せっかく一晩恋人同士なんだし、添い寝…以上のこと、してみない?

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作添い寝ラヴァーズ

鵜田一吾、企画での「添い寝ラヴァー」当選者
幸原克也、落ち目のアイドル、

同時収録作品アンチヒーローエゴイスト

泉原智久、中学で同級生だった裕福な青年
黒田、借金返済に追われる青年

同時収録作品監禁25年生活

はじめ、秋人を監禁している謎の男
里田秋人、サラリーマン

同時収録作品天国の特等席

ジン、謎の男
セトナ、記憶の無い青年

その他の収録作品

  • 突撃ラヴァーズ
  • あとがき

あらすじ

無愛想なナゾの男×落ち目のアイドル
トンデモ企画の結末は!?

幸原克也(ゆきはらかつや)・通称「ユッキー」は大手タレント事務所に所属するデビュー7年目のアイドル。
デビュー当時の人気は見る影もなく、CD売り上げ貢献のために抽選で選ばれたファン1名と
企画で添い寝をすることになってしまった。
当選者「いちご」ちゃんのお宅を訪れ、どんなドルオタかミーハー女子が出てくるかと思いきや、
現れたのはいい歳をしたガタイの良い男・鵜田一吾(うだいちご)!
ヤラセ企画かとホッとしたのも束の間、会ったばかりの一吾と一夜を共にすることになり…!?
一筋縄ではいかないラブの行方と想定外の結末ーードキドキ&キュン★な表題作他3編を収録!

作品情報

作品名
添い寝ラヴァーズ
著者
イイモ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
ISBN
9784801960374
3.8

(82)

(23)

萌々

(34)

(19)

中立

(4)

趣味じゃない

(2)

レビュー数
10
得点
312
評価数
82
平均
3.8 / 5
神率
28%

レビュー投稿数10

ちゃんとBLでした!

webコミック時代から作者様のファンなので評価が甘くならないように…と、何度も読み直しましたが、控えめに言って神でした。
今までのイイモ先生の作品と言えば、モブ攻めや触手攻めなど、どちらかと言うとblというより、男性向けエロ漫画のような雰囲気でしたが、今作は「これぞBL!」という作品ばかりが集まっているので、今までの作者様の作品が苦手という方でも安心して読めると思います。
しかも、どの作品も、型どおりのBLというわけじゃなく、一捻りのある漫画ばかりです。

「添い寝ラヴァーズ」と「監禁25年生活」はすでに他の方があらすじを書いて下さっているので
残りの2作品について…

「アンチヒーローエゴイスト」
こじらせ金持ち×貧乏アルバイト
貧乏アルバイター・黒田のもとへ、中学生時代の金持ち同級生・泉原が現れる。
蒸発した父親の残した借金一千万を用立てるかわりに、泉原が黒田に出した条件は「一週間僕の"お願い"を聞く」こと。
楽して金が貰えるならと飲んだ条件だったが、次第に「どうして泉原はこんなバイトを持ちかけたんだ」と疑問に思うようになり…

「天国の特等席」
冷徹な同居人×恋人のクローン
どの作品も甲乙つけがたい作品ばかりでしたが、4作品の中で個人的に一番好きな作品です。
冷徹な同居人・仁。その恋人だったという瀬戸奈の「クローン」として生まれたセトナ。
恋人のクローンとして生まれたはずなのに乱暴ばかり働く仁に、次第に不信感が募っていったセトナは、「行ってはいけない」と言われていた海へ行き「もう消えてしまいたい」と願うが…

あまりあらすじを語るとネタバレになってしまうのでここまでで…

どの作品も、起承転結の「転」がはっきりしているというか、一捻りを加えてあるというか、ミステリ要素があって、先が気になって一気に読みました。
さらに、天国の特等席の「僕の席を使えばいい…」のシーンはちょっとホロリときました。

そういうことかー!と意味がわかった上で、もう一度伏線箇所を意識して読み直しても楽しいですし、更にエロを楽しむ為に読み直してもグッドです!
イイモ先生の描く濡れ場の受けの表情ほんと好き…

全ての作品が一冊ずつになってしまってもおかしくないくらいの内容なのに、ちゃんと一話(もしくは二話)に収まってて凄いです。
それでいて、どの話も説明不足になっているわけじゃなく読後はスッキリ。
おすすめです。

12

同時収録作でイイモ節炸裂

正直!表題作はあんまりイイモ先生っぽくないなあ、と思いました。でもあとがきに書いてあるとおり、他の作品がガッツリ重めなので、こんなフワフワしあわせ系(手放しではない。どうにもならなさもある)があってもいいな、と思います。

やっぱり、強みはストーリー性。
ストーリーが天才で賞、です。

【添い寝ラヴァーズ】
落ち目のアイドルが、添い寝企画でお家突撃したら男の子で、サクラだと思ったらガチファンで、お互いドキドキしちゃって、、というお話。二人とも可愛い。エロがエロい。

【アンチヒーローエゴイスト】
元クラスメイト。金持ちとビンボー人。

【監禁25年生活】
ひどいくるしいせつない、、でもロマンチック!!!!これこそイイモ先生、という作品です。好き嫌い分かれるでしょうが、パーフェクトプラネット?だっけ?(先生の作品です)が好きな方はきっと好きです。

【天国の特等席】
「ねえ優しくしてよ」
「そしたら…「本物」みたいにできるかも…」
切ないがすぎる!!!!!

や、正直なんとなく展開は読めてましたがそれでも物語としてすっごく満足度高いです。SUKI

3

ずっと気になってた作家さんです

ずっと気になっていた作家さんですが、既刊にはなかなか手が出せませんでした。
今回はインタビューで見て、速攻購入です。
既刊の方はどちらかと言うと読者を選ぶ作品のようですが(レビューを読んだだけなので正確では無いです)、こちらの作品はとっても読みやすいんじゃないでしょうか。すごく面白く読めました!

また、読みやすいけど一捻りがあり、読み終えたあとに心に残る作品ばかりでした。全部で4作品が収録されてますが、それぞれ少ないページ数なのに、一筋縄ではいかない、唸らせてくれる作品です。それぞれ趣は違うけど、素晴らしい…!
以下、それぞれの感想です。


「添い寝ラヴァーズ」
落ち目のアイドルと、ファンの寡黙な青年との恋愛模様です。
一番BLらしいBLで、ほのぼのキュンとくる作品でした。
落ち目と言う事で、アイドルにしてはやさぐれている受けと、鉄面皮の下でドギマギしている攻め。一つベッドで互いに意識しまくっているのがキュンとします。そして、迫力あるエッチシーンにもクラクラしました。エッチでの受けの表情がエロいです。

「監禁25年生活」
前・後編で一番長いお話です。こちらは結構ダーク。これぞまさに、一筋縄ではいかないといった作品でした。
仕事一筋のサラリーマンが、気がついたら謎の男に監禁されていてー・・といった内容です。
タイトルの25年が、「あっ、そう言う意味?」て感じでひねりがあります。そして二段オチに驚愕。ダークなんだけど、人間の物悲しさも感じさせてくれ、ちゃんと愛がある・・・。
25年後の二人がシュールなんだけど、しんみりもさせてくれました。

他、2作品です。胸がスカッとする「アンチヒーローエゴイスト」と、切ない「天国の特等席」です。

私のように、気になってたけど既刊には手を出す事が出来なかった方にも、比較的ハードルが低い読みやすいコミックだと思います。
とても面白かったです!

8

読み応えあり♪

表題作は1話+短編のみで、全部で4作品入っていたのですが、どれも読み応え有です!
定番なストーリーかと思いきや、展開に一捻りあったり、キャラクターが魅力的で楽しめました!
見た目は男らしいのにこじらせてたり、不器用な攻めが多くて可愛かったです。
監禁物は結構重めで、ズシンと来ました。
クローンのお話も切ない系でした。
表題作はもう少しラブラブな続きも読みたかったな!
エロも楽しめるしバランスの取れた1冊です!

4

どれも面白かった!

お名前は存じていたけど、既刊2冊はモブ姦に触手と私の不得手な分野なので、レビューを拝見するだけにとどまっていたイイモさん。
なので、このホンワカかわいらしい表紙のがイイモさんだと知って驚きました。

恐る恐る読んでみたら…どれも面白かった。
表題作は表紙のイメージそのままのほんわかラブで箸休め的存在。
残りの短編 【アンチヒーローエゴイスト】【監禁25年生活】【天国の特等席】はいずれも初読みの時には、えっ、この人ってどういう立ち位置?みたいな戸惑いを若干覚えつつ読み進めていくと、実は…みたいな捻りがあって物語としても面白かったです。
色々設定とか凝ってるのに消化不良感もなく、きちんと節線も回収しててストーリー展開もお見事。

【アンチヒーローエゴイスト】
蒸発した父親の借金を丸かぶりする羽目になった黒田の前に、中学時代のクラスメイト泉原が現れ、自分の「お願い」を聞くたびにお金を払うと言い出して…。
どうせエロい「お願い」ばかりをするエロ展開になるんだろうなぁと思いながら読み進めていったのだけど、意外や意外、エロどころか雑用や細かい嫌がらせをするばかりの泉原。
どういうつもりなのかな?と読んでいったその先が好きでした。

金を出せば何でも手に入れられるお坊っちゃまの泉原が、絶対金じゃ手に入らないものを目の前にしてすくむ姿と、「こんなもん渡す前に俺に言うことがあるだろ!」「言え 馬鹿野郎」と怒る黒田との対比がすっごく良かった。
そして毎日伝えなきゃ(一千万円分の)割にあわないから…とせっせと黒田の店に通って常連客という名前のストーカーになるオチもクスリと笑えて好き。

【監禁25年生活】
呑気に魚釣りをする中年男性二人組の描写と25年前の監禁生活の描写が交互に描かれていて、初読み時はちょっと混乱するのですが、これが謎解きみたいな感じで面白かったです。

そもそも秋人がなぜはじめに監禁される理由、はじめがひらがなしか書けないのには訳があるというか諸悪の根源がいて、そこの描写に関してはひたすら胸糞としか言いようがなくやり場のない感情が蠢いてしまいます。そしてそんな男のことを「僕はあの人を本当に愛してたんだ」というはじめに関しても一言では言い表せない気持ちが湧いてしまう。

でもはじめがきちんと働かないと自分の生死に関わることに気づいた秋人が、叱咤激励しながら読み書きを教えて信頼関係以上のものが芽生えていく描写や、穏やかで暖かい現在の様子のおかげでその胸糞感がかなり減るので読後感は悪くないです。

【天国の特等席】
クローン人間が存在するファンタジーものです。
目覚めると、黒髪の男・ジンの恋人として生きることになっていた「セトナ」。
それなのにジンが自分を見つめる眼差しは冷たく、手荒く抱く理由が判らずセトナは絶望と混乱のあまり死のうとして…。

これも意外性があって面白かったし、クローン人間が話す「天国のイス」の意味がとても切なくて何度読んでもウルっときます。
これは神だと思う。


4

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP