• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作となりのメタラーさん

坂木遣斗,大学院1年生生(幼年教育学科)
池松壮志,30歳,ケーキ店勤務のメタラー

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下・あとがき

あらすじ

無口で強面でメタラーなのに、
なぜか可愛く見える!?
メタル好き必見!? あるある&豆知識満載の、
メタルお兄さんとのほっこりラブv

それは、俺と壮志さんが出会って
二回目の春を迎えるまでの物語――


貧乏大学院生の遣斗(けんと)は、
大雪の日に家で凍死しかけたところを
隣人の壮志(そうし)に助けられる。
真っ黒な服を身に纏い、無口で強面な見た目は
近寄りがたいけれど、
表情を隠すように伸ばした髪からのぞく瞳は、
何かを訴えるように揺れている。
その日から毎日ご飯を作ってもらい、
一緒に食べるようになって一年。
この穏やかで幸せな時間が、
壊れてしまうのが怖い――
実は自分がゲイであることを隠し、
膨らむ気持ちに蓋をしながら過ごす日々で…!?

作品情報

作品名
となりのメタラーさん
著者
マミタ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784199608278
4.3

(281)

(158)

萌々

(85)

(28)

中立

(9)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
35
得点
1223
評価数
281
平均
4.3 / 5
神率
56.2%

レビュー投稿数35

メタラーの壮志さんがかわいすぎて

40才まで┅でマミタ先生を知り、
過去作を追ってたどり着きました

メタラーいい人説に全面的に賛成。
しかも今作の受、壮志さんはとても器用で
お料理もお菓子作りも編み物も上手なのに
口下手というギャップがすごい!

まっすぐ見つめながらコクコク頷く姿が
めちゃくちゃかわいいです。
ピュアなハートを守るためのメタラーなので
恋愛耐性はもちろんゼロですぐ気絶しますが、
拒否はしません。

とことん良い人の壮志さんが、幸せになるまでの道のりを、
あたたかい気持ちで見守る充実感。

今年一読み返している1冊です。

0

夜中に泣きました

マミタ先生といえば、個人的にはやっぱり『40までにしたい10のこと』が最高だなあと思うのですが、こちらのメタラーさんは、2番目に好きな作品です。

初めて読んだのは一年ぐらい前…かな?昨日久しぶりに夜中読み返して、初めての時と同じように少し泣いてしまいました。

受けがメタル好きのメタラーさんですが、メタルについて全く知らなくても問題なく世界観に入り込めると思います。

出会ってから好きになっていく過程、お互いを想い合う気持ちがしっかり描かれていて、じんわりしたり、ときめいたりしました。
やっぱりマミタ先生はストーリーがうまいなあ…

出会ってから三年目、最後に一歩踏み出して結ばれる二人の姿が本当に感動的!

メタルや音楽にはそんなに興味ないな、という方にもぜひ手に取っていただきたい作品です。

2

まったりかわいい

癒されました~ (ღˇ◡ˇ*)♡

見た目も性格も正反対な二人がお互いを理解し、寄り添うって感じの作品です。とてもシンプルな物語なんですが、テンポもキャラも良くて、なんかずっとこの優しさに浸りたいと思いました。個人的にみちこちゃんの恋愛相談室が一番のお気に入りシーン。

♦少しネタバレ♦

うまい!うまい!ってご飯をガツガツ食べてくれる遣斗が本当に犬みたいで可愛かったw そして、壮志のぼそぼそ言葉をちゃんと待って、真剣に聞き取ろうとするトコも素敵だなと思いました。

1

オリジナリティー溢れる物語

マミタ先生の作品を逆追いしてる形で読んでいますが、本当に素敵な作品を描く作家さんだなぁと思わずにいられません。

心の奥底にあるものを突くのが上手いというか、登場人物のキャラクターと物語の設定とのマッチングに惹きつけられます。
しかも。今読み終えている限りでですが…どっかで読んだありきたりな話でなく、オリジナリティー溢れる切り口と着眼点であるのもそそられます。

BL歴が比較的浅い私としては、みなさんのレビューや評価を参考にして素敵な作家さんに出会えるキッカケになることが非常にありがたいし、嬉しく思っています(*´꒳`*)
この場を借りて…レビュアーの皆さんありがとうございます^ ^


さて、話がどっかいっちゃいましたが本筋に戻しますね。
マミタ先生作品を読んで3作目となるこのお話もすごく良かったです!やっぱりストーリーがめちゃくちゃ良い!!

格安アパートの隣人さん同士の恋愛物語に、最初はほっこり、中盤は切なく…最後は涙が出ちゃうほど嬉しく気持ちが温かくなりました。

序盤は遣斗の視点で、メタル好きの壮志に惹かれていく過程が描かれていて、後半は遣斗の告白になかなか答えることができない壮志の焦りや怖さを抱えた心にフューチャーしています。
発語やどもりのせいで自分の気持ちが表現できない壮志の悲しみが胸にジクジクする描きは、読んでいる私の心にも重く響きました。


どちらの悲しみにも触れた後に訪れた幸せな瞬間は、この上なく素晴らしかった…

大好きな人に自分の気持ちを伝えられる喜び
大好きな人に自分の気持ちが伝わる幸せ

壮志はたくさん感じとることが出来たし、そして遣斗も壮志の想いを知ることが出来た見事なハッピーエンド!目頭が熱くなりました。


メタルの知識も獲得できるお得な作品(笑)
とっても素敵なストーリーなのでおススメ度大です^ ^♪
マミタ先生の過去の作品をまだ全部読んでいないので、制覇するのが今から楽しみです!

4

優しい気持ち

このお話 沁みます。
是非 皆さんにも読んで欲しい作品です。

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP