プライベート・リビドー

private libido

プライベート・リビドー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×222
  • 萌16
  • 中立10
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
17
得点
196
評価数
64
平均
3.3 / 5
神率
15.6%
著者
相葉キョウコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784799744277

あらすじ

どうして俺を抱くの?デリバリーホストの優は、紳士だけどドSな客・斎藤さんに片思い中。これが最後…と抱かれた夜、斎藤さんに誘われてなぜか同棲することに!?急展開にときめきまくる優だけど、ミステリアスな斎藤さんにはもうひとつの顔があって――俺を抱くのは愛? それとも…濃厚プレイたっぷりの読切&描き下ろし収録!

表題作プライベート・リビドー

斎藤 健司・紳士でドSな客
北原 優介・普段はタチ専のデリバリーホスト

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下:イラスト・本編の後に読むマンガ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

こじれた復讐愛

小さい頃に近所の仲のイイお兄ちゃんに襲われかけた優は
トラウマが性癖となり
大人になりデリバリーホストとして働いていた。
基本タチの優が唯一ネコになるドS客の斉藤さんに恋をした優は
店が閉店することになり最後のセックスの際に
感極まって告白してしまう。

ドSで変態チックだけど対応は紳士的な斉藤さんがの
「陰」が垣間見えてドキドキでした!!
閉店して住み込みだった優が住むところを無くすので
家に招き入れるも、ペットのように飼ってあげる
なんぞ言いながらも軟禁ムードムンムン♡

優がスマホを持たず散歩に出た際
帰宅したら玄関に座り込んで待ってる斉藤さんには
ゾクゾク♡しちゃいました!

猟奇的な攻めが個人的に大好物なので最高の一冊でした!!

2

性癖か地雷か

『インモラル・セックス』に収録されていた読み切りがたまらなく好きで、まさかこうして1冊の本になるとは思いませんでした!めちゃくちゃ嬉しい!

しかも読み切りの時には分かりずらかった受けに対する攻めの感情がコミックスではすごくよく分かり、特に執着とそれゆえの苦しみと。それがゾクゾクすると共に、エンディングに行くほど甘くも感じました。

先に言いましたが『インモラル・セックス』に収録されてたものは、0話として途中に入ってますが、これは人によって性癖もしくは地雷のどちらかになると思います。私は性癖です。待ってました。ありがとうございます。大好きです。攻め×受け×女性。もっと見たいですが、地雷の方が多いのかなと思うので難しいと思いますし、ここまでうまく状況を生み出せる先生も少ないのではと思います。キョウコ先生ならではかと。

私的には大変嬉しい作品です!性癖にハマれば楽しい作品だと思います。

2

人によっては地雷で、私にとっては好きな性癖。

帯の情報と、絵の綺麗さで買いました。
いざ、読んだら。
優君のドMっぷりと、溺れるように快楽を貰う姿にゾクゾクしました。
そして、執着攻めの斉藤さんは私の好みのタイプでした。
前日譚は、これ以上無いぐらいに最高な3pモノでした。
プロの女性に騎乗位をされて、斉藤さんに攻められて、トロトロに溶けた優君の顔がそそられました。

1

個人的には前半くらいが好きです。

表紙と試し読みでそのまま電子版を購入しました。

デリヘルとお客さんの話です。デリヘルの優はタチ専門ですが、斎藤にだけはネコという…この設定はわたしは好きでした。それで、途中まではかなり自分の好みで、ゾクゾクするようなエロスを感じて…ぐいぐいと読み進めていきました。優の性格も良かったし。ですが…斎藤が子供の優にいたずらした男だった、しかも、最初の描き方では最後までヤラレちゃった雰囲気だったのに、実は違った…という…この辺りがですね、ちょっと腑に落ちなくて、そこからの「好き」って言わない云々があまり入ってこなかったです。すみません。

Room0の女性との絡みは、個人的には全然オッケー、このくらいの斎藤さんのほうがむしろ良かったかも。ほんと、好みは人それぞれですね。

3

ビックリした~~~

ちるちるインタビューで、シリアスダークエロ作品と知り電子購入。
訳ありドS攻めに、デリバリーホスト健気受けが飼われる、
けっこう病み系の怖い展開かと思ってましたが、そこはそれ程でもなく…粘着執着愛でした。

それよりも、4話後にあるRoom.0 二人の前日談でビックリ!
女ありの3P(25Pの内7P)…始まりに注意書きがあるので、地雷であれば回避できます。
けっこうガッツリと描写されていて、玩具(ティ○ガ)使用で始まり、
目隠しの受けが女(プロ)と知らず騎乗位され、あまりの快楽に抗えず3Pを選択。
サンドイッチ状態で快楽に堕ちる受けが、攻めへの背徳感に苛まれている様子がどエロなんですが、
女の描写がハッキリしているのも、BLでは珍しいかも…ビックリしました。

過去にいたずらされたトラウマが性癖となり、デリヘルホストでタチ専をする優ですが、
月一利用の斎藤にだけ受けとなる…。
的確にツボをつき気持ちよくしてくれる、紳士でドSな斎藤にいつしか片想いの優。
店が閉店することで、優が斎藤に飼われる事になることから、二人の関係が変化する。

実は過去に繋がりのある二人、優に囚われていた斎藤が復讐の為に近づいたのが始まりですが、
粘着質な執着攻めの斎藤を、健気な優が大きく包み込んでしまう展開でした。
もっと怖い流れが待っているかと、戦々恐々としていたので、個人的には溺愛変換になり喜びの舞。

一番驚いたのが、女ありの3Pだったと…なくていいんですけどインパクはスゴイですね。

この作品の醍醐味って、優の健気な可愛さと斎藤の葛藤、そして…やっぱりエロでしょう。
もちろん好みはありますが、とにかく、エロ描写がどエロ。
激しい描写という訳ではなく、イケオジ攻めの言葉責めと可愛がりにゾクゾクでした。
病み感のあるお話という前情報で、攻めの出かたが気になる設定ということもあり、
更にゾワゾワしながら読んでいたのも、効果ありだったのかな?

飼われてからは斎藤が優との距離感に葛藤し、気持ちの変化もあってエッチしなくなるんですが、
1か月の禁欲生活後のエロもいいですが、迎えた朝の二人、拗らせた斎藤が何だか可愛く見える。
今後の溺愛執着ドS攻めがもっと見たかった!
前日談よりも、あまあま後日談がもっと欲しかったです…。

それでも、この作品は攻め受け共に大好きなカップリング、もっと見たい。

※シーモア:修正は棒は発光か白抜きで、ゴムと穴は短冊です。

2

賛否両論なのでは?

がっつりネタバレです。

イケオジだー!しかも粘着系?最高やん、買お。と思って読み進めていくうちに、女性との3pのところでインモラル・セックスに収録されていたことに気がつきました。あ、ここ読んだことある、と。

3pのところは女性が道具の一部みたいな感じで別に気にならなかったし、優君良かったねぇ程度だったんだけど、斎藤さんが昔優君をいたずらしてた人で、偶然見つけたという設定よりは優君が子供のころからずっとストーカーしてたぐらいのガチ粘着系の方が良かったな。。。
好きって言う言わないのところもスルー。。

1番好きなシーンは帰りが遅くなった優君を斎藤さんが玄関でブチ切れて待ってて、本音が出たところ。

1

感想よんでから買えばよかったー・・・

設定はよかったんですが・・・・
デリヘルボーイと粘着系攻めのお話です。

デリヘルボーイは過去に男にイタズラされて、そのトラウマで癖になって
デリヘルしていて、いつもは攻めだけど、月1指名のS客には受けになる。

でまあ、攻めのことが好きなんだけど、
客にはそんなこと言えずのうちにお店がなくなることになって
客に飼われることを提案されて受け入れる。

ですが、飼うというのは建前で、普通の生活したりしてて
なんかこう・・・期待してたぶんガックリきちゃうんですよね。

まあ、案の定攻めはトラウマの原因になった男で、
自分の過去のうっぷんを晴らすために受けに執着していたわけですが
それが恋愛感情にかわって・・・・という
いい意味で期待を裏切らない、悪い意味でひねりがない展開でした。

エピソード0が最後に書かれているんですが、
女ありの3Pで、それ知ってたら買わなかったなあ・・・と思います。
神様ダーリンで絵のうまさは知っていたので、やっぱりとってもお上手です。

作画に関しては☆5、内容が☆2 みたいな感じですかね。

デリヘルボーイが客に飼われる っていうのをあおりにしているなら
その通りの内容にしてくれないと肩透かしくらった感がありますね。

6

性癖を拗らせた結果…

もともとは『インモラル・セックス』の読み切り作品だったそうで、コミックスにそちらも収録されているのですが、女性との3Pの話なのです。
正直、本編を読んだ後に読みたくなかったです…
コミックスにも注意書きがありますので、読まれる方はお気を付けください。
本編では女性との絡みはありません。


リビドーとは…性的衝動の基になるエネルギー。または、あらゆる行動の根底にある心的エネルギーを広くいう語。

ゲイ専門風俗で働く優は、ドSなお客の斎藤に片思い中。
店が閉店することになり、斎藤とも会えなくなると落ち込む優だが、最中に無意識に告白してしまう。
そして、なぜか優の事情を知っている斎藤から同居の申し出があり居候することになるが、斎藤には優を囲うある理由が…

優は小さい頃に近所のお兄さんにイタズラされ、そのトラウマがそのまま性的嗜好になってしまいました。
タチ専の優が唯一抱かれるのが斎藤であり、優を本当に満たしてくれる斎藤の事が好きなんです。
斎藤も優には並々ならぬ執着があり、優の情報を周りから聞き出していたりして怪しげ…と思っていたら、やはり訳ありでした。

以下、盛大にネタバレしますのでご注意を…



昔、優にイタズラしたのが斎藤であり、斎藤もまた性癖を拗らせて女には勃たなくなってしまい、優を恨んでいました。
というか、完全に逆恨みなんですけどね…
被害者は優ですから!

斎藤は、優に無理な要求をして酷くすることで、自分を忘れられないように刻みつけたかった のだといいます。
だけど、優が斎藤に好きだと言ったことで自分の気持ちに気がついてしまったのでしょう。

それでも中々肝心な2文字が言えない斎藤を諦めようとする優だけど、どうしても優を手放せない斎藤…
最後は、優が斎藤の気持ちを汲んでしっかり告白して、ラブラブなHへ。
大人なんだか子どもなんだか分からない斎藤より、優の方がよっぽど大人ですわ。

全体的にHはたくさんしていますが、私はあまり萌えませんでした。
基本的に斎藤の見た目がタイプじゃなかったからかもしれませんが…
登場人物が2人以外にほとんど居らず、結局は最初から最後まで二人の世界…という感じす。

4

人を選ぶ作品

タイトルの通りです。皆さまのレビューはとても参考になるので、ご覧になってからご購入される事を強くお勧めします。

こちらは作家買いですが、ストーリーが全くダメでした。他の方もコメントされている女性登場の場面がどうのということではなく、攻めの斉藤さんの心情の変化に全く共感できずにしんどかったです。斎藤さん自分勝手理論で逆恨みとしか思えず。頭固いマンなので、納得出来ずに終わりました。

絵は神神、ストーリーは趣味じゃない、お楽しみシーンは萌萌で、総括すると中立寄りの萌といったところでしょうか。

3

性癖は十人十色

初読み作家さまでした。
試し読みを読み、怪しい雰囲気に惹かれて購入。
絵が綺麗で、ふとしたシーンの目線の描き方がとても色気があって素敵だなと思いました。


年上Sっ気のある客の斎藤×タチ専門デリバリーホスト・優の組み合わせ。

幼い頃に近所のお兄さんから性的にいたずらをされそうになった優は、トラウマがそのまま性的嗜好になりゲイに。
学歴も職歴もないままゲイ専門風俗店でデリバリーホストとして住み込みで働いています。
普段はタチが専門の優ですが、顧客である斎藤だけは特別。
彼の前でだけはネコになります。
過去にいたずらをされそうになった時に無理やり押さえつけられた記憶から、やや嗜虐的な性癖を持っている優のツボを突くSなプレイを毎回してくれて、なおかつ紳士な斎藤の事をいつのまにか好きになってしまっていたのでした。
そんなある日、勤務先の店が閉店する事となり、家も職も無くなり行き場がなくなってしまいます。
斎藤に抱かれる最後の日、思わず告白をしてしまった優。
優が妹に仕送りをしている事や、店が閉店になり行き先がない事等を何故か知っている斎藤から「僕に飼われる?」と言われ、欲望に負けて同居する事になり…というお話です。

皆さん仰っていますが、前半はすごく面白かったんです。
飼うと言っていたのに、思っていたよりも優しげで抱いて来ない斎藤に戸惑ったり、プライベートな姿を見てときめいている可愛らしい優や、優しげな態度をとったかと思いきや、電話を忘れて出掛けた優を「勝手に出て行った」と勘違いをして怒り、それまで抱かなかったのが嘘のように強く抱く斎藤の描写など、これからこの2人はどうなるんだろうとワクワクしました。

が、斎藤の過去話が出て来た辺りから雲行きが…
幼かった優にいたずらをした「お兄さん」は斎藤だったことが判明するのですが、優のせいで女性に勃たなくなり、優以外を抱けなくなってしまったから復讐しようと思っていたと言う斎藤にも疑問しかわかないですし、それを聞いた上で「今の斎藤さんが好き」となってしまう被害者である優も良くわかりません。
妹の為にとお金を稼いだり、頑張り屋の優が何故こんな目に遭うのだろうと思ってしまいました…
色々と拗らせた年上男性を年下の男の子が救済するお話だったのでしょうか。
余裕のありそうだった年上が本当はそうでもなくて、段々と年下に弱い部分を沢山見せる攻めと、それを包み込む優しい受けという組み合わせがお好きな方にはグッと来るかもしれません。

番外編という形で収録されている後日談は、女性を絡めての3P描写があり驚きました。
事前情報が全くない状態で読んでいたので、もっとさらっとした感じに描かれているのかと思いきや、結構がっつりと3Pです。
こちらは苦手な方が多そうかなと思います。
受けが男女関係なく攻められ、快感でぐずぐずになっている描写がお好きな方はハマるかも…?
ちゃんと注意書きもありますので、ダメそうな方はroom5まで飛ばした方がいいかもしれません。
room5ではくっついた後の2人の甘いお話が描かれています。

やや辛口となってしまいましたが、やや特殊な執着攻めと抱擁受けのハッピーエンドでした。
個人的には、あとがきに書かれていたサイコパスな設定も読んでみたかったなあと思いました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ