愛しのXLサイズ

itoshi no XLsize

愛しのXLサイズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神285
  • 萌×2140
  • 萌50
  • 中立25
  • しゅみじゃない22

--

レビュー数
51
得点
2160
評価数
522
平均
4.2 / 5
神率
54.6%
著者
重い実 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
ISBN
9784758079068

あらすじ

二十歳になった山本蒼は人生初の彼女を作るため、
いかにも飲みサーらしい日本酒研究会に入部する。
しかし、実態はお酒マニアの男が集うガチなサークルで、
講習会でただただ酔っ払った山本は気づくとイケメンの家で寝ていた。
山本を介抱してくれたイケメン・小林は稀代のモテ男なのだが
アナコンダ級の巨根が原因で未だに童貞だと言う。
そんな小林に同情した山本は――。

表題作愛しのXLサイズ

小林 哲也(20歳・大学生・酒造の息子)
山本 蒼(20歳・大学生)

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数51

ほっこり

評価を見て思ったんですがかなり賛否両論分かれてますね。私はどちらかというと好きでした。誰も嫌な思いをしないこんな微笑ましいBLは重い実先生しか描けませんね!

まず、ギャグが面白い!アナ小ン林くんのところめっちゃ好きでした。笑

山本くんは男女に共にモテるそうですが確かにこの可愛さと包容力は癒しでしかないし惚れるな〜って感じの凄く良い子でした。

一方小林くんは巨根のせいで今までの恋人とも上手くいかず、童貞だったものの、酔った勢いで山本くんで卒業してしまいます。最初は誰にでも優しい完璧イケメンかと思ったんですが、山本と連絡先を交換している人に嫉妬したりと、山本くんの事になると余裕が無くなってしまうのが可愛かったです。

0

アナコンダって(笑)

アナコンダの様な巨根を持ったせいで未だに童貞の小林くんと、飲みサーだと勘違いして入った日本酒研究会で泥酔してしまった山本くん。そんな山本くんを介抱し家に連れて帰った小林くんだが、童貞理由がアナコンダである事を明かすと、同情から山本くんが自分で試そうと。。。

最初は同情でも、徐々に恋になるキュンキュンストーリー。
山本くんが今まで誰にも騙されないで生きてきた事が奇跡だと思えるほど、いい子だという事が段々と分かります。鬱っぽいのを解消するために、太陽光にお尻の穴を当ててる姿が笑える!挙げ句に小林くんに見られるし!
思考が何回転もして、なぜか小林くんの未来の嫁探しまで始めてしまうし、黒髪ロングに取り憑かれているしで、クスッとくるネタがアチラコチラに散らばっていました。最高です。
小林くん目線での回では、小林くんがどれほど山本くんを想っているかも分かります。
ずっと気になっていたのは、アナコンダはどのくらいのサイズなのか?!全部を入れるのを月イチにしなければならない程のサイズ。
ものすごく気になります!!

1

こんなん好きに決まっとるやん・・

タイトルは読み終わった時の第一声です(笑)

重い実先生の作品はシンプルな絵かつ淡々と進むお話が魅力だと思います。タイトルから分かりますが、もう本当そのまんま。そのまんまのお話です。これがすごい。

山本くんは愛すべきおバカというか天然というか。最中には普段の少し大人しい山本くんの姿はどこにもありません。可愛い。

個人的に1番好きだったのは潮を吹いたあと落ち込む?恥ずかしがる?山本くんに放った小林くんの言葉ですね(笑)あれは本当にお腹を抱えて笑いました。

自分は重い実先生の他の作品はしっくりくるものがなかったのですが、この『愛しのXLサイズ』は本当に楽しく読めました。一巻だけお試し読みのつもしでしたがその日のうちに全巻揃えました・・。沼です。素晴らしい沼です!

2

絶妙なバランス

ピュアな恋愛な雰囲気もありながら
ギャグもあり、エロもあり。
こんなバランスが取れててさっくり読めるBLってなかなかないと思います。

山本くんの謎のローカルルールも地味にツボ。というか、ダチならスマタするのなんて当たり前なんだぜ!と、幼馴染のタケちゃんに言われて正直に信じちゃっただけなんでしょうけど(笑)

吹き上がる潮の場面では本当に笑いました。なんてギャグセンスの高いこと。

そして、こんなに笑えるような面白さなのに本人達はいたって真面目なのが良い。
アナコンダだなんだと言っていて、あんなポエムのような可愛らしい終わり方されたら続編も読むしかない!ってなりますよ。
素敵なカップルのお話が読めて良かったです。

1

ツッコむ隙を与えない完成された世界

重い実さんの作品は、レビューが書きにくいと思いませんか。
なぜなら言葉がひとつしか出てこないからです。

「好きだー!!」

で、終わってしまう。

そんなわけで「好きだー!」を何とか言語化できた作品にしかレビューを入れていなかったのですが、やっぱり好きな作品には足跡を残したい。
せめてあのひとの記憶には残っていたいという乙女心。

久々に読み返してみたら、最初のページのアナ小ン林くんがそこまで大きくなかったことに驚きました。
あとのページは外人のようですが、最初のコマの修正サイズがそこまで驚く大きさじゃなかった。

というのは置いておいて。

冷静に考えると、大変失礼ながら重い実さんって群を抜いて絵が上手いわけではない。
洋服を着ているときの体のバランスがおかしいとか、背景の本棚が平面にしか見えないとか、いろいろ思うことはある。
だけどえろすのときの体のバランスは異常に正確。
そしてイケメンはちゃんとイケメンに、かわいこちゃんはちゃんとかわいく見える。
ハッとするほど色っぽい表情があったりする。
不思議です。

どこにハマるかと言ったら、一番は突拍子のない人物設定、2番目は笑いのツボだと思っております。
この作品の山本くんは、下戸なのに彼女欲しさに呑みサーだと思って日本酒研究会に入ってしまう。
女の子の趣味が完全に夢見がち。
「友人同士で素股をする」ことに関して、幼馴染に騙されていたとは微塵も思わないし、好奇心からアナ小ン林を触るのも躊躇しない。
なぜかアナ小ン林を挿れることが自分に課せられた重大な使命みたいに思っちゃう。
しかもふわふわした状態で、毎回パンツを忘れて行っちゃう。
お尻に太陽光線を当てると鬱っぽいものが治ると信じてる。
ズレてます。
このズレが楽しい。

イケメン小林くんが、山本くんを溺愛するあまりに、無意識に過保護になっていくのも良い。
明らかに距離感がおかしいのに、お互いにそこを変だと思わないのも良い。
気持ちを伝え合うときの流れや会話もときめくのにツッコミを入れたくなるのが良い。
城ヶ崎先輩の妹・撫子さんが、軽々と先輩を片腕で担ぐのもよい。

つまりは全部良いんです。
これがツボにがっちりハマった人間の感想です。

ツボにハマると、吹き出しながらもときめくという忙しい状況になるので、小ネタにいちいちツッコむ暇はありません。
ただ笑って、ときめいているうちに終わってしまう。
読み終わった後の充足感、ハンパない。

笑いのツボは人それぞれ。
お笑いネタを説明しても面白くないように、ハマらないひとにはきっと「狙いすぎ」とか「ノリが無理」ってなってしまうと思います。
そうなるとこころに余裕が出来てしまうから、作画の粗も目につきまくってしまうという負の相乗効果が出てしまうかも。

なので購入を検討中の方がいらっしゃったら、ひとつ判断基準を。
「IPP◯Nグランプリ」でバカ◯ズムや若◯の回答が好きな方は、たぶんハマります。

3

安心して読める甘エロな世界

アホエロに続き、エロかわいいお話ですね。
冒頭からぶっこんでくる。

アナ小ン林くんに笑ったww
最初は山本くんは使命感からだったけど、意識し始めて、小林くんも山本くん好き好きになりスムーズにくっついてほくほく。

小林くんが山本くんかわいいかわいいとやさしく触れるのがとても好みです。

アホエロでもそうでしたが、日常を描いているのに、どこか夢見心地な浮遊感があるのは何だろう。
生々しさや悪意や不和を感じることがない。
負の感情を描かず読ませるのすごいですね。

雑音がない、主に2人だけの甘い空間が心地よい。
小ボケ満載なのにツッコミ不在気味なのもおしゃれでおもしろいです。

2

シュールさとエロが同居してる

濡場は6回くる
抜けるエロ。花丸。


最初のエロが早くてスムーズすぎて困惑したが秀逸な台詞回しと予想のつかない展開に引き込まれる。
絵柄も話も独特だと思うがおもしろい。
童貞同士で下調べもせずスムーズに貫通したのも、攻が念願のセックスとはいえ1回抱いただけでほぼ初対面だったのに好きになってしまっていたりしたのも、作風というか独特な展開でそこまで違和感なく読めてしまった。

受が攻への気持ちに葛藤するけど攻も受に対しての執着が同時進行して互いにすれ違ってるようでちゃんと通じあっていくのがたいへん可愛くてよかった。

0

俺んだぞ…っこのアナコンダは…っ

昨年の電子コミック大賞にも輝いた、癖の強さがヤミツキになるラブコメBL。

巨根をめぐる攻防戦が楽しく、声を出して笑っていたら次の瞬間には胸が締め付けられる怒濤のエモーショナルに襲われる……笑いあり、濃厚えろあり、胸キュンありな芳醇で味わい深い日本酒BLでした。そして攻の受へのクソデカ感情が育つとともに芽生える執着にもキュン。
受ちゃんがどこまでもアホの子で無防備で、攻がはらはらしつつその可愛さから目が離せなくなるのがとてもわかる。

3

やっぱり人気作品は面白い!

今更ながら読みました。
評価いいだけあってめちゃめちゃよかったです。えろ多めで、結構お腹いっぱいになるかな?と思いきや、絵がすっきりしてて綺麗なので、くどい感じがせず、読後感が非常によいです。
タイトルと設定からコメディなのかな…?と思いコメディが好きじゃないので読んでなかったんですが、コメディ要素はそんなにないので、よかったです。
軽めの読み心地なので、ものすごく感動した!!とはならないですが、軽いからこそ定期的に読み返したくなりそうな作品です。

1

日本酒研究会に所属する山本くんと小林くんのお話です。

2人の設定やお話しするテンポがとても面白かったです。小林くんのアナコンダは本当に大きくて、必死に受け止める山本くんが可愛かったです。

最初は身体から始まった関係でしたが、だんだん二人が意識しあっていく過程にはキュンキュンしました。
小林くんが山本くんを包み込むように抱くシーン。小林くんの優しさが胸にしみます。山本くんを大切に思っていることが伝わってきました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う