体育倉庫で、電車内で、大人のオトコ達に弄ばれる高校生ーー。エロス溢れるデビュー作!

イノセント

innocent

イノセント
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神47
  • 萌×225
  • 萌27
  • 中立19
  • しゅみじゃない28

--

レビュー数
22
得点
435
評価数
146
平均
3.3 / 5
神率
32.2%
著者
イイモ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
arca comics
発売日
価格
¥647(税抜)  
ISBN
9784864572767

あらすじ

教師に導かれ体育倉庫に足を踏み入れた板野。そこで待っていたのは、めくるめく快楽だった…。
エロスの中で「純粋」と「美しさ」の本質を問う表題作ほか、集団痴漢プレイ、本当はエロいお伽話など、
エロさも切なさも一級品の短編集。実力派作家、鮮烈デビュー!

表題作イノセント

体育教師、小林(同級生)、他モブ
板野

同時収録作品Restsain

モブ姦につき複数
麻倉春樹 高校生

同時収録作品サナギ

弘道 姉の婚約者
拓海

その他の収録作品

  • 飼い犬の遠吠え
  • 平和の条件

レビュー投稿数22

ラブはいらない、エロが読みたい!人におすすめ

びっくりするくらいモブ姦が多い作品でした。
恋愛ものが読みたい人にはお勧めできません…。
男性向けのモブ姦が好きな私はとても満足でした。よく出してくれた!と感謝です。
ショタよりも高校生くらいの男の子が好きなので、個人的には「飼い犬の遠吠え」が一番好きでした。
ほとんどの作品が、終始愛なく進みます。
心が伴わないエッチなので、泣いている男の子たちがなんとも痛ましくて…。
けれど続きが気になる作品もあって、短編なのが残念でした。
こんな商業BLがあっても面白いんじゃないかな、と思います。

4

輪姦・モブ姦大好きな人へ

輪姦・モブ姦大好きな人におすすめです。
そうです私です。
男性向けにちかい感じの漫画なので好きな人と嫌いな人に別れるかな。

1

いやぁもぉぶっ飛びぶっ飛びのエロエロっす!

いやーぶっ飛んでますねー。
強姦・輪姦これでもかっ!な。
ホント、女性向け・男性向けと区切るなら、このエロさは男性向けに近いかな・・・。
でも『女性』でもたまにはこんなん読むの有りですよ、絶対。
女性が女性向けに描いてるから、(もち出てくるのは男性のみ)、よく知りもしないで男性が勝手に女性の性とはこんなもんだ!なステレオタイプではなく、まーBLはファンタジーやしえぇんちゃうん、とか思ってしまいました。

絵が綺麗、って言うか、可愛さもあって、なかなか怖い(いや、エロい)話なのに、なんだかフワッとしたものもあって、余計主人公が大変っ!ってより「うわーエロいわぁ~~~」とハァハァしてしまいます。

イイモ先生が最後に書かれていましたが、元々Webで出されてた作品なんですね。
それも「日常のストレスを捌け口に」と。
グハッ、鼻血ものですっっ。
そのストレスをここまで昇華出来るなんて、流石としか言いようがないっ!!
「よくこれが商業ベースに」と仰られてますが、
んっとに編集長っよくぞ単行本化してくだすった!
お陰でまたまた『愛蔵書』が増えました♡♡
┌(._.♡)┐ありがたやぁ~。

アタマ空っぽにして、ごっついエロいのを読むのもたまには良いんじゃないでしょうか。
そんな時には本当にオススメです♡♡

1

モブ姦が読みたいときにとてもいいです

愛とかなくていい、ただただ陵辱される受けをみたいと思い読みました。
求めている通りのものだったので満足しました。
表題作は体育を休んだら体育倉庫で体育教師に強姦され、脅され、生徒にも見られ、複数の生徒の性処理の相手をさせられる。恋も知らないような子が身体だけど淫乱にされていくのはいいですね。そしてこの作品の黒幕的な子は、板野くんに歪んだ愛情を抱いているのかなと感じさせられたので、とても好みでした。

二作目は電車で痴漢に遭う話。痴漢に遭うんですが、助けを求めようにも男だし、恥ずかしいしなかなか助けを求められない。でもどうしようもなくなって助けを求めようとすると集団で痴漢されていることに気づき、しかも周りの人たちに気づかれたらどんな目で見られるかというのを複数人で洗脳してきて抵抗できないようにしてくるの卑怯で興奮しました。モブに二輪挿しとかされてます。

三作目のサナギは短くて、雰囲気を楽しむためのお話といった感じです。これは個人的には短すぎて可もなく不可もなくといった感じです。

四作目は路地裏で黒服に襲われている子を助けたらヤバいやつらに拉致られて身体を開発されて従順に調教されてきたない中年のモブジジィのペットになる話です。ジジィは中年太りの陵辱系によく出てきそうな感じをイメージしてもらえたらと思います。個人的な興奮ポイントは、ジジィとする時にセーラー服女装と目隠しさせられて複数のバイブつけられてベッドに転がされてるところです。無理やりさせられてる女装がとても性癖です。

五作目は桃太郎が鬼たちに輪姦される話です。人間の世界で暴れないように桃太郎を生贄にしたという…旅の途中におじいさんおばあさんから与えられたきびだんご(媚薬)を食べて仲間たちに犯されて開発されて、鬼ヶ島に着いたら鬼たちの性欲処理の道具として使われる。

どれも愛はないですが、モブ姦堪能したいというときには最初から最後まで最高の作品でした。どれもとってもえっちです。

0

愛はないけどエロはある

好き好きはわかれるかなーと思う作品集。
エロ本としてみるなら秀逸。
ただ、BLというにはラブがないので、そっち方面期待して
読んでしまうと残念かなというのが感想かな。

お話は、短編詰め合わせ。
最近のBLってわりとラブ中心な作品が多いので
妙に懐かしい感じがしなくもないなと感じました。
昔は手篭め系も多かったのになーとか。

個人的に好きなのは、桃太郎の話とヤンキー君なお話。
最初は無理やり、強引に。
けれど、結局陥落し、快楽に従順になってしまう。
快楽におぼれた顔がなんとも言えず好きです。
エロは世界を救う!ではないですが、ある意味こういう作品集
あっても悪くないなーと思うのです。
今度はぜひもう少し長めの作品でも読んでみたいかな。

4

私は好きです!

とても面白かったです。
元がウェブ上のオリジナル創作サイトで公開されていたと聞いて、なるほどと思いました。男性向けと評される方が多いですが、ウェブ上のオリジナル創作サイトを徘徊する自分からすると巣に戻った気分です。
こういったテイストは好きなので、本当、よく商業にもってこれたなあ、という感想です。
無理にストーリーとエロを絡ませるわけでもなく、非常に読みやすかったです。エロ描写がちゃんとエロしてました。エロメインと聞いてたのでそこは納得・満足の作品です。
エロメインなのは確かですが、堕ちていくまでの責められ続ける描写なんかは素敵だと思います。愛があるから無理やり突っ込まれても気持ちいい!みたいな話よりはよっぽどこっちの方が好きです。
なにより絵が良いです。ショタくさいところもありますが、受けが可愛い、感じてる感じがすごく可愛いかったです。
この作者さんがどういった方向で続けていくのか気になるところです。全部輪姦だったので、一対一でひたすら犯し続ける系の話とかも見てみたいなあと思いました。
小林には笑いました。

4

最後までエロたっぷり

他の方のレビューにもあるように、男性向けって感じの内容です。エロメインでさくさく進み面倒臭さや煩わしさほぼ無し
綺麗でかわいい系の絵柄で受けがただひたすら陵辱される、まさにそんな感じの作品の詰め合わせ、快楽墜ちした表情がエロくてすごくいい
攻めは大体がモブで鬼畜なので、話の進展と受けを泣かせたいために終盤で鬼畜変態行動させられる名前のある攻めを哀れむ必要もありません
BLによくある少女マンガのような展開や、酷い事されても最終的に和解してカップルになったりみたいなラブ展開は皆無、安心して鬼畜エロを摂取できると思います、しかしそのため好き嫌いは分かれると思います。
個人的一押しは飼い犬の遠吠えです

作者のイイモ氏のオリジナル創作サイトで公開されていた作品の再録集が、表紙と一部作品を差し替えて単行本化したのがこの本
再録集と比べ差し替えの痴漢話があまりぐっとこなかったので星4つ

0

モブ姦は苦手なはずなんだけどなぁ…

短編5本中4本がモブ姦×受けで、受けは皆玩具扱いの末に壊れてしまう寸前で終わっていて可哀想になってくる一冊。
エロメインだと割り切れないと、何とも言えない割り切れなさが残るかも知れないのでご注意を。

モブ姦と聞いてどんだけエグいんだろうってビビりながら読んでみたけれど、案外と危惧していた拒絶反応は出なかった。
イイモさんのコミックは先に読んだパーフェクトプラネットが好印象だったってのもあるが、これはこれで有りだなと淡々と受け止められて正直ほっとした。
個人的には、ヤンキー君が無理矢理調教された末にゴツい醜男にペットにされていく話が一番印象に残ったかな。

ところで、このレビューを書く際に、自分がエロエロを読んでいる中で男性向けと女性向けってどう違うのか悩んでしまった。
私自身は許容範囲は広めだと思ってはいるのだが、同じようなエロでもこれがOKであれがNGっていう違いが説明できなかったり、生理的に駄目=地雷となるものもあるのが現状なんだよなぁ。
男性向けは滅多に読む機会がないが、多分『男性向けっぽいから駄目』ってよりも、『読んで駄目なものがことごとく男性向けと括られているものと被りやすい』ってのはあるかも知れない。

まぁ、生理的に受け付けられるならばOKってところに行きつくかな(^_^;)。
このコミックも確かにエグいところはあるが、私から見たら充分女性向けの範疇に収まる気がするのだけどなぁ…。

しかし、エロとか絵柄とか、合う合わないってのは個人の好みで左右されるものだと常々感じるから、無理して薦めにくいかな。
この一冊が合うか合わないかは貴方次第、としか言えない。

0

ひたすら犯られてるー。

ほんとうに、ただひたすら容赦なく犯されてる漫画でした!
いっそ清々しいほどに!!

♦︎INNOCENT♦︎
♦︎rose-INNOCENT-♦︎
体育教師、クラスメイト、その他大勢のモブ学生に可愛い学生が輪姦されまくってます。
きっかけは、変態体育教師に身体を弄られたこと。
でもそれ以来身体に変化が起きて、ダメだとわかっていても、自分を慰める手を止められない受。
教師に弱みを握られるも、結局選んだのは自分自身で…
あの日、自ら体育倉庫へ行ったときから、主人公の天国のような地獄が始まったのです。

最後に意外なラスボスが登場してですね、ラストのページの彼の表情から、ああこれは一応歪んだ愛のお話でもあったのかなーと思いました。
異常でも狂ってても愛があるならまだ救われた…かな?

♦︎restrain♦︎
痴漢電車です。
ショタ系DKが、オッサンに痴漢されるお話かと思ったら、とんでもなく集団痴漢だった!
何人に犯されてるのかわからないし、モブ共は周囲に隠す気ナッスィング!他の乗客はAV撮影か?と言い携帯で撮影する始末。
ターゲットにされた悲劇のDKは、処女喪失日に二輪挿し。
平穏な日常は通り過ぎ、衆人環視の輪姦に悦び崩壊を求めて乱れながら、終着駅の見えない快楽に溺れるのでした。

♦︎サナギ♦︎
♦︎採集♦︎
姉の婚約者×弟
唯一モブ姦がなかったお話。
でも弟の狂おしい愛情が義兄になる男をも呑み込むほどイッちゃってました。

♦︎飼い犬の遠吠え♦︎
イキがってた天涯孤独のヤンキーDKが、拉致され調教されちゃうお話。
モブに輪姦されるまでならまだ良かったけど、最後のデブハゲジジイに犯されてるのは視覚的にキツかったなー。
やんわりあっさりではなく、ガッツリ8ページに及んでジジイとヤッてますので、地雷な方ご注意ください。

♦︎平和の条件♦︎
童話パロディ。とっても可愛らしい桃太郎くんが鬼たちに輪姦されまくってます。獣姦もちょこっと有り。
さすが、鬼さんたちのtnkはすごい!
カッチカチで天然の真珠入りtnkのようなもの!
鬼に金棒…ではなくて、鬼の金棒でめちゃくちゃズコバコされちゃってます。
始めて味わう屈辱的な行為なのに、慣れて感じてしまう身体。
その裏には隠された真実が…
鬼は退治してないけど、平和は訪れましたとさ、めでたしめでたし。

総評。
BLでここまで輪姦、モブ姦に特化した作品もそうないのではというのが読後の感想。
エロだけで終わると思ったら、ラストに意外なオチがあったりと、なんとなく男性向け成人漫画風でした。
エロはエロでもピアスなどとは違う作風で、固定化された攻の登場がなく、ギャグもロマンスも皆無。
ある意味評価すべきエゲツ無さ。
このレーベル、今後もこの感じでいくのかな?いやでもウノハナ先生の作品もあるみたいだし…
とにかく今後の動向が気になるレーベルの第一弾コミックスではあるので、期待もこめて萌評価で。

28

この気取りのなさは才能か

ほかの方のレビューにある通り、ほぼ男性向けエロ本と同じ構造なんですが、受けが男子(ショタ)というのを省いても、ちゃんと一味変えてきているところを評価したいです。
アダルトカテゴリに入っている作品と構造はほぼ同じです(二回言いました)。だが、それだけではない。
女性が読んで嫌悪感がない範囲でぎりぎりまでエロを追及しながらも一定のクオリティを保っていると思うのです。
レディースコミックスや萌え系だとお花畑すぎて萎える。男性向け抜ける系はエロは濃いけどあくまで攻め側の見たい絵優先になっている。そしていくらなんでもレベルのお話空中分解がよく見受けられますが、この作品はそれらの問題がちゃんとクリアできていると思います。また、作画が崩壊しないのも素晴らしい。(男性向けはよくあります)
ちなみにBLでエロしかない作品にもこういった問題点は見られ、それがエロメインの作品全体の評価を下げているのではないかと思っております。原因はエロメインなんか描きたくて描いてるんじゃないもん、という作家側の意識、もしくは照れ、こんなのを大真面目に好きで書いてると思われたくない、という意識じゃないかと思ってますが、この作品はそれがないんですよね。
ありそうでなかなかないんじゃないでしょうか。すごくシンプルにエロだけにそぎ落とされてますが、ところどころに地力ありそうな匂いがちらほら。作者あとがきで「編集長よく商業掲載する気になった」と書いてますが、そういうところを買ったんじゃないかと思ってしまいました。
それに、言い訳でなく、BLとしてはこれだけじゃつまんないよね、ということをちゃんと自覚しておられるのできっともっと別の引き出しもあるはず。ほかの作品を読んでみたいと思える作家さんでした。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う