ユー太郎さんのマイページ

レビューした作品

女性ユー太郎さん

レビュー数0

ポイント数10

今年度429位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

肛門科医 蓮見先生 電子 コミック

サンチェ 

清々しいは最強!!!

表紙と、あらすじから想像してなんも間違っちゃいない内容で、萌え2
先生のキャラがど真ん中なので神になりました。

ただ受けちゃんの女っぽい所が私的にギリギリです。攻め様のオラオラと対比させたいんでしょうねー。

ありとあらゆるBLがある昨今、この手の
THE YAOI に神をつける方は少ないと思いますが、いっそ清々しいほどの YAOI ぶりに神を差し上げたいと思いこの評価にしました。

神神神!埋もれてるなんてもったいない!!!

こんな素晴らしい作品なのに評価数が6件しかないなんて!
埋もれてるだけなはず!もったいない!!!

私はレンタで一巻無料だったので読みはじめたらもーうどハマりしてしまって。
この作品に会えた事に感謝です。まさに僥倖!

なんでそんなに大ハシャギしてるかと言いますと、普段の私は
・ファンタジーは嫌い!わざわざBLで読む事ないじゃん!ちょっとお色気どころかエロを楽しみにしてるのに!
・この線画のような絵も嫌い!BLならちょっとお色っぽい所も欲しいよ!この絵でどうやってエロに辿り着くんだ!
と。会員無料でも読むの面倒くさいとまで思ってたんです。

といいますのも、私がファンタジー嫌いなのはややこしい設定を、そしてやたら長いカタカナの人名や地名や国名に混乱しながら何度も何度もファンタジーあるあるの扉に書いてある人名や国名や地名、その関係性を確認しながら読んだあげく、つまらない!あの努力を返せ!な事が5、6回ありまして。

とにかくファンタジーというと和風時代物以外は敬遠してたんです。
和風時代物は漢字だから覚えてられる!というのが理由です。ま。結局ゴメンなさいオバハンで覚えられないだけなんですが。

ただどうもこのミドリの表紙に惹かれて読んでみたら…10ページくらいからその世界観にハマってハマって。
なんて素敵で色っぽいお話なんでしょう!
もちろんこのタッチの絵なのでエロはチューのみ!
あ、一巻ではタッチで勃っちになってましたけど、それもふざけて一回のみ。

読了後「BLは癒し…」が脳内にすぐ浮かびました。

とにかく上記のような理由で尻込みしてる方はぜひともお手にとって確認して下さい!

平成も終わろうとしてる今、
3P、結腸責め、尿道責め、それらの断面図!
エロの過激さは天井知らず!
私も3Pくらい、いやいやそれこそアホっぽい集団P?まで楽しんでるエロ人なのにこんなファンタジーにドップリと浸るとは!

とにかく上記のよう、それ以外でも皆さまも理由はありましょうが、ぜひともお読みいただきたい!

アホ、シュール、エロ!の黄金バランス!

この先生の
アホ、シュール、少々のエロ
が毎作毎作私にはドンピシャ!
このエロ好きの私が!って知らんがな!ですがー。

まずは1ページ目からニヤニヤして
"STK32の受"という表現に爆笑!

ストーリーやイラスト、書き文字が羽生山へび子さんに似てるかなぁ。
そうそう!いけない共通点がある!
面白くて面白くてキチンと余さず読みたいの手書き文字が見づらい事!
あの大きさがジャストとはわかるけどどーもスマホ族にはね。画質優先で見るとハッキリわかるからそうするかしら。
「お、ディルド安くなってる」には吹きましたもん。これが読めないとは惜しい。
シュールギャグ?という分野には必須なのかな?

とにかく私は熱くかたりましたが、思ったより評価低いなとチェックしてみたら高低差が激しいみたいですね。確かにこの手のお笑い作品も評価わかれますもん。
でもエロを少なめにしてらストレートの男性にも面白いんじゃないのかなぁ。

そうそう、表題作、結構エロくないか?と思ったらキュートなハバネロ作者さまのあとがきにによるとリブレの編集者さんにもっとと求められてるようですね。
うん、私、表題作、同時収録作品ともにエロはあの位の量がお似合いだと思いますます。
涼くんのデ◯マラを活用してる所は確認したいもの!

キツネ萌え!!

私がこの本を借りたのは2015年の事。
BLを読み始めて半年くらいたったころなのでまだ沼には入ってなく、まだまだBLってエロ必須だぜ!と思っていた頃。

なので、なぜこんな渋い作品を買ったのか思い出せないのですが、今、2018年の私はガッツポーズ!
あの時の自分に
「YOU、なかなか良い趣味してんじゃん」
と言ってあげたい。
こういう地味目の作品ってランキングやレビューが集まりにくいですもんね。

私も電子書籍を整理して見つけ久々に読み返したんです。思い出してよかったぁー。
ここ一、二年の過激エロに辟易してたので本当に本作にうれしかった。

ただ、宝井くんの思いがやっと通じた後のエロなのでたった3ページだろうが修正バッチリだろうが本当にエロチック。

ま、その前にキツネさんの存在そのものがエロチックなんですけど。
どのコマ、どの表情、どのセリフどれをとっても可愛くて、キュートで色っぽい。そして時々べらんめぇ。作品中では宝井くんと常連さんの2人だけでしたがそこかしこでノンケ殺ししてるんでしょう。

キツネさんのVの字の口のデフォルメかわいいなぁと思ってたら何人かのレビュアーさんが
「雲田はるこ先生」に似てるとご指摘されて、そこがイイという方や、真似しんぼじゃない?という方もあったのですが、私は、
「あ、それもそうだなぁ。でも真似しんぼでもなんでも本作のキツネさんが好き過ぎて、どっちでもいいや」
と深く考えるのを放棄してしまいました。

もう、私というノンケ?まで殺しにかかってるな、キツネさん!です。

骨太アラブもの

アラブものってウブウブが「アーレー」か、ツンデレが「ツンツン、でもでもだって」にスパダリがグイグイきたよーってお話が9割を占めてるんじゃないだろーか?と思ってたんです。

既視感ありありだけど、それ上等!
アラブものっていやぁ、そのあまあまの王道を愛でるモノ、あとはお衣装や王や王子の纏っている宝石がキレイに描かれてればとそれだけでいいと思ってたんですよ。

そしたらそしたら!
本作はなんてステキな骨太アラブ!

まずは攻め君がしっかりとした意見、意思、仕事を持ってるクールガイ(女性からみたらクソガイだけど)とこれまたしっかりとした意見と先見の明をもってるイケメン王子。

この王子さま、アラブものにしてはお衣装がちょっと寂しいけど、とにかくお顔が美しい。

線はたしかに細いし、女顔っちゃー女顔だけど目力かな?
とにかくその漢ぶりも相まってカッコいい。
私が読んだアラブもの王子さまのなかでもダントツストライクです。
表紙はちょっと惜しいけど、ぜひぜひ無料ページで王子のお顔を確認してください。
王子のちょっとした表情にぞくぞくきます。

エンディングが読者の意見が分かれるかもしれませんが、オトナな主人公とオトナの読者のためにオススメしたい一冊。
世の中天国もありゃ地獄もあるよ。

そしてお若い腐女子の皆さま、上から目線で申し訳ないけど、今は「こんなアラブもの納得いかないわ!」と思われるかもしれませんが、一年ほどBLの沼につかっていれば半分くらいの方は「これもアリ!」と思ってくださるんじゃないかなー。

って、最後はやっぱりオバハンの説教でしめてしまいました。

エロを捉エロ!

この先生の作品
「アホエロ」で面白い!作家買いだと次作の

「ロマンスとジェラシー」でわっかんないな、独特だな、これ、わかんない私があほなのか?そして

「大きい小竹とちいさい武田くん」でこの先生にしてはおとなしめとというか、こんなにあらすじ通りと捉えていいのか何か見落としているんじゃないか?でも下巻は買う気にならないや、

で!本作!
かけで買ってみるかと勢いつけたら!
面白くて切なかったぁー。
と言ってもオーナーと店長と堺くんのお話は本当にここに入れた方がいい?
スピンオフにした方がいいの?
いや、なくてもいいんじゃないか?
でも先生はココに入れる意味があると思ってるんだよなー、その意味をまた汲み取れない私がアホなのか?と少し混乱しました。

が、それにしても本当、良かったなぁ〜。

あ、あとみんなの期待のエロですが、前評判どおり普段の生活と心情を描いてるのが2割、あとの8割が素っ裸でいたしております。

あら、前評判どおりね、私もう大人よ、こんなに素っ裸の連続見せられたってピクリともエロセンサーと読み進めていたんです。

そしたら本作のエロの意味、自分なりに気づきました!
須崎くんのエロと裸は最初から変わらない、そのままの心を取っ払って見せ、スズキくんにぶつけてる事を表現している。

スズキくんのエロと裸は体という外側は全部見せているくせに心の中は見せない。
でも須崎くんの愛ある攻めと言葉で最後には体も心の内も見せてしまってる。
でも素気無い態度と絆創膏で隠してますよねー。

須崎くんは心を優しい鬼にして追いかけっこ。そして2人は末永く仲良く暮らしました、ですかね。

っとに、今回、自分のエロ中を反省しました。
大人になったなんてほざきやがって!ダンカンばかやろー(そういえばオフ◯ス北野大変ですね)、オマエ、局部をガン見してただろ!です。

自己中判断ですが今回は先生の意図を捉えました。

6位か〜

ちるちる 小説部門2016で6位だったので楽しみにして読み始めたのですが
「あれ?淫魔に強制的されたからっておノンケさんがそれくらいの抵抗?」
「あー、BLエロに持ち込もうと焦ってるのね。小説なんだからもう少しその辺書き込みしても」
「あれ?そろそろお相手に淫魔の事話した方が盛り上がるんじゃないだろうか?」
と終始その事が気になって気になって物語に入り込めなかったのでエロエロ~とは思えず。
ましてや6位なのかーと頭をひねりながら読了しました。

といいつつ特別編の最後の一行のオチがとっても面白かったですけど。
逆に特別編でなけれはこの一行がなかったのかしら?
「その一行を読まなかった方は面白く無かったのではないかなぁ」なんて勝手な心配までしてしまいました。この一行で〆なきゃいけないもの、それはないかな。

とにかく「6位なんでしょ?いつ盛り上がるの?」を欲しがり過ぎたための評価になり過ぎてしまったかも。

ただ、いつもあんまり好きじゃないなーと思うBLあるあるのトイレエロがあったのですが
「あら!昨今のトイレ事情を取り入れてらっしゃる!そして鏡は大好きです!」
と萌えてしまいました。

メテオライト コミック

松崎司 

万人受け松崎作品降臨!!!

キター♪───O(≧∇≦)O────♪
本作こそ腐女子万人にオススメ出来る松崎作品ですよー。
こんなにかわいらしいラブコメ作品もお描きになるんですねー。
って従来の松崎作品に慣れ過ぎな発言かしら?
いやいや、やっぱり本作の3作品ぜーんぶとってもかわいい!アレもいつもの松崎作品のようにガッツリ書かずにいい修正具合なのでお話の雰囲気にあってます。

それに腐女子には嫌われがちの老け専もミヤコちゃんがかわいいから大丈夫ですよ。
それにお道具も最近のエグい尿のなんとかじゃなくて、コップ洗いブラシ!
なんてカワイイんでしょ。

今までの松崎作品でびびっていたお嬢様方にぜひぜひオススメしたい一品です。

そしてちょいちょい男性向け商業誌の裏事情などを折り込んで書かれてるあとがきも面白い。

でも先生は今はそちらの商業誌の執筆でお忙しいかな?
ガチムチはもちろんBLもぜひお願いしたいです。

やっぱりエロが好き

神に限りなく近い萌x2です。

しかし独創的だなぁ。
この島の元ネタってあるのかな?
似たような島があるのかな?
でもそんな事はいいや、本当に良作でした。

ただ、近年の私は
「BLったってねー、エロ書きゃウケると思うなよ、いくら急所をバンバンと出されたってコチトラ、ピクリともしねーや。最近の若いもんはどうも誤解してやしねーか?」
と常々思ってたんですが、本作は違った。
もっともっと、島に辿り着く物理的な距離、心の距離と同じくらいエロじゃないな、交合シーンをねっとりと長ーいページ数が欲しかったなぁ。

結局はマニのあんな姿やこんな姿、そして感じちゃってる姿がみたいだけだけど。
だってあんなガチムチマニが色っぽく見えて見えて。
そりゃもっと見たいよ。
書き下ろしかなんかでエロくれよ。

うん、やっぱりあれだな、私はやっぱりエロ好きだ。

これが短編の面白さ!

実は表題作の「濡れて藪蛇」だけに"神"を差し上げたい。
短編でこれほどいいな!と思わされた作品は久々です。
この先生の絵とぴったりのストーリー。
そしてこの終わり方も本当に良かった。
雰囲気でいうと「囀る鳥は羽ばたかない」と同じ空気かな。

短編って本当に終わり方が難しくないですか?と読了後に誰ともなしにいつもつぶやいちゃう事おおくて。

「腹が立つほど尻切れとんぼだよ」とか、
「あとは読者の皆さんのご想像にお任せしますを乱発し過ぎ」とか、
「もうちょっとページ数が欲しい。え、でも短編とわかってるんなら失礼な話、お上手な先生はキッチリまとめてこられるよね?」
などなど、

本作はこのストーリーの危うさにぴったりの終わり方でした。
「この後どうなるの?」
「いやいや、この2人はこんな感じでやっていって欲しい」
ご想像にがっつりお任せさせられました!変な日本語ですが。

なので単行本の最大の楽しみである書き下ろしが本気で要らない、読みたくなかった、の域まで達してしまいました。
ゴメンナサイ、サービスで描いてくださってるのにね。

あと要らないと思ったのは
「そしてダメになる」に収録の「壊れたアクアリウム」のその後ですかね。
先生は少し書き足りないと思われたのかな?
確かに前作は少しものたりなかったけどさりとてもう一回掲載するほどでもなぁというのが本音です。

同じく「そしてダメになる」の戦場カメラマンのスピンオフ「眠れない夜はため息」は面白かったのです。
ただ、硬派な職場だけに「こちらにもゲイあちらにもゲイ」が気になってしまいました。
そんな事言ったたらBLを楽しむ資格ないですけど。

あとの2作品は好きですが、表題作が良過ぎて霞んでしまったかな。