オネエさんは好きですか?

oneesan wa sukidesuka

オネエさんは好きですか?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×222
  • 萌18
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
15
得点
221
評価数
61
平均
3.7 / 5
神率
24.6%
著者
成瀬一草 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784801954908

あらすじ

建築会社で働く桜井遼太郎が、ある設計事務所で出会ったキレイなおねえさんの正体は、新進気鋭の建築家・藤本響。
女装だとわかっていてもトキめいてしまうほど美しい響に誘われるまま、遼太郎は唇をかさね、さらにはその唇でヌかれてしまう。

とりあえずセックスしてみよ?

雄モード全開の響に、遼太郎はタジタジで…! ?

描き下ろし12ページ収録!

表題作オネエさんは好きですか?

藤本響,29歳,新進気鋭の建築家,女装家
桜井遼太郎,29歳,建築会社勤務の真面目なリーマン

その他の収録作品

  • BONUS TRACK(描き下ろし)
  • カバー下:4コマ漫画

レビュー投稿数15

ノンケの葛藤

絵はきれいです。読んだことのある他の作品もこの方だったのを初めて知りました。

あんまり感想ないかな。なら書くなよ!ですが…。

ノンケが女装ゲイに一目惚れ
相手からも好かれる
抱かれてみる
葛藤する
恋人になる

ヤバイ5行で終わってしまう。

葛藤部分が長いのは新鮮でした。攻めの作戦勝ちなのかな?ヒモになってもいいなんて羨ましい!
一緒に仕事して一緒に眠って美味しいご飯もご馳走になって気持ちよく抱かれて、You一緒に住んじゃいなよ!

0

・・・

コメディ。

課長もおねえさんだった・・爆笑

0

王子様

成瀬先生の作品は「ファックナイトレバーサル」と「セックス・アンド・ワールドエンド」既読で、アウトロー作品のイメージが強かったのですが、社会人ラブ作品と半々ぐらいなんですね。こちらは社会人モノというにはひとクセがある作品です。

女装攻めも女装受けも嫌いじゃない、程度の自分です。きっとお好きな人はもっと楽しめると思う!女装攻めの良さはしっかりおさえてる気がします。自分は普段女装してたりオネェ喋りだけど、エッチシーンだけものすっごく雄な攻めが好きだからちょっと違いました。こちらは一貫してほんのり女性を感じさせます。雄というより可愛くて綺麗な王子様って感じでした。今時紋切りな"女性""男性"もナンセンスかもしれませんが。

萌〜萌2

1

その後の二人が気になります。

久しぶりのオネエ攻め。
序盤のお互い惹かれあう描写は丁寧でとてもよかったです。

また、遼太郎がノンケ特有の無神経さを出す部分も、個人的にはよかったです。
ノーマルで29年生きてきて、周りにもゲイがいなかったら当然他人事で、いくら響が魅力的でも葛藤があってしかるべき。

でも、だからこそ後半の囲い込みが強引すぎて、
遼太郎本人の納得の上とはいえ、いつか破綻しそうに思えます。
駆け引きで恋愛関係にころばせることは悪くないけど、
恋の勢いのまま仕事までも囲い込むと
今は二人の関係を重視して気にとめない細かいことに
いつか気がついてすれ違いが起きそう。。
よくあるノンケに振られてトラウマ持ちの攻めになっちゃいそう。。。

29歳という年齢もリアル。まだ恋愛だけでも動ける年齢。
はたして、五年後の二人も一緒にいるのか?
親が出てきて、子どもを意識して、ゲイコミュニティを近くに意識して。恋人の庇護下で仕事して。
うーむ。

遼太郎の仕事ぶりがまじめで実直で、
個人事務所に不向きそうなのも気になる。

結局は、響が「ほしいから」強引に引き抜いたようにしか見えないのが引っかかるポイントか。

でも、恩師以外で初めて純粋な評価をしてくれた人を逃がしたくないよね。
押せば落ちそうな手応えもあるし。
周りが見えてない様子が、いつか落とし穴に落ちそうでちょっと怖かったです。
でも案外、愛で包んでいつまでも遼太郎を丸め込んじゃえるのかな。

前半丁寧でとても面白かった分、
後半の勢いについていけず残念でした。

1

オネエ攻めに少しでも興味がある方は是非

 ゲイ女装家攻め×ノンケ受けですが、受けの遼太郎のガードがそこまで硬いわけではないのでテンポも良いですし、非常に読みやすい作品でした。攻めの響も女装していない時は男前で、女装している時もそんなに女性らしさが強調されてはいなかったので、女装ものが読めるかどうか迷っている方でも手に取りやすいと思います。恋愛の駆け引きは少なめですが、遼太郎が響を受け入れていく過程も自然で、絆されてしまうノンケの王道といったキャラでした。逆に言うと何か強く印象に残る部分がある作品ではなかったですが、女装家攻めBLの入門として、初心者の方にもオススメできる作品だと思います。

0

女っぽさが少ないので女装攻めの入門編にいいかも

丸々一冊同じカプです。
女顔で美人な有名建築家・響と、建築会社勤務の遼太郎。

女装攻めだけど、オネエではないです。
女になりたいから女装ではなく、攻めは才能溢れる建築家なのできれいな格好していい気分でいると良いアイデアも浮かんでくるかな~みたいなお気軽な感じ。
普段もスカートではないし、化粧も睫毛があがってる程度なのでスッピン時の落差もほとんどない。

女装攻めのいいところは、ギャップ、落差だと思うんです。普段は性別不明っぽいのに、抱く時は漢・雄っぽさ全開というギャップ。
だけど、こっちは女装時がさほど女~って感じではないのであまり落差がないし、雄全開というまででもなかったのでちょい肩透かし感があります。
でもその分、女装攻めにちょっと興味があるけど、あまりドギツいのは怖い…という人には最適だと思います。(最後、ドレス姿がありますが)

女装攻めという点ではマイルドだったけど、それよりも結構難しいところがある(アシスタント談)という有名建築家の響が遼太郎のことがえらく気に入ってしまって、すっかりワンコになってるところがかわいいです。
そして遼太郎がノンケってことで「男の俺も女の俺もどっちも本当の俺だから好いてもらえるならどっちでもいい」とか言っちゃってるところもかわいいんだけど、正直、遼太郎はちょいデリカシーがない発言をときどきしたりしてどこがいいのか私にはいまいち判らず…。

初読み時には響がびしっとスーツで決めて遼太郎の会社へ乗り込んできたところがカッコ良くてスーツ萌えしてたんですが、何度か繰り返し読むうちに見慣れてしまい(汗)そこよりも響のワンコ感がかわいいなと思うようになった一冊です。

1

バリタチ女装家

女装好きな方には少しもの足らない感じのキャラかもしれません。美人で「女性?」と間違えてしまうほどの顔なのですがふんわりスカートや、セクシードレスと言うわけでもなく、ボーイッシュな女の人がするファッションです。肩幅もあるし、声も低いとのことで、個人的にはその辺にいそうな綺麗な女装している男性を想像できて、リアルでした。

ノンケの遼太郎がまさにオネエさまに食われちゃいましたね!可哀想と言う意見もあるようですが逃げようと思えば逃げれる状況だし、欲望に負けた遼太郎はやはりそっちの好奇心もあったんでしょう。仕事まで転職して響のところへ転がり込んだのですから思う存分“仲良し”してください。

0

逆カップルの方が…

美人の有名建築家・響と、建築会社のリーマン・遼太郎。
遼太郎が見とれたくらい響は美人だけど、オネエさんと言うほど女性の服を着てるわけでなく、中性的といったほうがいい気がします。

美人の響が攻めなところが、この本の面白いとこだと思うのですが、遼太郎はどこにでもいそうな普通の男でもちろんノンケ、そんな遼太郎が、気持ちが育つ前に男に抱かれて人生が変わるってかわいそうな気がするんです。

『女装上司の啼かせ方』の二人が遼太郎の同僚、ゲイカップルの相談役で登場します。広海さんはあいかわらず怖くてかわいい。
広海さんのキレイなオネエさん受は好きでしたが、響のキレイなオネエさん攻めには違和感があって…
この本のテーマにケンカ売ってますが、遼太郎が攻めのほうがしっくりきた気がします。

3

キレイなオネエさんはスーツ姿がよく似合う

オネエ攻め×生真面目リーマン。
ノンケ受けがオネエにほだされ恋が始まるお話です。

オネエで乙女ちっくな振る舞いをしてるのですが男前だなぁと感じる部分が多かったです。
個人的にオネエ攻めは男の顔を見せるギャップが好きなので
押さえるところはしっかり男らしい姿を見せてくれて楽しめました(^^)

一番のお気に入りの顔は、長髪をハーフアップ×スーツ姿♪カッコ良かったー!
普段着ver.の後れ毛有りのゆるいハーフアップもカッコ良い。
なかなかハーフアップ男子を見る機会がないのでウキウキしちゃいました。
んで、ハーフアップ×スーツの男らしい姿のページをペロリと捲ると
今度は一転、メイクバッチリ決めてワンピース着た美女のお姿に変身。
美女が平凡な男サラリーマンを犯す倒錯的な絵面に萌えた〜ヾ(*´∀`*)ノ

ふわふわキャッキャと乙女らしい喋りをするけど、エッチの最中は完全のに雄で。
狙った獲物(受け)をガッチリ逃げないよう捕まえてコトに及ぶ強引さはあるのに、
受けが萎えちゃうから服を脱げない臆病さもあるのが良かったです。

ノンケ受けが男同士の世界に入ることに二の足を踏んでるのを、受け本人が納得してこちら側に来るのを待つ努力をしてるのは、受けの気持ちを理解して受けのことを大切に思ってるんだなーと感心してたら、最後は華を振りまいて強引に掻っ攫いw
待てる人なのか、待てが出来ずわがままなのか、どっちなんだw(゚∀゚)
いや、そのわがままな姿こそが藤本響らしさなのか。。。

ノンケの受けさん。
お仕事を頑張る生真面目さは良かったのですが、ちょいちょい無神経なのが引っかかりました。
エッチの最中は可愛かったんですけどね…。




1

オネエ要素薄く感じる

オネエ攻め大好きなので、このタイトルと帯は大変魅力的で即買いしたのですが
オネエさんとはいいつつも本編にがっつり女装等は無く(脇役の女装はあります)メイクをしているわけでも口調が女性らしいわけでもないので、オネエキャラというキャラ設定としてテンプレに当てはめるとしたら常時それらしい要素はネイルくらいかなと思いました。
なんというか乙女ゲーなんかによくいる口調が穏やかで綺麗なお兄さん程度かなと、なので雄モードのときとのギャップはあまり感じられず何が違うのか良く解らなかったのが残念です。
主人公が自分はノンケなのにと葛藤したりとかは良かったと思います、オネエさんも要素薄くても美人でしたしエッチもちゃんとエロくて満足
同作者の別の作品の女装するキャラが登場するのでそちらの設定などを知らないと少し困惑するかもしれません

書き下ろしはたいへんすばらしかった、攻めがドレスを着たままのがっつり女装エッチがとても最高でこういうのが見たかったんだ!って思ってしまいました

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う