玄間×氷見も、彰伊×阿沙利も、守夜×隆成もラブシーン満載の一冊!!

是 -ZE- かみのほん

ze kami no hon

是 -ZE- かみのほん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神107
  • 萌×219
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
34
得点
636
評価数
138
平均
4.6 / 5
神率
77.5%
著者
志水ゆき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784403663475

あらすじ

超人気連載『是―ZE―』の、現在入手困難な全員サービスコミックペーパー、サイン会参加者へのプレゼントペーパー、
店舗限定購入者特典ペーパーなどに描き下ろされた膨大なスピンオフコミックを収録!

26ページの描き下ろしもあり!!

(出版社より)

表題作是 -ZE- かみのほん

守夜(紙様)
北村隆成(言霊遣い・八代不動産の請負で勤める)

同時収録作品中の巻「君の笑顔が見れるなら」

七川・J・雷蔵(三刀家、家政夫・専門学校生)
紺(紙様)

同時収録作品中の巻「蜂蜜月❤︎強化月間」

近衛(紙様)
三刀 琴葉 (三刀家次男)

同時収録作品中の巻「永久の約束」「大人の嗜み」「幸せの果て」

三刀 彰伊(三刀家当主)
阿沙利(紙様)

同時収録作品外の巻「愛の成分」「ラブホテルより愛を込めて」

八代 玄間(不動産屋・言霊使い)
氷見(紙様)

同時収録作品外の巻「月火水木金土日」

守夜(紙様)
隆成(玄間の所で働く、言霊使い)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数34

良かったぁ!


ハマるのが遅く、このお馬鹿さんが!BLハンターの名折れよ!と幾度も悔しい思いをして枕を濡らしてきましたが、読めて本当に感無量です。ああ、良かったよ~凄く嬉しい!
まず、厚さにびっくりです。
そして、本編の『是』に全く遜色ないクォリティーの高さ!志水先生のプロ魂とサービス精神に拍手喝采です。メルシー!

作品はやっぱり、『ファン第一』なのか、『玄間×氷見』、(『彰伊×阿沙利』もちょっと多かったです)がダントツにページ数をかっさらっていました。ううん!流石だよ!
オチは大体一緒なのに、なんでこんなに面白いのか。なんで玄間は歳を取っても落ち着かないのか。いや、もっとやってくれ!と思いました。
どのカップルもちょっと長めなお話を一つずつあって、可愛かったり、アダルトだったり、本当に楽しい。
私は『守夜×隆成』カップルが一番好きなので、守夜がちょっと嫉妬したりしてるのを見て、ニヤニヤしました。何気に小悪魔だな!隆成!
あと、『近衛×琴葉』、『雷蔵×紺』が可愛くってキュンとしました。
正直、エッチとか要らないくらい。
なんだか、幸せになれた一冊でした。

11

デザートは別腹です。

注意:本レビューは本書読了後、即行、筆者の頭の中を駆け巡ってしまった妄想です。参考になるかならないかは、筆者自身もわかりません。
他のレビュアーさんが既に充分素晴らしいレビューを書いてくださってますので、遊び心で。

「いらっしゃいませ、ようこそ。どうぞ席にお着きくださいませ」
はい
「本メニューはフルコースですが、全品デザートの特別メニューになっております。おそれいりますが、お客さま?」
はい
「主食(本編全11巻)のお食事は、もうお済みでいらっしゃいますか?」
ええ、もうとっくに!
「(にこっ)では、まず一皿目から始めさせていただきますね、心ゆくまでお楽しみくださいませ(にっこり)」

 ……………………………………………

ごちそうさまでした(…うぷっ)
「ありがとうございました。ご満足いただけましたか?」
はい、もう、もう、心から満腹で、至れり尽くせり、堪能させていただきました。
「できればで結構なんですが…、今後の参考にご意見などお伺いできましたら、幸いでございます」
「かみのほん」ではなく、この本が「神」でした。
それと、1コマだけ出てきた「ブラック氷見さんの笑顔」が大変印象的でインパクト大で、この1コマだけで満腹になりそうになっちゃって、一瞬動揺してしまいました。
「そうでしたか。他に、何かございますでしょうか?」
う~ん…、強いて、強いて言うならば
「はい?」
他の味(双子☓初陽 櫻花☓紅緒)ももう少し欲しかったかな、と。 いえ!もうお腹に入る余地は全然ないんですけどね。
「ありがとうございます、大変参考になりました。ではしばらく余韻に浸ってから、お帰りくださいませ。本日は当店をご利用いただき、誠にありがとうございました(深々)」

で、このかゆいところに手が届く親切丁寧なウェイターさんが、氷見さんだったりするという…(自爆)

10

俺の 俺の話を聞けぇ~

5分だけでもいい ←なげぇよ!!ばか

これこそが かみのほん(紙の本)だぜ!

さあ私が今から長年の思いのたけを ぶちかましてやるぜ!

言いたいことは ただ1つ。

氷見がとても  【セクスィ~】  

俺の永遠の心の嫁じゃあ~。 永遠に一方的な片思いじゃあ~。
ずっと 玄間と幸せにな。。。。  影ながら祈ってる・・・

あらすじは 他のレビューが素晴らしいので 私の所では書かない方が良いだろう。

ただ言えるのが これこそが 神の本 と言う事だ。
大きな声で 私は言える。

氷見 大好きだぁ  泣

こんなレビューでもいいのでしょうか???誰か教えて。

10

snowblack

はい、OKですっ!
氷見への愛がとても伝わりましたよん。
(でもでも、あいつらばっかり出てくるから、
阿沙利と彰伊の出番が少ないじゃん?ぶちぶち。)

すごい!

甘っ☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆
楽しみは、描き下ろしくらいかな~なんて思ってたんですが
各地で出てるペーパーや、全サもろもろ~のコミックス未収録がたっぷり!!
なんだこれ。恐ろしく萌えるんだが。
過去のストーリーもろもろよみがえって萌えどころ沢山な1冊でした。
ちゅぅか、このエロ率なんなんw悶えるゎ

>雷蔵×紺
後半の、大人組を見てから読むと、なんて初々しいと思ってしまう。
雷蔵ファイトww
なんだかんだで、一番最初のカップルでしたね。
ワンコ好きです。とまどう攻に対しての~な紺の余裕っぷりが好き
>しょうい×あさり
ここは死エンドをくぐり抜けて~の本編でボロボロ泣いてしまったので
この二人みるとどうしても涙腺がゆるくなります゚(゚´Д`゚)゚
「がんばる」、アサリに好きでいてもらうために~な言葉。
幼い頃の姿と投影している部分がすごくキュンとくるのだが、どうしても大人な姿をみてしまうと「この顔で・・wwぷ」と思ってしまう。
や、この顔で、いいように弄ばれている姿が面白いんだけど
>玄間×氷見
いいかげん、玄間さん、盛り過ぎじゃないのか、、、
桜の木のシーンでまで~な部分で思わず笑ってしまったww
好きなのは解る、解るがいい加減チンコもげるんちゃうか(*´∀`)クスクス
エロのレパートリーも豊富で、なんだか甘い一作です。
エプロンで~なお話。
かずかず話は収録されていましたが、私はやっぱりコレツボですね。
裸じゃなくていいよ。存外裸エプロンて萌えないのよね
>守夜×隆成
久しぶりにみたせいだろうか、、、
攻守がどちらかなんて忘れてたんだけど、隆成受にしか見えなかった。。
最初から。。おかしいな。

それにしても、青姦エンドってwww
面白かったです。永久保存版☆

8

愛の厚み

発売ラインナップに上がってる時はどんな内容の本?と思っておりましたが、内容が今まで全サペーパーやCDプチコミなどの収録と描き下ろしと判明してから、発売を今か今かと楽しみにしていました。
自分はドラマCDもコミック全サペーパーも書店限定特典ペーパーも未読でしたので、『限定もの』だったものがまとめて読めるのが本当に嬉しかった。
そして、ぶっちゃけそういうものを集めた本だからそこまで『厚み』はないだろうと思っていたのですが・・・

あれれ?思っていたよりも分厚いじゃないですか!
同月発売の同レーベルコミックの中で一番分厚い?
・・・ということで、とっても読み甲斐のあるコミックでした。

前半が雷蔵×紺、近衛×琴葉、彰伊×阿沙利、和記と真鉄たちのドタバタっぽいもの、とラブでした。
真鉄の初対面話は面白かったです。
流石獣。
野生の勘!
真鉄の話はほんの少しでした。
雷蔵×紺も少なめで(本篇でも本作でも)できればもうちょっと読みたかった。
もう一人の野生児というか本能の赴くままなイキモノ琴葉とお目付け役な近衛の話も少なめでした。
このカプも雷蔵×紺同様もう少しお話が読みたかった。
彰伊×阿沙利はちょっぴりアダルト、そしておちゃらけた阿沙利の本当の顔というか彰伊にあまり直に見せないが気持ちがこもっているのがなんとも、読めて幸せ。

半分より後ろが、大・大・大好きな玄間×氷見(+守夜×隆成)だったので、もう神を付ける以外思いつきませんでした。素晴らしいです。
本編でも、何度も読み返した玄間×氷見編。
流石アダルトカプ、内容もイタしてるシーン盛りだくさんで、サービス満点だなぁ!というのと、氷見の一心に玄間を慕う気持ちにうっとりし、玄間の心の狭さに笑わして貰ったり。
隆成が氷見にちょっかいをかける、玄間にお酒を飲まされる、潰れる(吐く)・・・守夜に呆れられる~のパターンはもはや様式美ですね。
学習能力がなく、ちっとも成長しない隆成が大好きです。

皆さま書かれていますが、後日談などの話も多いので、もう一度『是』を1巻から読み返したくなる1冊です。
そしてまた『かみのほん』を読むとまた違う新発見があるかもしれません。

7

八代不動産な日常が楽しすぎる!!

待ってました!

原作の裏話、小話的なものがぎゅっと詰め込まれた本作品。
分かりやすくたとえると、原作者様による二次創作的な感じとでもいうのでしょうか。

本編の裏ではこんなことがあったんだ、とか。
「是」が大好きな人には嬉しいお話がたくさん。

なかでも、玄間&氷見と隆成&守夜の「八代不動産」な方たちの日常がおもしろすぎる。
この職場楽しそうです。
なんだかんだいって、「玄間さまは優しい」です(笑)。

それから、個人的にもっと読みたいと思っていた隆成と守夜のお話があったのがうれしかった。
他のCPに比べると糖度は控えめだけれど、仕事上の良いパートナーのような、少しドライな、けれどお互い信頼しあっているっぽいふたりの関係がいい。

他の紙と言霊様とはちがって、べったり甘々では決してないんだけど、その間にちらりと垣間見える甘さがとっても良いスパイスになっていると思います。

おすすめ!!!

7

この作品に出会えて本当に幸せです。

内容には一切触れません。
志水先生、有難う御座いました―
もうそれだけです。

こんなに個々のキャラが生き、各々が独自の魅力で引き込んでくれた作品はありません。
紙の本を読み、本編を読み、又紙の本、本編…
この何日か、ぐるぐるぐるぐる読み返して余韻に浸っておりました。
もしも明日地球が滅ぶなら、私はこの本達と一緒にいたい。
そこまで思える作品に出会えて本当に幸せです。
映画も必ず観に行きます。

志水先生、多くの感動を どうも有難う御座いました―

7

本当に神すぎて!!

是シリーズの初回ペーパーをまとめた1冊です!
紙さまのペーパーをまとめたから「かみのほん」なのかなぁ~って思ったのは
私だけでしょうか?

ちなみに私はこのシリーズを完結後に一気買いをしたので非常に嬉しい1冊です。
もうニヤケが止まりませんヾ(*´∀`*)ノ

是シリーズの全CPキャラが登場していますが、玄間×氷見・守夜×隆成が多めでした。
この2CPの日常が大好きです!

どれも良作だったのですが、やっぱり彰伊×阿沙利がよかったですねー。
阿沙利が彰伊にレクチャーしているのが、まぁ~萌えて萌えて。

「がんばる」っていうのが本当に大好きです。
ひらがなで表記されているのがね。余計に応援したくなるというか・・・。

もう良作すぎてレビューもしにくいです(*´д`*)

7

こんな幸せでいいんですか

最初にこのシリーズを読んだ時は「絵が好みじゃないな~」などとブっこいてたのですが、悶える世界観、魅力が溢れすぎたキャラクター・カップリング、萌えをよくご存知でいらっしゃる作者さまからのご褒美ショットにいとも容易く陥落いたしましたw

うーん、この一冊の三大CPは彰伊×阿沙利、玄間×氷見、守夜×隆成かな?
ほんのちょびっと近衛×琴葉、雷蔵×紺がある程度で・・。

近衛×琴葉が大好きな私としましてはほんのちょびっと不満だったりしました。
けど彰伊×阿沙利、玄間×氷見も大好きなんでモーマンタイw
・・・しかし自分の好きなCPだけしか気にしてなかったので知りませんでしたが、守夜×隆成って人気なんだ・・・外にも目を向けんといかんなぁ。

それぞれの受け子達に共通してるのって、種類は違えど「色気ムンムン」ってとこですよね。
阿沙利のは大人色気で、琴葉のは無垢なエロさで、氷見さんのは・・こう、貞淑な人を乱すエロさ・・・というか・・(照)

阿沙利は彰伊との想い出を振り返りながらの甘ーいエッチ。
彰伊の健気さが際立ってますw

氷見さんはありとあらゆる場所で玄間を煽っちゃって攻められてますw
玄間様、もっとやってください←



えー、あほな感想しか書いていませんが、

遅れて是にハマったクチですので勿論初回限定特典などは全て終了を迎えていました。
ですのでこの「かみのほん」を出してくださったときは狂喜乱舞いたしましたw

ありがとうございます!!

6

ぐはっとなる覚悟で読みましょう

BL歴が浅い私が「是-ZE-」に嵌ったのはつい1か月前。
単行本を大人買いし、そしてこちらも購入。

いやー…もうもう愛だらけでどこに目を向けていいのやら(いや、本でいいと思う)。

数々のカップルで言うと、皆様の仰る通りの割合なので割愛。
私的には大好きな近衛×琴葉が少なすぎてブーたれそうでしたが我慢。
その代り、玄間×氷見、彰伊×阿沙利のキャーなお話が多すぎて、鼻血垂れ流しそうになりました。
というか、彰伊ってとてつもなくセクシー顔なんすね…

ファンになるのが遅かったので、既に集められない全サ物が集約されているようで本当に嬉しい1冊だと思います!!
私みたいに「最近ファンになりましたー」なんて方は本気で万歳三唱だと思います。

個人的感想。
氷見が玄間のにおいを嗅ぐ「すん」顔に一番萌えました。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ