柚子檸檬さんのマイページ

レビューした作品

女性柚子檸檬さん

レビュー数0

ポイント数1

今年度2576位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

ハマる予感。

このシリーズ、この本が初読みという不届き者の私です。
いやーなんと言えばいいのでしょうか。
もうお腹一杯!というくらいの満足感です。
詳しいストーリーは知らなくても十分楽しめました。
これは是非全巻読まなければ!と思わせてくれた1冊です。
そしラストにこの本を再読コースははずせませんね。
これはハマる予感大の1冊となりました。
※どのカプも魅力あり素敵ですが一番のお気に入りはやはり「玄間&氷見」でしょうか。


男の子と恋 コミック

雲之助 

胸キュン、ジンワリと

最初から最後まで胸がキューン
ちょっとせつなくて
涙もついて
最後はハッピーエンド!
大好きです。

脇で登場したあかりさんも最高!
あかりさんの恋も実といいな。。。

カタギな年下ワンコ

最初から最後まで楽しく読めました。
正直、ヤクザものはあまり積極的には読まない私ですが
コチラは読んでいて心がフッと温まるような読後感にさせてくれました。

ヤクザの桐生が、花屋の青年・上條と知り合い、「俺はヤクザだ!」なんてことを
上條にことあるごとに言いながらも、そんなことはお構いなしに、ドンドンと踏み込んでいくいく上條。
一見穏やかそうな中に、こうと決めたらひかない強さももっている上條のペースにいつしか引き込まれ、振り回されていく桐生の変化が楽しかったです。

自分であって自分でない

記憶喪失ものは好きなので楽しみに読んでみたものの・・・
読後感がこれまたストンと心の中に落ちてくれませんでした。
読み応えはこれ以上ない!ってくらいあるんだけど。
なんだかモヤモヤ感でいっぱいです。

記憶を失った期間の自分と今の自分への違和感に嫉妬し苦しみ悩む涼
行き着いた先は、愛する功一を幸せにしてあげたいということ。

読み手の受け取り肩次第なのかもしれませんが
一見ハッピーエンドなんだけど、はたして本当にそうなのか?
それともアンハッピーなのか。。。。
特にSSを読むと特にそう感じてしまいました。

次作も楽しみです

「天狗の嫁取り」「天狗の花帰り」と一気に読了。

人間だった雪宥も、剛籟坊との甘甘な日々で天狗に無事転生した雪宥。
今度は天狗の伴侶として、剛籟坊の力になるべく、そして二人のややこを産むべく修行に励みます。

大きな波乱もないまま、後半に入ると、ちょっとした出来事が雪宥に降りかかります。
離れ離れとなってしまた母・家族のこと。
ここでは少し涙腺がゆるんでしまいました。
母・弟の後悔と息子、義兄である雪宥への思い。
これも剛籟坊が雪宥を思っての配慮がもたらした結果でした。
多少ぶっきらぼうで言葉は足りないけれど、剛籟坊の雪宥への想いがつまった結果ですね。

あとがきでややこが授かったとさらっと触れられていましたが
欲をいうならもう少しガッツリと授かる話も読みたかったかな。
誕生・子育ては次作になりそうなので、早く読みたいです!

その先が気になる!!

また1冊、とりこになってしまったシリーズものと出会ってしまいました。
引き込まれるようにして読み進めた1冊。読み応え満足度抜群です。
また前回に続きマズイ1冊と出会ってしまった。。。と内心嬉しい悲鳴をあげたりするのです。

登場人物それぞれ皆とっても気になる人達ばかり。

旭・渋澤先生の今後の展開も気になるのは勿論なのですが
それ以上に気になる存在になったのがミツル。

BL的観点でいくとまったくの無関係の位置に存在するかとが思うのですが
今後ミツルはどうなるの?きちんとしゃべれるようになるの?
それにはきっと、母親の事件解決が不可欠なわけであって・・・。

次作ではもっと踏み込んだん形のストーリーになると期待しています。
早く次が読みたいです!



せつない気持ち、だけど・・・

健気受け大好き人間の自分にとって、智樹はお腹満腹になるぐらい、
一途に想い愛し耐え忍びます。最初はそれだけで十分満足でした。

でも次第に、なんで?どうして?そこまで我慢するの?
一度ぐらい、自分気持ちぶつけてみればいいのにって。。。
読み進めていくうちに智樹の気持ちが辛く、元凶である省吾へは苛立ちが。
そして、遂にある決心をした智樹が従兄弟に自分の正直な思いを伝える時は
涙がとまらなかったです。

一層のこと、
智樹は省吾の前から姿を消し、一度離れ別れるぐらいしてほしかったかも。
そこで省吾はこれまでの自分の身勝手さや傲慢さを自覚し智樹を追いかける、みたいな。

今回、2人の視点で話が交互にすすんでいたので、
智樹の切なさをより感じるからこそ省吾の身勝手さが
私には目についてしまったかもしれないですが。

満腹だけど消化不良。。。そんな読後感な1冊となりました。

本当の恋とは。。。

タイトル「恋を知る日」にぴったりな内容でした。
前半ではどうにも好きになれなかった将臣、健気すぎるぐらい健気な雪哉。
でもあることをきっかけに雅臣の性格が180度と言っていいくらいかわってしまい
逆にビックリ。(良い意味で)
それはやはり「本当の恋」を知ったからなんだけど。
「恋」を知ってからの雅臣はなんだかせつないですね。
これまでの自分の言動を考えると、いまさら「好きだ」なんて告白はとうていできない。
でも、好きな気持ちはどうすることもできない。
自分はいったいどうすれば・・・と悶々とするところがグっときました。

あとは雪哉の懐の大きさというか度量の広さにカンパイです。
ただ少しでもいいから雅臣に対してプチキレぐらいしているのもまた見ごたえがありそう・

今回攻め・雅臣視点ばかりだったので、雪哉視点のお話も読んでみたいですね。




今後の展開が楽しみ

読み終えた直後の感想は・・・
あ~まずいものに手を出してしまったかも。。。
この先の展開が気になってしまう~早く読みたい!!

主人公2人の出会いから始まり、
事件の真相が明らかになるために関わってくるであろう
登場人物も効果的に登場。
どんな関わりかたをしてくるのだろうと今からとても楽しみです。
そして今回はラブ度はほとんどなかったですが、
今後の主人公2人の関係に進展がありそうなのでそちらも楽しみにしたいと思います。

※Twiningシリーズ開幕と書かれている帯を今さらのように眺めてしまってます。

ほのぼの&キュート♪

エリートでかっこいい高村に密かに淡い恋心抱く保育士の海晴先生。
ある日、保育園に高村の忘れ物を発見し、勇気を出して高村の家に届けに行くと、そこには普段のかっこいい高村ではなく、家事にてんてんこまいしているまるで別人となったダサイ高村の姿があった・・・。

こんなビフォー・アフター的なギャップのある姿を見せられてしまうと嫌いになるどころますます好きになってしまいそうですよね~。
パパが大好きな高村の息子もかなりポイント高!かわいさ満点です。

えっちもかなり控えめなのがかえって良かったり♪
内容&イラストともにほのぼのキュートです。
次作も楽しみです。