えすむらさんのマイページ

レビューした作品

女性えすむらさん

レビュー数11

ポイント数78

今年度91位

通算--位

  • 神4
  • 萌×27
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

新鮮!キュート!ファイン!

とあるアンソロジーに入っていた短編から、雪舟さんの作品を知り辿り着きました。
表紙は紀伊先生だけど、普通に集英社だし…とBLの期待値低めで読み始めたら……、めっちゃBLでした(笑)そしてめっちゃ好きでした!

2055年の未来浅草高校に通うDKのラブストーリー。
ぼっちスタンダードな優等生・緑と常に周りは人だかりな人気者・楯。
なんの接点もなかった二人、むしろ自分と真逆な立ち位置の楯に対し敵対心を抱いていた緑が、担任(馬)に頼まれ、水疱瘡で欠席している楯の自宅に課題を届けに行くのですが(楯のおうちの雰囲気がとても素敵なのです!)、何気ないこの出来事から、すでに特別な雰囲気を感じてしまいました。この二人が、お互いじゃなきゃだめな関係だという予感が行間に満ちてます(たぶん)。
恋心がぐんぐん加速していく様子が、緑の一人称でDKが憑依してるかのように語られます。
一人で色々考えるときは利口なのに、好きな人を前にすると馬鹿になるってゆー表現があって、初恋にもがくDKが、おかしいような切ないような…とーても可愛いです。

ラブストーリーの展開として、割りとオーソドックスだとは思いますが!
表現とかことばの使いかたがほんとーに素敵で、作中なんども”はっ”とさせられてしまいました。

軽やかで、ポップでキュートな雪舟ワールドに癒されます。ただ、とてもユニークなので、この文体や作風についての好き嫌いは別れるんだろうな、とは思います。

緑(攻)が楯(受)を好きで好きでたまらない!
という気持ちと妄想が全力疾走する楽しい作品です。
とりあえず、私は続編にも手を出してしまいました。

肉食組曲(1) コミック

ダヨオ 

焼き肉食べに行きました

ジャケ買いでした。焼き肉の印象が強いものの、
ちゃんとBL!っていうバランスが凄いと思いました。
焼き肉店に集う仲良しゲイ3人組の恋模様です。
美味しいものと素敵な恋愛、もう人生薔薇色、みたいな組み合わせです。
(つまんないわけない!)

1巻はそれぞれのカップルの恋のはじまり萌え、という感じ。
印刷会社の営業と職工、オタ仲間、幼馴染、、それぞれで1巻ずつ読みたいかもーと思えるくらい、それぞれのエピソードに内容の濃さや広がりを感じてしまいました。
恋のはじまりが丁寧に優しく、その瞬間だけスローモーションみたいに描かれていて、自分が恋していくような臨場感♪そして、思わず応援したくなるほど、みんな懸命に恋しているところが素敵です。
関係性の拗れ方が大きいほど萌えるタイプなので、幼馴染ラブ(焼き肉や店主と元ホスト)が、一番好きでした。続刊どうなるのかめちゃ気になってます。
早く2巻お願いします!

お尻と背中が♪

すっごーく疲れていてエロいのなんか…とふと目に留まった表紙が、
突き抜けてていーわー!とポチったんですけど、
ストーリーはきちんと地に着いたちゃんとした作品…
って言い方がおかしいんですけど、めちゃくちゃドラマとして面白くて
2巻まで読んでしまいました。
山下とシマが好きなので、②巻でさらにはまりました。
他の雄っぱぶの面々も個性的で気にはなりますが。(ダイチくん、特に)
というかキャラクター設定やそれぞれの背景も緻密で、
イクヤス先生初めて読んだんですが、他の作品も読みたくなりました。

肉感的なのに時々かわいらしさがのぞいて、思わずキュンとなるような
男性特有のキュートさの描き方が絶妙ですよね。
イクヤス先生独特のキュート感(と思うんですけど)がたまりません。
微塵も暗さがなくて、最終的にニヤケがとまらなくなる、
スカっと爽やか(←表紙から想像でなかった…)な気分になります。



浄化作用が…!

シリーズを読み通すぞ!というつもりはなかったので順番が前後してしまってるのですが、なにげなーく積んでた”氷泥のユキ”→”坂道のソラ”ときて、本作にたどり着きました。で、今のところ一番好きです。窓辺>坂道>氷泥 な感じでした。

正直、”氷泥”を読んだときは、受の乙女気質がなんとなくハマらないなぁ、、とか思ってたのに、”坂道”で「あ、こっちのが好き、他もっと読みたい」となって、シリーズ3作目で号泣に至りました。

家庭環境と性癖に悩む高校生(受)と、30代にして燃え尽き症候群的なリーマン(攻)の切なくて優しくて甘くて美しいラブストーリーでした。この絶妙な切なさと甘さのバランスが朝丘先生らしさなんでしょうか?どの作品も、一回り以上の年の差があるCPなのですが、各キャラクター設定の絶妙な組み合わせで(あぁ、そうだよね。この二人が恋に落ちるのが必然)ぐいぐい読ませてくれるなぁと思いました。
それぞれの視点で丁寧に描かれる日常と合わせて、二人がいつも会うSNS上でのやりとり(チャットや手紙)を追いながら、「あぁ~、この二人どうなっていくの~」とめっちゃ心を持っていかれてました。

実際に会うところから始まる”日なたの恋”は、日向の健気さや懸命さに圧倒されて、、一緒に泣いてしまいました…。なんなん、この可愛さ。。鳩尾を素手で掴まれているくらい”きゅぅ~~”と。そんな日向と会って話して、”やっぱりヒナタだ”と腑に落ちる早瀬(攻)の誠実さにも胸が熱くなりました。最終的に安堵と尊さと、あふれる萌えによる余韻にずぶずぶになっていました。

一点だけ消化不良だったのが、早瀬(攻)のライバルで上司の棚橋の存在!もうどう見ても、早瀬と棚橋って拗れた恋愛関係にしか見えなくて、ひそかにこちらのラインも萌えでした。タナにも救済をお願いしたいところです。

終わらないで…

さまざまな視点から3巻以降の二人の様子が描かれている短編集でした。
二人が夏休みを利用してフィリピンへ婚前旅行(?)する”玉の輿に乗ったその後の話”以外は、確かにBL?的な感はありますが、個人的には、二人についての周囲の証言みたいな掌編好きなんでアリです。青依と出会う前の印南さんのポンコツぶりが伺えることで、彼が本当に大切な人を得てどんなに変わったかという変化がよくわかります。そこから、青依という存在がどれほど大きい影響を与えたか(また逆もしかり)ということがわかり、じんわり萌えます。

んでもって、最後ね。やりましたよ。印南さん。
ベタですけど、もう、最高のプロポーズしちゃってました。ベタに感動しました。
「つけていてくれたら、嬉しい」
と指輪を青依の薬指にはめるのが、いかにも印南さんらしいやり方で言葉だなぁと思いました。どんな顔して準備したんじゃい!って萌え転げました。

これでハッピーエンドではありますが、もっと続き読みたいです。
ちなみに、二人のえちシーンの会話、描写が毎回楽しくて大好きでした。
ドラマもエロも過不足ない、申し分ないバランスの作品です。

新たなステージへ

2020年のGWはこのシリーズにささげています。
紙版だったのですが、電子には限定SSがあるんですね。ずるい。
読みたいじゃないですか。読みましたよ(1巻から)。結構ちゃんとボリュームも内容もあるので、買ってよかったと思いました。(でもクーポン使いましたよ。)
3巻のSSは印南さんが、冒頭ちょっとおかしな酔い方してるよ?の理由が明かされています。いや、これ結構大事な部分なんですけど!

恋人になる1巻、印南さん溺愛攻としてキャラ確立する2巻と割りと糖度高めの展開から、二人の将来設計にかかわる3巻は不安になったり悩んだりと、ちょっとハラハラしましたが、筋肉と同じで、人間関係も一回痛めて強くするみたいな感じなんだなぁとつくづく思いました。より頼もしく、たくましくなる印南と青依が、ただの恋人にとどまらないくらいの強い信頼関係を築く様子が尊いです。

みんなそもそも環境や才能にめぐまれていたりする人たちだけれども、それ以上に努力を惜しまないという姿勢が描かれていて、、私も仕事がんばろう、、とつられて思ってしまうのでした。

はんなり萌え

ディアプラス連載中から好きな作品でした♪
関西弁の受、ノンケ(しかもイケメンなのにDT!?)という個人的な好物が盛り込まれていたので、もう”ありがとう”しかない作品です。ちなみに、京都も好きです♪(住んでないから余計に憧れが。相馬君の気持ち結構わかる。)
木下先生のふわっとしたタッチからしっかり繰り出される様々な萌え要素がぜんぶストライクゾーンでした。ツンデレ(わかりづらいデレ、嫌いじゃない)、乙女気質で(でもたぶん魔性)、過去の恋愛のトラウマを抱える受け、、一見リア充イケメンなのに、実はDT(なぜ!?)、そして何気に負けず嫌いな攻め、、いや、、他のレビュアー様も指摘してますけど、相馬君、自分の性嗜好に無自覚なだけだったんじゃないのかなぁと思いました。恋愛下手な二人のコミュニケーションにハラハラさせられながらも、きちんと相思相愛に至る展開は、お約束とはいえども、やはり爽快感をおぼえます(よかった、よかった!)。ちゃんと、読者(私)の欲しいものがあるんです。
描き下ろしは、初めてのお茶屋さん遊びの相馬君、ジェラシーはやはり恋愛のスパイスなんですね!でした。はぁ、ほっこり。

ずっと読んでいたい~

1巻読んで、続き一気にぽちって読み耽っています。
もう、1巻を上回る面白さでした(≧▽≦)
愛妻(?)弁当にデレる印南に萌えるし、根本的に頑張り屋でいい子な青依にキュンとなるし、酒匂さんの優しさにほのぼのするし、最初から最後までダレることなく読めました。”そこには愛が詰まっている”、酒匂さんの視点が新鮮でかなり好きでした。
とても感心したのが(!)、家庭カレーの協定ですね。ほっほーと思いました。お互いの価値観の大きな溝をどのようにクリアして、持続可能な関係性を構築するか!というとても難しい命題に対する二人の解、とても勉強になりました( *´艸`)
自分たちだけではなく、周囲も巻き込んで幸せになっていく(していく)二人のこれからをもっともっと見ていたいです。

激キュンでした(今更ですが)

葛西リカコ先生のイラストのものはなるべく買う、のコレクションの一貫として購入していて、積んでたんですが、期待以上に素敵な両片思いのお話で、もうキュンが止まりませんでした。。凄い好きです。このどーしよーもない切なさと、甘さ。

受と攻の間に介在する元カノってゆー関係性も個人的にツボでした。
ノンケが”おまえは別”ってゆーのも好きなので、そーゆーのが好きで、
ほの甘い二人のモダモダウジウジに萌えてしょうがないってゆー性癖の人は好きだろうな~と思います。
名作は色あせないっすね。(もうDVDのレンタルショップっていうのが…)

ウルっときてしまった…

かなり前におすすめされて、積読だったのですが、、
めっちゃ面白かったです!!

エロは少な目なのですが、出会いから恋愛関係に至るまでの
二人の変化がとても自然で、まったくひっかかりがありませんでした。

最初は二人とも”いい人”からは程遠い、いけ好かない金持ちとチンピラ、かと思いきや、徐々に、それぞれのバックボーンが見えてくると、ただ不器用だっただけ、不遇だっただけなんだと本当の二人の性格が見えてきます。

出会って一緒に過ごすことで、そもそも利害関係の一致だけという関係性だったのが、お互いにとって大切な存在に変わっていく展開が萌えでした。

印南の大切な書類を届けに会社に乗り込んだ後、自己嫌悪に陥る青依と
そんな彼に対して辛い態度をとってしまったことに心を痛める印南、印南が様々な(過去からの)思いに耐え切れず嗚咽する青依を抱きしめる場面は、不覚にもウルっときてしまいました。

最後まで、素直になれない二人にハラハラさせられたのですが、
読み終えてとても幸せな気分になりました( *´艸`)
もっと続き読みたい!と思ったら、続き出てるじゃないですか!!素敵!
ありがとう!
さっそくまとめてポチっとしておきました。はぁ~、楽しみ!