machucomさんのマイページ

レビューした作品

女性machucomさん

レビュー数2

ポイント数20

今年度319位

通算--位

  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

大好きです

誰だって愛情を期待したりすることはあるのに、積もり積もった塊はそう簡単には取り除けない。だから宗一は嫉妬を口に出せず、拒絶することで自分を守ったんだね。だけど楽がいないとダメなところまでもう来ちゃってたんだよね(泣)

一方で楽は楽で大切な人と一緒にいるために普通であろうと頑張るのに上手くいかない。その姿が健気で…横に宗ちゃんはいないのに…たまらない気持ちになる心潰されそうになる。救いはやっぱり家族だったり友人だったり周りの人なんだよな。おじいちゃんおばあちゃん、そしておかあさん。ありがと(泣)

最後、2人とも自分の心に素直になって壁を乗り越えて一緒になるところは大粒の涙で溢れたよ。宗ちゃんも楽も笑ってくれて良かった。

この作品。なにか自分の奥底の気持ちを、日常上手くいかない気持ちを、抉りながらも昇華してくれた。そんな読後です。

性癖にぶち刺さりました

始まり方がかっこいい。3Pとか女混じえてとか好きなので本当に有難いです。

でもこの2人さわやかに実は両片想いになってるのが更に最高。攻めの赤西のゲロ甘声。受けの諒の頑なな様子。過去から現在の自分に向き合った二人。

やっと両想いになって甘くて激しいSEXは耳に良かった。諒はあんなに女抱いてた男なのか?って思うほど淫らな声で最高としか言いようがなかったです。

キャストトークで知りましたが、配役がそんなことになってるとは...聴き返して確認せねば。

一生で1番好きなボーイズラブ

この作品が好きすぎて連載から読んでました。もはや愛しています。1冊の本となって世に出たこと大変喜ばしいです。

※好きすぎて頭悪い感想です。

何度も読み返していますが、今回のポイントは「キス」だと思っています。

第1話は、高校3年まで遠恋だった2人が再会して喜んでるキスですね。渉くんが死ぬほどかわいい。

第2話は、キスと呼んでいいのかは定かではありませんが、千晴くんが渉くんの項に唇を寄せています。前に進みそうな予感がするキスです。

第3話は、千晴くんが大学の友だちである秋吉くんとの会話を思い出して渉くんの手の甲へキスします。たぶん『君は夏のなか』のときに、ぶっとばしてくれたことへの感謝を含んでるのかなと思いました。光景は千晴くんが王子様に見えますね。渉くんの手がプリンセスかなと思うほど。

第4話は、流れるように千晴くんが渉くんにキス。キスがイケメン。そのあと渉くんの首元に触ったり唇寄せたりイチャイチャしてたら事故床ドンになり、千晴くんが渉くんへ覆うような形になるのでシーンとしてめちゃくちゃドキドキしますが、デコチューに留めます。その留め方やその後のシーンで、千晴くんが欲をめちゃくちゃ我慢してるのがよく分かって、最高。

そして最終話。まさか見られるとは思ってなかった渉くんの嫉妬!ここだけでごちそうさまだったのに、まぁそんなかわいい渉くん見たら千晴くんだってさっき留めた欲、抑えきれないんですよ。渉くん曰く「なんか入ってきた」キスですね。そしてこの後...最後まではしませんでしたがベッドシーンです。ありがとうございます。

そして何より小冊子。ごちそうさまです。渉くんからのキスがテーマです。かわいい。そして千晴くんの雄顔。ありがとうございます。

ここまでキスのことを語ってきましたが、それでも1番好きなシーンはプロポーズ...はいいすぎかもしれないけど、言い過ぎではないシーンですね。「頑張るから渉が繋いでくれた手離さずにいられるように」と千晴くんが言って、「...うん頑張れ千晴」って返すシーン。「一生」って言葉が見えるんですよね。いわゆる「エンダァァァァァァァァァァァァァイヤァァァァァァァァ」でした。

ただ今まで出てきた設定などからこのあとの2人を妄想したところ、まだ障害などありそうですが、2人なら大丈夫。末永く幸せになって欲しいです。

古矢渚先生、ありがとうございました。

性癖か地雷か

『インモラル・セックス』に収録されていた読み切りがたまらなく好きで、まさかこうして1冊の本になるとは思いませんでした!めちゃくちゃ嬉しい!

しかも読み切りの時には分かりずらかった受けに対する攻めの感情がコミックスではすごくよく分かり、特に執着とそれゆえの苦しみと。それがゾクゾクすると共に、エンディングに行くほど甘くも感じました。

先に言いましたが『インモラル・セックス』に収録されてたものは、0話として途中に入ってますが、これは人によって性癖もしくは地雷のどちらかになると思います。私は性癖です。待ってました。ありがとうございます。大好きです。攻め×受け×女性。もっと見たいですが、地雷の方が多いのかなと思うので難しいと思いますし、ここまでうまく状況を生み出せる先生も少ないのではと思います。キョウコ先生ならではかと。

私的には大変嬉しい作品です!性癖にハマれば楽しい作品だと思います。

gateau 2019年 5月号 コミック

君と夏のなか 第4話

思わず感想を書かずにはいられないほど、古矢渚先生の『君と夏のなか』第4話が素晴らしすぎました。

今まで気になってたことや叶うならば見たかった光景が詰まってました♡

まずは渉くんが友人であるぐっちこと関口くんに、千晴くんと会っているということを今更ながら話します。その時の関口くんの反応がとても良かったです。友達っていいなって。「名誉眼鏡決定」です。笑

次は千晴くんのお家でのいちゃいちゃ。というか、千晴くんからのいちゃいちゃ。第3話のラストシーンから会いたくて仕方なかった思いとか、愛しさとか全部ちゃんと伝えるようになってる千晴くんは怖いもの無しのイケメンです。首元へのマーキング、床ドンからのデコチュー最高です。でも実はそこまでで耐えた千晴くんがいるのも事実です...渉くんの気持ち尊重してるのが尊い...。

そしてそんな雰囲気の中、花火大会に行くのですが、今度は渉くんのうっかりさと秋吉くんがいい働きをします。そうここからが今回のイチオシシーンです。渉くんって、千晴くんの渉くんへの揺るぎない想いをしっかり受け止めているので、嫉妬心は今までなかったのに。まさか秋吉くんのたった一つの言葉で、あんなにも揺れるなんて...元気なくしてしまう渉くんが愛おしすぎました。そして、そんな自分の感情に疑問を持つや否や千晴くんの背中に向かって「○○」と口にする渉くん...それにびっくりする千晴くん...

というところで、終わりです。

もう第5話が楽しみで仕方ありません!渉くんが元気なくなったことやその言葉を口にした理由を千晴くんが聞いてしまったら、これはまさかの展開が待ち受けてるのでは?と思わずにいられません。というか、見たい。笑

お尻もいいが八重歯もいい

松吉アコ先生の昔からのファンです!
今作も大好きです♡

タイトルにもあるスーパーダーリン。途中までは、受けの修平くんスーパーダーリンの意味、微妙に捉え違えてるよな...って思ってたんですが、最後まで読むと攻めの一颯さん、スーパーダーリンでした!
田舎だからと自分の性癖隠して健気に家族のため農業に従事してる修平くんを、そんな状況から開放してあげるのは、スーパーダーリンでした♡「二人なら怖くねーだろ」♡かっこよかったです!


あと私的萌えシーンは2つあります。
1つは...立っていっちゃった修平くんの脚の間にビール缶を置いて、缶で修平くんの垂れた精液を受け止めるところです♡それ使ってそのあとえっちするの最高にきました!

もう1つは...修平くん八重歯かわいいんです。一颯さんも修平くんが笑顔になると見える八重歯が好きで、外で立ちバックしてるときに修平くんの首を振り向かせて舌でその八重歯をなぞるシーンがあって...

とにかく一見爽やかな攻めの一颯さんがわりかし爽やかにヘンタイなので、エロ読んでるはずなのに爽やかな読後感です♡

健気好きや、爽やかエロが好きな人にはぜひ読んで欲しいです!

山本くん無自覚

連載中から拝読してました!
元々重い実先生は好み分かれるとは思いますが、私は中でもさらに好きな作品です。

細かいところの萌は他の方が仰ってる通りです♡

私が1番ビックリ萌えしたのは、受けの山本くんが本人無自覚に男女問わずモテまくり...特に男から自然とアプローチされてることです!
あとたぶん幼馴染みのタケちゃん...山本くんのこと絆してスマタしたんだろうな...ダチはみんなやるって...あー怖い怖い...。
小林くんがいなかったらどっかの誰かに無自覚に食われてたのでは?と思ってしまいます。

もう1つは小林くんのを最後まで入れたのが、最初だけだったってことです!その時に起きたことが山本くんかわいすぎて~潮吹き最高です♡

連載最終話の終わり方は意外と呆気なかったので、描き下ろしがあったのが本当に嬉しかったです!

独特な世界観でただひたすら平和なエロを読める貴重な作品です。大好きです♡

大好き♡

コウキ。先生の大ファンです。

すごい!コウキ。先生のコミックスの世界をまるっと表現してて、アヒルくんかわいいし、王子先生かっこいいし...♡田丸さんが太ってる時と痩せてる時の声色使い分けがさすがでした!

そして何よりとても感動して泣きました。BGMもいいのです!
キャストトークで田丸さんもお話されてた、「王子様だってずっと王子を待っていた」という作品で出てくる言葉。これが一番表れてて、やっぱりコウキ。先生の作品は最高に素敵です。お伽噺のようでそれでは終わらない。でも超絶ハッピーエンド♡

そして何よりえっちが1から最後まで入ってて...しかもラストと特典が一年後ってのが...しかもしかも特典の方は意地悪モードの先生だし...蓮くん超えっちでかわいかったです♡

大切なCDになりました。