ラムしゃぶさんのマイページ

レビューした作品

女性ラムしゃぶさん

レビュー数0

ポイント数0

今年度--位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

いろんな愛が沢山でした

どのお話もとてもえっちですばらしかったです、キャラの表情が魅力的でそれぞれの肉体の描きわけがしっかりしていてすごくよかった。

裏表紙のあらすじや帯には書いてありませんが、
タイトル&表紙になっているワイルド・ワイルド・ワイルドライフでは攻めポジ表記されてる竹伐受けも含む黒南風やモブとの乱交シーンがあります、
筋肉受け以外にも可愛いショタがたくさん出てくるお話などもはいっているので、
苦手な方は注意したほうがいいかもしれません

個人的にワイルド・ワイルド・ワイルドライフの二人がくっついてからの話がもっとよみたかったです

キュートなハイスクールラブコメ

表紙の絵で誘い受けもしくは襲い受けの子の話かな?と思っていたのですが中身は普通に高校生達の話でした、かわいいです
裏表紙に書かれていたあらすじにあった、キュートなハイスクールラブコメという一文に偽りなしって感じでした。
世話焼きで包容力の有るオカン系ヒゲ受けと、そんな受けに懐くちょい乙女ヘタレわんこ攻めなのでそういう要素が好きな方におススメかなと、あと攻めが関西弁です
全体的にとてもおいしかったのですが、作中エピソードとしてヒゲにあまり触れていないので少し勿体無い気持ちになってしまいました、あと攻めがもっと乙女しててもよかったのではないかと思いました。
攻めが受けにとても懐いているので執着してる感じはありますが怖い系のヤンデレ要素はないです、
一冊丸々彼らの話なので葛藤とか友情とかほだされたり自分の気持ちに気が付いたり等まさに青春ラブコメ系で徐々に関係が進展していく様子が楽しめます。
しかしエロ少な目なのと、そのエロシーン含め肉体の露出がほぼ無いため表紙でガチムチエロエロを期待すると物足りないかもしれません。

オネエ要素薄く感じる

オネエ攻め大好きなので、このタイトルと帯は大変魅力的で即買いしたのですが
オネエさんとはいいつつも本編にがっつり女装等は無く(脇役の女装はあります)メイクをしているわけでも口調が女性らしいわけでもないので、オネエキャラというキャラ設定としてテンプレに当てはめるとしたら常時それらしい要素はネイルくらいかなと思いました。
なんというか乙女ゲーなんかによくいる口調が穏やかで綺麗なお兄さん程度かなと、なので雄モードのときとのギャップはあまり感じられず何が違うのか良く解らなかったのが残念です。
主人公が自分はノンケなのにと葛藤したりとかは良かったと思います、オネエさんも要素薄くても美人でしたしエッチもちゃんとエロくて満足
同作者の別の作品の女装するキャラが登場するのでそちらの設定などを知らないと少し困惑するかもしれません

書き下ろしはたいへんすばらしかった、攻めがドレスを着たままのがっつり女装エッチがとても最高でこういうのが見たかったんだ!って思ってしまいました

タイトル作品だけで一冊読みたかった

筋肉質男前受け最高でした、スーツ着たままプレイもあってとても良かったです、へたれ攻めと攻めのような受けとてもいいですね
ただその要素はほぼタイトル作品のみなのと、そのガチイキ挑発~関連の話が2話と書き下ろしオマケのみなのでそれこが心底残念でした
収録されている話の中で一番好みだったのでこのガチイキ~の二人の話のみで一冊読みたかった、なので萌評価にさせていただきました。
攻め視点受け視点と両方の目線からの話が描かれているのでそれぞれの相手に対して思っていた事を知ることが出来ていいと思います。

収録されている話の中では、ボクサーの話が一番筋肉があって大変素晴らしかったです
どの話もしっかりエッチで楽しめました。

裏表紙等の説明文には筋肉充な作品集とありますが、
収録されている話のなかには、大学生設定や受けにあまり筋肉が無くモブ相手経験者の等もあるので、そういうのが苦手な人や一冊丸々筋肉受けだと期待して買うとちょっと物足りないかもしれないです。

ギャグ色がとても強い

ハイテンション・ラブコメディ!まさにそのとおり!!
ギャグ色がとても強いです、牛とか像とか出ます

オメガバースの設定を知ってからずっとα受けが読みたかったので
大変満足しています。
Ωだって攻めたいだって男の子だもん!みたいな
童顔可愛い系の×体格の良いかっこいい系でえろいシーンも見ごたえが有り大変良かったのですが、ただ受けへの前戯シーンが短かったりほぼ無いのがちょっと残念
冒頭にオメガバースの設定が解説書のような解り易いイラスト付きで
載っているので、オメガバースは詳しく知らないけど読んでみたいって人でも大丈夫だと思います。

スーパー攻め様のα受けといっても、お金持ち箱入り系天然キャラな受けに良くある雰囲気というか、ハイスペックで男前な包容力も持ち合わせているタイプのαなので
自分を攻めだと思ってる強気高飛車男に下克上
みたいなノリを期待している人にはオススメ出来ません。
番外編のカプにその要素がほんの少しある程度です
その番外編はイケメン褐色石油王αが金に汚いどS眼鏡βにえろいことされる話でこの組み合わせのスピンオフをもっと読みたくなるくらい良かったですが、
一番好きなのは書き下ろしの主人公ペアの話、ふたりともとてもかわいかったです。

本当に全部リバあり!

主人公受け作品が大多数のボブゲで、攻略キャラによっては受け攻めどちらかのルートしかない作品も多い中で、この作品は本当にどのキャラの受け攻めもプレイすることができて、しかもどのカップリングのルートにもエロシーンがちゃんとあって素晴らしい
主人公攻めのゲームがずっとプレイしてみたかった時期に出会えた作品なので本当に楽しませていただいた。
ストーリーや真相も少しずつ違いがありその違いを楽しめるのが良いです、途中の選択肢の選び方次第で受け攻めが決まるので狙ったほうのルートと別の結果になることもあってリバ大丈夫な方はそういう要素も楽しめるかと思います。
ただ途中サブキャラで凄く好みの眼鏡キャラが出るんですが、登場シーンも少ないですしあまりかかわらないキャラなのでしょうがないとは理解しつつも彼を攻略できなかたのが残念だったかな。

恐ろしい童貞 コミック

日野晶 

兄が邪魔

しっかり裏表紙の説明を読むまで、タイトルの印象で童貞攻めの話かと思っていました(笑
おどおどして女々しい感じの受けが普通に見目がイイので、どのあたりが童貞要素なのかいまいちピンとこなくて良くある感じに収まってしまっているのがもったいない
空気の読めない兄にぜんぶ持っていかれてる感じ、どこまでも兄がくどく鬱陶しかったという感想しか残らなかった。兄出すぎ

同時収録されている、これが愛なら
オネエ攻め最高、かわいげがあってイイ安易に男言葉にならない最高
155ページの最後のコマの表情が絶品
騙して利用しようとしていたヘタレクズ受けマサくんが、逆にじわじわ懐柔されていくのがニヤニヤポイントでしたが
思わずかばってしまう程に絆されているというのが少し解りにくいのが惜しい気がしました
この二人のお話はもっと読みたい

イノセント コミック

イイモ 

最後までエロたっぷり

他の方のレビューにもあるように、男性向けって感じの内容です。エロメインでさくさく進み面倒臭さや煩わしさほぼ無し
綺麗でかわいい系の絵柄で受けがただひたすら陵辱される、まさにそんな感じの作品の詰め合わせ、快楽墜ちした表情がエロくてすごくいい
攻めは大体がモブで鬼畜なので、話の進展と受けを泣かせたいために終盤で鬼畜変態行動させられる名前のある攻めを哀れむ必要もありません
BLによくある少女マンガのような展開や、酷い事されても最終的に和解してカップルになったりみたいなラブ展開は皆無、安心して鬼畜エロを摂取できると思います、しかしそのため好き嫌いは分かれると思います。
個人的一押しは飼い犬の遠吠えです

作者のイイモ氏のオリジナル創作サイトで公開されていた作品の再録集が、表紙と一部作品を差し替えて単行本化したのがこの本
再録集と比べ差し替えの痴漢話があまりぐっとこなかったので星4つ

惜しい

女装攻めと知って即購入したのですが、
攻めが女装のままのエロシーンがほぼ無いのが実に惜しいと思いました。
表紙で着ているようなふりふりスカートで攻めているシーンはほぼ無いですし、ウィッグも早々外してしまうので普通のBLとあまり変わり無いのがもったいない
攻めの設定がややこしい分、受けはよくある感じのちょろい系なんで良いのですが、
折角の女装趣味のバリタチ男っていう設定なのだからもっと女装と解り易い格好で攻めて欲しかったです。

これはいいアホエロ

ヘイ!ドクター
表紙買いして正解だった
アホエロギャグのノリでしっかりエロくてさいっっこうです!
先生の鬼畜変態っぷりと勝也のアホの子具合が良い
どこのAVかな?って感じの設定ややりとりとか、エロシーンでの擬音とかすごくイイ

しかし途中で作者様が「アンタあのコのなんなのさ」のちあきちゃんみたいな筋肉受け路線にどっぷり行ってしまったようで
そちらはそちらでとても萌えるのですが
表紙の2人が目当てだった個人的には、最終話がアレで表紙2人の続きが無いのが本当に残念で
神評価にしたいところですが萌×2評価です