是(3)

ze

是(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神57
  • 萌×222
  • 萌15
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
24
得点
420
評価数
99
平均
4.3 / 5
神率
57.6%
著者
志水ゆき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

作画
志水ゆき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
発売日
価格
¥552(税抜)  
ISBN
9784403661334

あらすじ

「寝るぞ、氷見。さっさと脱げ」出会った頃から変わらない、傲慢で滴るような色香を放つ声で、玄間は命じる。氷見は屈辱と欲情に震え、しかし逆らう術を持たない。幼い頃に自分を追い出した亡父が残した紙様&氷見を、息子の玄間が引き継いだ最初の夜から、強引で淫蕩な調教は始まり…。メインキャラクターを一新し、志水ゆきが描く、最も切なく烈しい恋物語!!

表題作是(3)

玄間,荒々しく傲慢な若き支配者(不動産屋)
氷見,先代の遺志を継ぐべくこの世に残った紙様

その他の収録作品

  • 氷の記憶
  • 獣来りて
  • 愛玩人形
  • 迷子
  • 濡れて、
  • 愛を知る

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数24

玄間×氷見 編

近衛のヒゲは、玄間とビジュアルが被るから無くなったのではないだろうか。不憫だ笑

3巻は 玄間×氷見 編です!
突然アダルトな空気になりましたね。出入りしていたお医者さんは、無償で治療をするかわりに氷見を使っていただけで、言うほどとんでもないことしてた訳でもない気がするのですが、あっさり腕を折られてかなり不憫。

この巻でチラッと出てきた 近衛×ショタ琴葉 に既に萌える。推しCPです。近衛×琴葉がきっちり描かれるだけ人気も続いて本当によかった!!

0

恐れ愛

玄間が怖いと思ったら色々後からわかってきて萌えました。

憎い父の宝物、氷見と家を引き継いだ玄間。あの玄間がとうとう3巻で登場です。

最初から氷見に乱暴で苦手でした。なぜそこまで氷見を毎晩と。
でも好きだからだったんですね。
幼い頃ケガをキスして治してもらった時からでしょうか。そのせいで氷見が傷を負い玄間母子は屋敷を追い出されてしまいましたが。

氷見は玄間を恐れながらも玄間父の言葉を守り屋敷を守るため言霊様となった玄間に従います。

玄間を恐れながらも愛してしまい最後は体をはって玄間を守り紙の人形になってしまいます。
あとがきにはハッピーエンドとありますが、予告では記憶がないようで。どうなるの?

0

いつしか己の意思で死生を選び出す、紙の人形の成長と変化。

4巻から以降、号泣ものだと思っていたが、読み返してみれば、この3巻から結構ヤバかった。今では、この物語の結実を全て判っているものの、やはり涙しながら読む始末。あとがきにもありますが、掲載中の雑誌の方のリニューアルに合わせたアダルト仕様になったとかで、そのせいか2巻までと違って、グッと大人っぽく、艶っぽく、湿り気を帯びたトーンになっていきます。玄間と氷見の出逢いと別れ。遠い記憶。16年前の猛々しく劣情をぶつけてくる獣のような玄間に怯える氷見。…そのずっと前、少年だった頃から、玄間は 父 成間に寄り添う氷見に惹かれていたのだ。美しい氷見をそのまま「紙の人形」として眺めて暮らす成間。氷見は厄災を受ける仕事をさせて貰えないことにもどかしさを感じながら成間が死ぬまでその元に仕えていたのだ。何も知らない玄間は父と氷見が関係を持っていただろうと邪推した事もあって、嫉妬に狂いもし、荒々しく抱く。しばらくの後にその誤解が解けた夜、玄間から要求されて何度も口づけを交わす。傷を治すという理由なぞ無いキス。乱暴に抱かれることが無くなり、心も解かれていたある夜、ようやく二人は愛を確認し合う…。やっと、愛し合うことが出来たのに。身も心もお互いのものになったのに。愛を知ったその朝、襲われた玄間を庇って、氷見は命を落とす。
「自分の命よりも 何よりも あの人が一番大事。」
…あぁ そうなのか、この気持ちが愛なのか。
紙吹雪になって薄れゆく意識の中で涙を流して玄間に最期の口づけをする氷見。

やっぱり涙無くして読めません。美しい氷見。そして、16年前と16年後の玄間。「紙様」である氷見の外見は変わらないけれど、玄間は確実に年を重ねていて。その若い頃も渋みを増した後も、両方とも素敵で。氷見にメロメロなところも…とても良いです。

ところで、「紙様」のメンテナンスの様子、が最後まで閉ざされた扉の向こう側、謎なまま終わります。何をどうしてるのか、とっても気になります。勝手にカスタマイズされちゃうし。

1

暴君の純愛

主の身代わりに傷を負う紙様と、言霊使い達とのラブストーリー、第3巻です。3巻と4巻は、玄間と氷見のカップルのお話になります。今回は、親子の根深い確執があったり、紙様の涙の理由が分かったり、シリアスで切ない展開になっています。

玄間は、父親の遺言によって、父親の紙様をもらうことになります。それは、子供の頃から憧れていた氷見で…。
その日から、玄間と氷見の、暴君のような主従関係が始まります。玄間が氷見を愛してるのは分かるんだけど、あまりの暴君ぶりに、氷見が可哀想になります。氷見も、玄間との関係に悩みながらも、一生懸命に玄間を理解しようとするところがいじらしくてキュンとなります。
そして、やっと分かりあえたと思った時の、悲しい別れが切なくて泣けます。今回は、4巻を揃えて読まないと、後悔するような終わり方にヤキモキします。

1

けっこう痛い巻

多分こちらのカップル、一番人気なのではないでしょうか。
鬱憤を抱えた中年の攻めと、美形不幸体質の受け。
確かに美味しい…この美形不幸体質というのがまた!
まあ個人的には『鬱憤を抱えた中年』の方が好みなんですが。

カップル(って言葉はイマイチ似合わない)は、土地転がしのかたわら言霊使いの仕事をする玄間×元は玄間の父親の紙様だった氷見。

や、紙様って湿気るらしいです。
その辺りはすんごいリアルでちょっと笑えました。
シーン自体は笑えませんけどね。
この巻はずーっとシリアスなんですよね。
子供の頃から密かに氷見へ執着していた玄間と、玄間の本心が見えないまま甘い言霊に縛られる氷見。
ラストの事件も起こりそうな伏線がバリバリなのでわかってはいましたが、悲劇。
すごいところで次巻へ続く!となるので、四巻はご用意してからがお勧めです。

2

紙様って脆いんですね。


そして、すごく悲しい。
現実に紙様がいて自分が言霊使いだったとしても、紙様は欲しくないですね。

そんな、苦しんでる紙様を見てるのは辛過ぎます。悲しい思いしたくない。絶対、心が壊れる。

玄間と氷見の関係…見てるだけで辛い。四巻まで続くのかと思うと更に辛い。

ケモノな琴葉が可愛い過ぎた。なんだよ、ケモノって。なついてくれなさそうだけど餌付けしたい。

本当にやるせないと思う巻でした。
でも、そんな暗い感じのお話しが好きだったりする。

0

くるみ味噌大根

紺君がお手伝で作る、くるみ味噌大根が食べたくなり…
読むのを一時中断(笑)
大根切って、煮付けてから…読むのを再開。
紺君のお話が読みたかった私ですが、3巻は玄間と氷見のお話見たいですね。
玄間、言霊使いなんだからもっと言葉に表せ!とか、けどまあ、氷見愛されてんなーと感じました!
あとは、雷蔵が小さい頃に玄間と同じアパートに住んでいたとか、色々と繋がってるんですね。
でも、やっぱり、雷蔵と紺君のカプが好きです。

0

もどかしい二人

 玄間の父、成馬の紙様だった氷見は、成馬が亡くなった今、成馬の息子である玄間の紙様となっています。

 確かに紙様は紙であり、言霊師の痛みを代わりに引き受ける存在だから、乱暴に扱っても問題はないのかも知れません。それでも私はどうしても人間そっくりで、感情もある氷見を乱暴に扱われることに抵抗がありました。

 どんなに玄間が彼のことを好きでも、体が反応しても、氷見の中には成馬がいるような気がして、どこまでもすれ違っていく二人がもどかしかったです。

0

一番人気

今回は是の中でも一番の人気を誇るカップル、玄間×氷見の出会いの物語です。

氷見に執着して、のっけから無理やり犯しまくる様はまさに鬼畜ですね。
怖くて震える氷見がすごく痛々しくて可哀相です。
ちと乱暴すぎやしないかと。
例え下手ですが、まるで傷心中の未亡人を脅して強引に襲いかかるケダモノのように見えなくもない・・・。
不器用だとか愛情表現が下手だとか、そういうレベルを越している気がします。
そんな暴君を愛せてしまう氷見は菩薩か何かかと思いましたね。


3

今更ですが・・・

悪徳不動産屋兼言霊師:八代玄間×紙さま:氷見です。

こう、同じCPをまとめてコミックスにしてくれるのはありがたいですね~。
いや~。氷見が健気すぎて辛いです( ゚ω゚;)

ていうか玄間はひどい奴だ!って思うんですけど、ちゃんと好きだって気持ちが
あったので、まぁ許せる・・・って

思えるかー!!(#゚皿゚)

って思いました。大人気ないにも程があるだろ!
氷見が可哀想ですよ!!そりゃ阿沙利も怒りますって!!

でも段々、氷見も玄間に魅かれていってお互いの気持ちも分かって来たのに
マジで生井コノヤローですね。。。
確かに生井が復讐する気持ちもわかりますけどね。あの玄間の対応はひどい
と思います。

ホントこれ今すぐにでも4巻が読みたくなりますね!(`・д・´)

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ