLは全然読まないのにおかしいなぁ…

攻めのルイも文句なしにカッコいいです。
男でも女でも関係ない、シオンだから好きっていうスタンスがとても良い。
俺様で独占欲強くて、でも受けを一番に想ってる、個人的に理想の攻め像でツボでした。

エロエロだけどシオンの心情の変化や距離の縮まり方もちゃんと描かれてるので中身もあって満足度高かったです。

女の子なシオンも可愛いけど、やっぱり男のシオンともっとラブラブしてるとこが見たいので早くくっついてほしい!