……中に出して、いいんですよね……

なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど

nanka inma ni tsuskarechattandesukedo

なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神42
  • 萌×235
  • 萌27
  • 中立11
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
36
得点
442
評価数
122
平均
3.8 / 5
神率
34.4%
著者
松雪奈々 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高城たくみ 
媒体
BL小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
シリーズ
なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576110356

あらすじ

ある日、淫魔に憑かれてしまった美和。三日にあげず同性と性行為に及ばなければ、死んでしまうと脅され、選んだのは…。
年下イケメン×ノンケ中年+オヤジ妖精?

ある夜、美和の前に突如現れた身の丈十センチほどのオヤジ顔の生き物。自らを妖精と称するそのオヤジは三日以内に男と性交しなければ死んでしまうと言うのだが…。妖精? 淫魔? え、どっち? てか、俺が男に抱かれる!? しかも中出し必須だと!? オヤジのたわ言と完全に無視を決め込む美和だったが、精気を吸い取られて体の不調は明らか。その上あろうことか部下の渡瀬にときめきを覚え、体が熱く反応してしまい…!? エロ大増量+書き下ろしつき!
(出版社より)

表題作なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど

男前で入社4年目の研究員27歳 渡瀬透真
妖精のせいで男と寝る研究所室長38歳 美和孝博

その他の収録作品

  • 俺の名前を知っていますか
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数36

エロリック

や、文句なしに面白かった(´∀`∩
タイトルもタイトルながら、この見出しww
たまに拝見する感想サイトさんで取り上げられておりまして、なんぞこの設定!!!?
思わず読みたい衝動がウズウズ。
こういう突飛な設定ってなんかすごく萌えます。
今作のかわいい受はなんと37歳独身のノンケ。
そんなしがない研究員の彼が、なんと淫魔に取り憑かれてしまう。
しかも、3日以内に男性に抱かれ、あまつさえ生で中出しされなければ死んでしまう・・?!ちょっwどんだけ人をおちょくればってなお話なのであります。
正味、淫魔に取り付かれて、性の虜にされてしまう作品はよくあるのですが、淫魔に取り付かれたがために、男を捜さなければいけないという設定は珍しいなと思いました。しかも取り付いた淫魔が小さいオッサンとかw
どないやねんっ( ´∀`)ゲラゲラ
あまつさえ、3日に1度は最低限性を補給(つまり抱かれ)しなければならないとか。「~してやんよ」とばかりに余計なお世話をやき、無駄な労力つかったあげく、しっぺ返しが受にモロとかwww
面白かったです。ただ、ちょっと期待値が高すぎてコミカルという部分ではもうひとつハードルクリアできなかったかなというのが残念ではある。

恋愛面に関して。
この描写が実はうまいな~と思ったのでした。
受の視点から描かれているわけですが、この受。もともとはノンケ。
男に抱かれるなんてよもや嫌悪でしかなかったのだが、部下でもある攻の匂いにクラっと。そしていつしか惹かれ、ほだされていくというお話。
攻がグイグイアピールしているわけではないのだが、あれ?おかしいぞ・・・ドキっな場面。
引き込まれました。
もともと、受のことがスキなんだろうな~な匂いは最初からぷんぷんの攻でしたが、最後の暴走。
受を犯しながら、はぁはぁしながらの「好き」の連呼。
これはズキュンwストライクでした。
こーいうのスキっwガマンの限界こえて暴走しちゃう攻スキです。
ラストには攻視点でのエピソード。これもなかなか。

濡れ場。
なんだかんだでやっぱりエロスは大事!
というわけで、エロスなお話。これがまたウマイんだ。
淫魔(オヤジ)のおかげ(?)で感度が良好になりすぎた 受は、はじめてなのにもかかわらず乱れてしまう。
あまりの快楽に、欲望のまま求める~から始まり、3日に1度が2日に1度になり、あまつさえ~な展開ウマ。
場所がバラエティに富んでいるのもオイシイ部分ではあるのですが、個人的には、ねちっこく何度も繰り返されるこの長くて濃厚な描き方がすごくスキでした。や、うん。1回出したらサッパリありがとうっ!
じゃ物足りないのだよ(゚д゚)カッ
淫乱でかわいい中年受。若い雄を振りまきながらもワンコな攻。
なんとも読み心地のよい一作でした。
そのくせ「生で中に出してくれる男を紹介してくれ」とか卑猥な言葉をはいちゃうんだからスバラシイとおもうのです。

3

まず、設定から笑えました。

妖精?しかも精気(男限定で!)を食らっている?
極めつけは、赤い腹巻をしたひげ面のおやじ?
美和が困惑しまくったのは当然でしょう(笑)

結局、部下の渡瀬が美和の異変に気付いた事がきっかけで
助けてくれる事になるんですが、
渡瀬は実は前からずっと美和に片思いしてたんですね。
最初は、美和を抱けるだけでもいいと思ってた渡瀬が、
だんだんその関係が辛くなってくる・・・
そして美和に捨てられたと勘違いしてとった行動。
渡瀬の気持ちが切なかったです。

しかし、お話は至ってコミカルで笑いどころ満載!
淫魔のフェロモン魔法の影響で美和が男達に迫られまくったり、
それを渡瀬が必死に阻止したり。

そして、おやじ妖精から解放され渡瀬との契約が終った後で、
美和は初めて自分の気持ちに気付きます。
お話の最初と最後にミモザの大樹のシーンがありますが、
美和の切ない気持が美しく表現されていて、本当に好きな場面です。
このシーンがあったので「神」評価にしました。

3

淫魔さまありがとう

ドエロイおやじ受け、死ぬ程愛してます。

……というのが最近の私の心の内であり、この本の率直な感想でもあります。
同じオヤジでも淫魔は私の守備範囲外でした、今回は(笑)

こちらでオススメして頂いた作品の1つがこの小説でした。
タイトルはどこかで拝見した事があって、面白いタイトルだなーと気になっていた内の1冊。
……と思って居たら、昨年のBLアワード3位でしたか!レビュー数も凄い。
すぐさま手に取り、頁を捲る手がすすむすすむ。


上にも記した通り、最近、どうやらオヤジスキーが半端なく進んでいた模様。
表紙の主人公と思われる男を見た途端、「これは…ヤバイ」と生唾を飲んだ私。
ふぁんたじーでふぁんたすてぃっく(笑)なお話を心から好むかと言われればそうではない自分ですが、淫魔のご都合主義な言い分や展開がまぁ何とも馬鹿らしく(褒めてます)面白かった。
「中だしして貰わなくちゃいけない」とか…もう受け決定なんですか最高です(笑)

また、オヤジ・美和の相手役となる、部下で男を抱いた経験のある、実は入社以来美和にベタボレだった渡瀬は、美和よりエライ年下でそしてもう獣臭漂う漂う。
私の脳内はエライこった祭り大開催でした。


淫魔の手(魔法)により、美和は色気ダダ漏れにされてしまうので、所構わず男に狙われまくります。
それをとにもかくにも心配してならない渡瀬なんですが、叶わないと思って居た恋心がズクズクと蠢いている訳ですから、もう自分でも止まらなくなるのでしょうね。
嫉妬も凄いし、きっと毎日でも美和を抱きたくて仕方ない。
その上、淫魔のせいとは言え、美和は男性経験初めての時から感じまくりのよがりまくり(笑)だから、尚更気持ちを抑えられなくなります。
最初は抱けるだけでも夢のようだった筈が、心も欲しくなる。
けれど、美和は「好きな人は居ない」と言う。

…あれ?
オヤジスキーで私の中での美和愛が強かった筈が、渡瀬に肩入れしている事に気付きました(笑)

男なら誰でもいい、兎に角この淫魔から解放されなければ!
と思って渡瀬に抱かれる事にした美和。
病気も持ってない、男を抱ける、更に中出ししてくれればそれで良かった筈。
……なのに。
美和が同期に抱かれている所を目撃されて、美和としては「又お仕置きされる」位にしか感じなかった。
けれど、いつまで経っても連絡は来ないし何も言ってこない。寧ろ素っ気ない。
そこから、「あれもしかして俺…」と気付くんですよね。
王道っちゃ王道?先が読める?
いやいやでも美和、オヤジだし!そんな恋心に気付いちゃった御頭は黙っていません!
淫魔も居なくなって抱かれずに済むけれど、渡瀬の気持ちは手放したくない。
そんな美和は、しっかりと渡瀬に気持ちを伝えてハッピーエンド。

描き下ろしの渡瀬目線のお話も最高に良かったー♪
渡瀬、もう肉食獣の香りしかしない(笑) 寧ろ自分のおかげで(せいで?)色気ダダ漏れ御頭が愛しくて仕方ない。
何年越しの恋だったのでしょう。渡瀬おめでとう。淫乱オヤジになってて良かったね(笑)


こちらの作品はシリーズ化されているのですね!
是非読みたいと思います♪

3

あり得ないからこそ面白い

淫魔に取り憑かれると言う設定は割合あるのだけれども、ノンケのくせに取り憑かれて、どうしても男とHしなきゃ死んじゃうかも!と言うのは、私的に初めての設定でした。何が面白いと言えば、ノンケで研究一筋のあと一歩で40男が、淫魔にたまたま取り憑かれた為に、大騒ぎになってしまうと言うところ。その淫魔は男専用で、男の性を吸収しなくては消滅(取り憑かれた人間諸共)してしまうと言うとんでも無く迷惑千万な妖怪(?)生出しして貰わなければダメなので1日で男を見つけなくてはならなかった主人公は、男前で女にモテモテの部下に「ゲイの友人を紹介しろ」と迫ります。

話としてはテンポが良いですね。そして主人公の苦悩ぶりがまたいい。そして攻めの健気さが拍車をかけて、主人公の色気の無い男っぽい態度も自然ですんなり頭に入ってきます。これはなかなかの秀逸作品と思ってしまいました。

しかも淫魔が「小さいおじさん」なので余計にコミカル。
「さっさと口説け!」と脳内で催促しまくり(笑)文句を垂れながらも淫魔の妖力で男が磁石に吸い寄せられるかのように主人公に迫り、それをなんとか阻止しようと攻めは必至で攻防してるのが可愛いです。

2

攻も受もキャラ良すぎです

トンデモ設定が面白そう!と思っていつつ、正直オヤジ受けは得意ではないので避けていましたが、避けていたのを大後悔です…
でも続編やCD発売の直前に読めたのでかえって良かったのかも。

受の美和は女には縁が無いものの見た目は良い方で、仕事も室長という地位で部下にも慕われて…という感じす。
そんな美和に話の途中で淫魔(と言ってもオヤジ妖精)が魔法を掛けたせいでフェロモン出まくりで男にモテまくりです。
攻の渡瀬(モテまくりのイケメンだが恋人無し)は魔法に関係なく昔から美和を好きでしたが。
もしも「冴えないオヤジが淫魔の魔法のせいで男にモテまくり~」いう展開なら、個人的に神評価は有り得ないどころか手にも取らなかったです。
元々の美和が割とスペック高め(だと自分は思う)と言うのが良いのです。
あとこの受に関してはオヤジ受け、というのがプラスになっていると思います。
淫魔がオヤジ妖精(復活後は美青年)というのも面白くてポイント高いです。

あと、攻の渡瀬が男前ですが健気で健気で…
思いが通じる前の、誤解から無理矢理美和を抱いている時の渡瀬から美和への「好きだ」連呼にぐっと来ました。
本編終了後の渡瀬視点の話のラブラブっぷりも良かったです。

美和も渡瀬も良いキャラですし、周りも嫌なキャラはいませんし、ストレス無く読めました。

続編が楽しみです!

2

ナイスおやじ

今更レビューとなってしまいましたが、
続編が出るということもあり、レビューを書かせていただきます。

淫魔にとりつかれてしまったため、3日に1回は
エチをしなきゃいけない状況に追い込まれた、
御頭的性格の研究者の美和。
そして、その美和を好きだった、部下の渡瀬。

この物語、何がいいかって、美和が素敵☆
おやじ受好き~には、たまりません。

そして、続編では、名前が出ただけであまり触れられてなかった
キャラが出てくるようです。気になってたんですよね!わくわくです。

2

愛すべきオヤジ!

オヤジ顔の妖精に憑かれる!?しかも3日以内に男と性交しなきゃ死ぬ…!?
なんだそのトンデモ設定はー!絶対面白いに決まってる!と
読む前から面白そうな匂いがプンプンしていた今作ですが、期待以上に面白かったです!
明るくて、とても読みやすかったです。

飽きさせない展開でぐいぐい惹き込ませてくれ、登場するキャラ達も個性に溢れ、
この作品に見事にハマってしまったため、続編もドラマCDも即!予約しました。
今から楽しみですな~。

38歳独身で、繊細そうで結構なイケメンなのに、口の悪さから彼女もいなく、
仕事の部下たちから『御頭』と慕われている受け・美和と、
27歳で入社4年目になる和風男前で、女子からも大人気な攻め・渡瀬。

謎の妖精に憑かれ、精気が足りないからもう今日中には男に抱かれないと死ぬ…!という
ところで、部下である渡瀬に美和は抱かれることになるのですが、渡瀬の隠せてない
がっつき具合が萌え!でして~!魔法をかけられたことも加わって、乱れてしまう美和も
とんでもなく可愛いのです!

そこから男を魅了するフェロモン効果によって、美和はいろんな男たちから
セクハラされまくるのですが、美和が天然というか鈍感で!
スーパーで買い物中、怪しい男に狙われても『あ~。やっぱスリか』で片づけ、
いろんな男たちから美和を守る渡瀬がその鈍感っぷりに翻弄される様が、
胸きゅんなのです!

一途に一途に美和を想う渡瀬が『お仕置き』と暴走したり、
読んでいるこっちからはもうバレバレな片思い具合にきゅん!です。

書き下ろしの『俺の名前を知っていますか』は、渡瀬視点のお話で、
美和が初めて『透真』と呼んだり、美和が無自覚にとっても可愛い発言を
してくれちゃったり…読み応えたっぷりです。

愛すべきカップルで、とっても素敵な作品でした!
続編も楽しみです。

2

好評価に納得

好評価といえど、自分も好きか分からないので
オヤジの淫魔がひっかかって読めずにいた作品でした。
が、読んでよかったーー続きも読みたい!

オヤジ淫魔がいい味出してるのは間違いないのですが
38歳の美和がかわいすぎる点、オヤジに萌る日が来るとは!
3日に1度は中出ししないと精気を吸い取られ死ぬ設定の為
エロは多め。悪くないです(笑)

オヤジ淫魔のキャラ通りのイラストで合っていたと思います。
美和はカラーはいいんですが、38歳より5歳くらい老けてみえる気がします。
脇キャラ(橋詰や星、山崎、大豆生田、篠澤)のイラストもあると良かったなぁと
少し残念だったかな。


2

精を食らうあやかし

夜中にふと眼を覚ますと、枕元に小さなオヤジが座っている・・・
誰でも夢だと思うでしょう。
小人のオヤジの正体は、自称妖精の淫魔。
うっかり女に捕まり精気を失った為、たまたま通りかかった美和に盗り憑いたらしい。
三日以内に男と性交しないと、命は無いとそのオヤジ妖精は言う。
美和が信じなかったのは当然でしょう。私だったら絶対信じない(笑)

それでも、間違いなく体に異変は起きていて、
  満開のミモザの大樹を見上げる渡瀬に目を奪われる。
  めまいがするほどの体調不良。
  揚句、支えてくれた渡瀬の体臭に欲情する・・・
結局美和は、オヤジ妖精の存在を認めざるを得ず、男に抱かれる決心をします。

実は、渡瀬は入社当時から美和が好きで、いち早く美和の異変に気付いていました。
そして、ゲイでもないのに男に抱かれると言う美和を、
不審に思いながらも詳しい事情は聞かずに、抱いてくれます。

その後、オヤジ妖精の男を惹きつける魔法のせいで、
あちこちで男に襲われそうになる美和を、必死で守る渡瀬。健気です・・・
そして美和の家の台所で二人で食事の支度をしながら、
「どんな理由でも、あなたを抱ける、その事実だけで満足しようと思ったけど」
と、これも案外きついと切ない本心をほんの少し滲ませます。

とにかく、渡瀬が一途で、可哀そうになってくる。
そして美和も、オヤジ妖精が去った後で、やっと自分の気持に気付きます。
関係を続ける必要が無くなり、その事実を告げるとあっさりと引き下がった渡瀬。
実は渡瀬は美和と橋詰がつきあうことになったと勘違いしていたのですが、
それを知らない美和は、渡瀬もオヤジ妖精の魔法の影響で
自分に好意を持ってくれていただけだったと、落ち込みます。

仕事帰りに、ミモザの大樹を見て渡瀬に想いを馳せる場面は、切なく美しいです。
どれだけ自分が渡瀬を好きだったのか、
無くしてようやく気付いた美和の悲しみが痛々しいです。

その後、思いつめた渡瀬が強引に美和を抱きながら、積年の思いを告白。
欲しかった言葉を聞けて、犯されながらも喜びの涙を流す美和。
やっとお互いの気持が通じ合います。
この告白シーンは良かった~!「神」ですよ!

全編通してエッチは濃いめですが、
笑いあり、切なさありで、すごく面白かったです。

2

巷で噂のちっさいおっさんは淫魔なんか!?

タイトル買いです。
淫魔がちっさいおっさんとか読まずにはおれんですよ。
妖精とかぬかしながらかなりの鬼畜おっさんです。
かなり怖い(笑)渡瀬の精子じゃ足りずそこらへんの男にフェロモンふりまく魔法なんぞかけたもんだからさー大変。

渡瀬以外とはする気になれないのに、淫魔の魔法で体の自由を奪われ強姦されかけるわ、渡瀬にはお仕置きされるわ(笑)
受けがあと少しで40歳近いとかもーおっさんすきーには溜まりません。
書き下ろしのラブラブな二人の前に懲りずに現れる淫魔(笑)なんてやっかいなおっさんなんだ、、、。

切なくてキュンキュンさせられました。
渡瀬の虎視眈々なわりに早とちりで可愛い攻めワンコ♪
淫魔のおかげでむすばれたけど淫魔のせいで美和がほかの男にやられちゃうんで今後この二人にかなり注目です。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ