嫌味な身代わりが俺を失恋ごと――拾って絆して抱き潰す

いつまで代わりでシましょうか

itsumade kawari de shimasyoka

いつまで代わりでシましょうか
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×225
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

107

レビュー数
13
得点
286
評価数
65
平均
4.4 / 5
神率
50.8%
著者
成瀬一草 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
デイジーコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784815550707

あらすじ

北島 圭(34)
高学歴のエリート弁護士。
なんでもソツなく、器用にこなせる秀才。
……ただし恋愛は除く。

大学時代からの親友に15年来の片想いをしている圭。
人付き合いが苦手な自分を外へと導く親友の手が、
やわらかく響く低い声が、ただ、好きだった。

そんな親友・裕介の結婚で
秘めたまま想いに蓋をした矢先、
裕介と似た声のする
年下のタトゥー男に誘われる。

漏らした甘えを揺さぶる
<身代わり>の提案に圭は――…。

表題作いつまで代わりでシましょうか

芹沢穂高,SE,31歳
北島 圭,高学歴のエリート弁護士,34歳

その他の収録作品

  • LAST BITE
  • カバー下漫画

レビュー投稿数13

終盤の展開が絶妙

長年の想い人の結婚式の帰り、想い人の声に似ている人と一夜を過ごして……という展開としては王道かと思うのですが、この二人の些細な表情がお互いに色っぽくて、見る見るうちに惹き込まれていきました。

感情の揺れ動きの描写も絶妙で、受けの今までは想い人のことばかりだった思考が次第に攻めの方へと寄せられていく様も丁寧に描かれていて、その上で終盤の展開がめちゃくちゃに刺さりました。

個人的にシリアス展開を乗り越えてのハッピーエンドが大好きなので大好物でした。物語重視ながらも最高にやらしくて、ふとした表情に思わずきゅんとさせられるBLをお求めの人には是非おすすめしたいです。

0

買って正解だった

正直なところ、攻め受けのキャラビジュだけでいえばあまり好みではなかったのですが...
読んでみたら物語が想像以上に良くて、完成度が高く大満足でした。

弱っている時になし崩しにセフレになった相手。
片想いの相手の身代わりに関係を持つ、なんてのはよくある展開だと思います。
けれどその後の2人の心の通わせ方が、たまらなく丁寧で萌えました。

最初は押せ押せな攻めのターンにより、口では抵抗しつつもゆるゆると流されていた受け。
そんな受けが自ら決意し行動し、攻めの元へ向かうところは読み手のボルテージを最高潮に上げてくれます。

攻めのワンコ攻め具合に萌え、受けの愛され具合に萌え。
萌えの嵐でした。
けれど愛されるだけではない、きちんと会話を交わして関係を築いていくところは、他の流されとは違う大人な恋愛だと認識させてくれました。

本当に買って良かったとおもいます。

0

いつまで代わりでシましょうか

​新しい年下ワンコでした。すごく新鮮でしかもカッコよかった。これまでワンコはレトリバーなイメージが強かったけどシェパードでした。とても個人的な主観ですがそんな感じ。とにかくスマートでカッコよくて自信家で、けれど少し狡くてそこが弱みでもあってとても魅力的でした。
圭はテンプレ通りのキャラクターで彼がどんどん恋愛におぼれていく様子が可愛かった。言葉選びもすごくストレートで、一生懸命なのが伝わってきてきゅんきゅんしました。そして成瀬先生の描かれる身体がとても美しい。ラインがとにかく綺麗で眼福でした。

0

長い片思いのその先は、年下攻めからの愛され!

いや〜、電子発売日ずらしは本当にきついですね。
てっきり、紙と同時かと思っていたので、相当待ちました。もう少し、この販売方法がどうにかならないものかな〜、と思ってしまいます。

さて、大学時代からの親友に長らく片想いをしていた、親友との間でいわゆるバームクーヘンエンドを迎えた弁護士の受・北島。
そして、そんな北島に実は一目惚れだった、という可愛いところのある、イケイケそうな見た目に反して、結構北島に尽くしているような年下なSEの攻・穂高。

お堅そうな北島と、どことなく軽そうな穂高では、出会うきっかけもなさそうなんですが、お互いをちゃんと認識したのが、北島が傷心中の結婚式帰りの電車、というのがまたいいですね〜。
一人で、静かに親友との思い出に耽るようなタイプにみえる北島ですが、一人だとずぶずぶハマりそうなキャラクターなので、穂高にキャッチされてよかったなぁ、と思いました。

親友に声が似ている、という理由で、親友になりきって北島を抱いてあげる穂高が、いじらしくて可愛いですね〜。
それに甘えて、親友の名前を呼んでしまう北島も、いじらしいけど、残酷ですよね。

そんなふたりが、少しずつ、穂高にいたっては、最初からぐいぐいなので、北島が少しずつ穂高に絆されていく様が、えもかったです。

電子版でいう、195ページ目の2コマ目の北島の表情が、めちゃくちゃ最高なので、是非見てください。永久保存版。

えっちシーンも、たっぷりあって可愛さ増し増しです。

穂高が、仕事柄色んなところに拠点を移していく生活なので、この先、ふたりの関係がうまくいくか気になる…!!!という意味でも、続編是非読みたいです〜!!!

5

表紙買い

失恋ごと抱き潰す攻め最高でした。

3

最初は何かの代わりなんてザラだけど

歳をとったら経験も増えて、新しい人に会っても昔良かった人と比較してしまいがちだし、誰かの代わりのポジションにスッポリはまったりする。

でもそれが、一緒にいる時間を経て、いつか自分にとって何にも代え難い人になるというのは素敵なことだよなぁとストレートに思いました。
オルタナティブから、本気で好きになっちゃう話は好物です。

ちょっと職業上ハラハラする展開があって、色々推測しながらぐいぐい読めたのでそれも良かったです。

あと、受の恥ずかしがり方とか攻のこと好きっぷりがツボ....

3

もっと愛を乞うて

親友にずっと言えない恋をして。
その親友の結婚式へ。
地獄。
だがその帰り道で。
親友の声によく似た男と……

ド真面目な弁護士さんの圭が、食事をしただけで呆気なく初対面の穂高とセックスしてしまうなんて…
でもここから全てが始まる。
も〜う、この圭さん。
真面目なんです。お堅いんです。不器用なんです。
そんな圭さんの心が、今まで触れたことのない強引な生身のオトコに抱かれ、理性に反して惹かれていく…
その心の動きが実にエロいのです。
内容的には「セフレ」的な流れなので、会うたびにセックス、しかもかなり濃厚。
しかし、「エロス」はセックス描写だけにあらず。
圭の視点から描かれているので、これでいいのか、と圭の心が醸し出す迷いがエロスを生み出してる。と感じる。
ただ…
私の好みからすると…
穂高がちょっとチャラい?チャラいというか…余裕なところが減点だな、と。
もっともっと圭に愛を乞うてほしいのよ。
当初の余裕はそれとして、圭の真面目さ一途さに自分も本気になり、自分の想いがことの外重くなった事に怯えてほしいのよ。
穂高が遊び上手セックス上手なところがちょっと鼻につく…ところだけ星一つ減点で「萌」なんだけど、やっぱり面白かったので「萌x2」で。

2

年下攻め、サイコーー!

こういう、グイグイくるけどちゃんと敬語ででも生意気で余裕かましてる年下攻めがだいすきです。

長年片思いしていた親友とよく声の似た男にお試しで抱かれてからのお話。よかった。本も分厚くて読み応えありました。でも、最後までダレずに読めました。

エロも素晴らしい。絵も綺麗し。

2

魅惑の年下男からの溺愛

ちょっぴり悪そうな雰囲気の色気漂う年下男に
翻弄されてほぐされてゆく堅物男、最高でした!

弁護士の圭は学生の頃からずっと同性の親友に片思いしていました。
けれど、想いを告げられないまま、親友の結婚式を迎えてしまい…。

幸せそうな新郎新婦をなんとか祝ってみせたものの、心の中はズタボロ。
結婚式の帰り、電車の中にわざと引き出物を忘れて去ろうとした圭ですが、
居合わせた男に「お兄さん、忘れ物」と呼び止められてしまいます。

その後、ご飯に誘われ戸惑う圭でしたが、その男・穂高の声が
片思い相手にそっくりで拒み切れずにそのまま夜を共に過ごしてしまいます。

一晩きりのつもりで穂高に抱かれた圭でしたが、
その日以来、穂高は圭につきまとい、逢う度に拒めず抱かれてしまう圭。
そして、だんだん穂高と過ごす時間に居心地の良さを感じ始め…。

頑なでいつも眉間にシワをよせていた表情が少しずつ柔らかくなってゆき、
恥じらいながらも穂高に気持ちを伝える圭の変化が可愛すぎました///
外見が美人で可愛いというわけでもないのだけれど、穂高にだけ見せる
初々しさやぎこちなさがいとおしいのです♡

穂高のある秘密からすれ違い、一度は離ればなれになってしまう二人ですが、
圭の行動によってようやく結ばれます。
恋愛下手で意地っ張りな圭が穂高に想いを伝えるため穂高の元へ駆けつけ、
まっすぐに胸の内を曝け出すシーンは胸熱でした♡

初対面から体の関係が始まってしまった二人なので、エロもかなり多めです。
穂高はもちろんですが、圭の意外にもバッキバキな腹筋も
とってもセクシーでした///

1

晒して解して絆されて

電子待てませんでした、、、帯の煽り文最高!

ソツなくなんでも器用にこなすな、北島圭(34)
高学歴エリートでも、恋愛は15年来の親友に不毛な片思いをしている。その不毛な恋も親友の『結婚』により秘めたまま蓋をした矢先に、親友の声によく似た年下男に誘われてー『身代わり』にとー。

大人のエロス満載でミステリアスな男の色気。
スーツのしたに隠された欲望と情事の熱と美しい自由の羽。

最初からパーソナルスペースが狭くグイグイ。
それは、まるで狙っていたかの様に圭に迫る穂高に絆され致してしまうが、ずっとゲイを隠してきた圭は親友との恋も今夜の事も封印するはずが、やはり穂高がそうはさせてくれず、ズルズルと、、、。

出逢ってはいけない場所で顔を合わせた時には圭の中には既に穂高が大きな存在になり、どう互いの全てにケリをつけるのかがみものです。

紙の修正は白海苔。ヌプヌプと滴るエロス。
カバーしたおまけあり。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う