是(1)

ze

是(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神80
  • 萌×230
  • 萌44
  • 中立14
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
36
得点
666
評価数
178
平均
3.9 / 5
神率
44.9%
著者
志水ゆき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
発売日
ISBN
9784403660993

あらすじ

ワケあり美形がひしめく屋敷で雷蔵は恋をした。相手の紺は、無愛想でつっけんどんで、でも雷蔵のことを嘲笑(わら)ったりしない美少年。住人Sのちょっと激しめなラブシーンにあてられながら毎日紺を好きになる雷蔵。ところが紺は、屋敷を訪ねる客相手に秘密の“仕事”をやっていて……。志水ゆきの逃げられないLOVE DESTINY、開幕!!

表題作是(1)

三刀彰伊(みとうしょうい) 言霊師
阿沙利(あさり) 紙様

その他の収録作品

  • カミの棲む家
  • 紙と言霊
  • プロポーズ
  • 阿沙利
  • 灰になるまで
  • 愛が欲しい

レビュー投稿数36

贅沢なシリーズ作。「是」(1)

シリーズはトータルで読了済み。
全て読んだ後で、いざこの1巻目をレビューするとすれば…

出発点は随分とほのぼのしい。
終着点とは随分と違う。

この1巻目。
主人公は、優しくておおらかな性格の雷蔵。
そんな雷蔵が家政夫として何やら訳ありの家に住み込む事になる。
住人たちは一癖も二癖もあって、雷蔵がこのわちゃわちゃな環境の中で、コミカルに色んなアレコレに巻き込まれていくお話、なのかな〜?
…と思って読んだ訳なんだけど。

やっぱりこの「是」はある意味贅沢な作品だと思う。
というのは、既に他の「言霊x神様」がずらずらと出ていて、初めから長丁場の意図で描かれているんですよね。
今のBLの状況を考えると、初めから10巻ベースで始めるなんて多分無いでしょ?
とにかく情報量も多いし、引き込まれる要素だらけで次へ次へ、と誘われる1巻目です。

1

実質メインカプという概念がないので、満遍なく沢山のカップルを堪能できる


前々から気になってた作品で、ちるちるの好み検索で出てきたり、最近のディアプラスで番外編を掲載されていたり、今年のこのBLでオールタイムベスト4位だったり...で色々重なりいざ読んでみました(´,,•ω•,,`)♡

結論、とっても名作。【言霊師×紙様】という唯一無二なファンタジーさと、紙様は言霊師を守る為にあるという主従関係が切なさや感動を生んでました。紙様の言霊師への健気や甲斐甲斐しさがとっても沁みます。使われない紙様や、核が破壊されると白紙になる..というストーリーは涙なしには見られない

紆余曲折ある作品ですが、泣けるけどハピエンなので安心して読んでください( ˘ω˘ )♡メインカップルはいるにはいるんですがわりとメインという概念はあまりないので満遍なく沢山のカップルを堪能できるのが良いところ。イチオシはやっぱり玄間×氷見と彰伊×阿沙利。でももっとみたかったのは隆成×守屋。

カプは人気すごそうだなあ。満点高評価です

0

初見で一巻だけ読んでもあんまり…

人気の長編という情報だけで読み始めました。最初からばんばんキャラが出てきて、長編の気配が漂う作品。一巻ではまだあまり分からないかも、と覚悟しなきゃいけない感じでした。
紙様や言霊様の設定は面白いです。ただ本当に最初からキャラが多いので、主題が煩雑になっていて分かり辛いです。ついでにいろんなカプがそこかしこに出来ていて、カプ乱立系の雰囲気もあり、入り込んで読めませんでした。
できれば最初だけはキャラを絞って何がしたい作品なのか強めに訴えて欲しかったと思います。初見で一巻だけ読んでもいまいち。元より先まで描く予定が決まっていて、そこに胡坐をかいているように感じました。(昨今の続編が厳しい状況で描く必死さが伝わる作品に触れることが多いからそう感じるのかも)
あと雷蔵が頑張って作った料理を何度も無駄にしたりアサリをぶちまけたり、食べ物を粗末にする描写が激しく嫌いです。
先まで読んで一巻を読み直せば面白く感じるのかもしれませんが、一巻で全く引き込まれることがなく、二巻を読む気になれませんでした。

1

目まぐるしくて萌える余裕がない

 面白くなっていきそうだなという期待はありますが、正直1巻は登場人物が多い上にメインの入れ替わりが激しく、萌えを感じる以前にキャラクターの相関図を覚えるだけで精一杯でした。もう少しキャラを小出しにしても良かったんじゃないかな。言霊というものを扱うために、展開も落ち着いたところが少なく波乱ばかりなので、さらについていくのが大変でした。1巻でとりあえずいろんなキャラを紹介しておきたい、ということなのであれば、2巻以降は各カップルに集中して読めるようになっていればいいなと思います。新キャラを登場させる前に、3カップルをしっかり掘り下げて欲しいですね。

0

人気シリーズ1巻

名作、是を久々に読み返してます。いい感じに中身を忘れているので、楽しむにはもってこい。

少女漫画でも全然通用する雰囲気ですよね。花とゆめあたりで連載していそうだ。この中に櫻花×紅緒という女性CPがあるのも好きです。

長期連載を最初から見込んで、登場人物もかなり多めに出してスタートしているところもすごい!それだけ志水先生が信頼されてるって事ですからね。
登場人物が一度に登場しても混乱させないところも、志水先生の漫画のうまさを物語ってます。

1

世界観に馴染めるか

どうしよう。11巻までとかみのほんまで一気買いしたのに。設定が難しくて、登場人物が多くて、エッチ描写が激しくてついていけるかしら?

言霊師と紙様の関係はなんとなくわかったような気がするのですが。
紺には言霊師がいないのですね。なぜでしょう。

雷蔵は読者目線でびっくりしたりしてくれるので助かります。そしてお祖母ちゃん子でとてもいい子ですね。
紺は自分の事を笑わず居たたまれないこともなく受け入れてくれて好きになります。同室で同じベッドで雷蔵の眠れない日々が続く。

彰伊と阿沙利も良かったです。愛してる、あんじょうかわいがってや。って。

しかし一人どうみても女の子な子がいつもエロいことされてるのが苦手です。と思ったら2巻の人物紹介を読んだら女の子だったんですね!お相手も!びっくりです。

0

性や愛を超えて、お互いが必要な関係。性癖。

そ、そういうお話だったの!
タイトルは知ってて……を何年も繰り返し、ようやく読み始めたシリーズ。
もっと家族団欒みたいな話かと勝手に思ってました。

主役二人のピュアさがとても良い。
周りを固めるキャラクターのこなれ感も良い。
バランスが凄い。

ファンタジー色強めだけど、とても良い同性愛。
男同士だけじゃなく女同士もあるのがとても良い。
あと絵が綺麗。かわいい。
性とか愛とかじゃなく、お互いを必要とする関係、とても好きなので良いです。

2

禍々しくも美しい群像劇、ここに開幕。

既刊で完結した長めのシリーズものを読むのにはちょっとした勇気がいる。レビューの評価が一番高かった9巻を最初に読んで、さっぱり分からず。けれど最初から読んでみたい‼︎ と思わせるのには充分な魅力があった。で、全て読了してみれば、好きな巻もあるし、何度も何度も読み返す巻もあるが、それに比べれば1巻なんてそんなにインパクト無かったよね、と思っていて。それは間違いだった。何度も読み返して戻って来ないと、この1巻の良さというのは分からないように出来ている。(と、今更ながらに思う。)例えば、後に一番の人気キャラである玄間はここでは和記の台詞の中にしか出て来ないし、関係も分からない。彰伊と阿沙利とのやたらと切なくエロい営みもその2人の歩みを分かってから読むのとでは全然重みが違うし。2人が何故そんなに辛いのか、今なら分かる。そして何より、仕える言霊師を持たない紺くんの辛さも。
この巻の主役は間違いなく紺くんだと思うけれど、単体で見ても「ただそこにいるだけで、それでいい。」愛されて大事にしたり、されたりするものなんだよ、というメッセージにはなっている。人であり、素直な心を持つ雷蔵くんは紺くんの主として共に生きる決意をする。
人では無く、人型にされて命を吹き込まれたものたちの苦悩。そして愛。シリーズを通して貫くこの大きなテーマがここに提示されている。…という事に感嘆するばかり。
そしてこうして完結してみれば、櫻花さまと紅緒が一番活躍(?)した巻でもあったな、と。彼女たちはこの後、どんどん存在感を減じていくので。
厄災や呪い、人の死を操るといった禍々しさもほんの片鱗垣間見え、この美しい群像劇は開幕する。

6

読んでみて良かったです!

前々から、読んで見たいと思っていた作品です。
やっぱり読んで良かった!色んなCPが読めて、どのCPも好きになれちゃう作品です。
以下、ネタバレを含みますのでご注意下さい。


この作品には、言葉で人を傷つけることが出来る言霊様と、言霊様が受けた傷を自分のものに出来る生きた人形、紙様が登場します。しかし、傷を癒す方法が粘膜接触なんて、腐女子にとってどれだけ美味しい設定なんだ。。。と、冒頭あたりで身震いしてしまいました。

1巻は主に、住み込みの家政婦として屋敷にやって来た雷蔵と主人のいない神様、紺の二人のやり取りがメインです。紺に一目惚れした雷蔵がワンコっぽくて、とっても可愛いです。ワンコ攻め万歳!自分の居場所なんてないと思っている紺に、一生懸命に尽くそうとする雷蔵の様子は見ていて声援を贈りたくなりました。

2

すごくおもしろい!

設定はユニークで、萌えがそこらじゅうにちりばめられてます。

ただ、1話のしょっぱなが言霊様のいない紙様の話からスタートってどうなんだろう…。
設定が変わってるんだから、言霊様と神様がそろってるカップル(?)の話からスタートとしないと分かりにくいかと…。
すごくおもしろいのに、話の並び順?構成?が若干雑なのも残念…。
分かりにくいぐらいが萌えるってことなら、すみません。

絵もきれいです!
つづきが出ないかなー

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う