ちびたぁさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性ちびたぁさん

レビュー数30

ポイント数237

今年度87位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

今までと違うボイスシリーズ!!

声優の恋愛を描いているボイスシリーズ。
基本声優×声優で、声優業界を中心に派生カップルなど様々なカップリングが楽しめて、毎回楽しみにしていました。

今作は、歯科医×元ヤン声優ということでしたが、特に職業は関係ありませんでした。
歯科医でも、声優でもある必要は無いのかな?と思いました。
毎回シリーズのキャラが絡んできますが、今回はモブキャラのような感じでした。

ボイスシリーズとは別物だと思えば楽しめるかと思います。私はボイスシリーズが好きだったので厳しめな評価になってしまいました。

ロミオとジュリエット

身分差や家系など、恋には障害があれば燃え上がりますが、この2人はまさしく、ロミオとジュリエットのよう。

前巻で単身ヴァラヴォルフの拠点に乗りこんだマレーネ。
ラブラブパートは少なかったですが、無事にリリーの誤解も解けて、お互いの気持ちも確かめることができました。
抗争について今回の巻はそれほど大きな動きはありませんでしたが、何やら不穏というか、何か2人の中を決定的に引き裂くようなことが起きそうな予感がしています。

リリーやマレーネが幸せに暮らせるにはどうしたらいいか考えますが、2人の出生や立場を考えると全く思いつきません。座裏屋先生、どうか2人に明るい未来が訪れるよう、よろしくお願いします(;_;)

見返りを求めない無償の愛。

1巻発売から3年近く経ち、待望の2巻!!
個人的には前巻より公耶さんが澪ちゃんにデレ始めた?と思うような仕草や行動があってキュンとしましたが、澪ちゃんはそれに気づいていないので、何かあったら自分を見放していいと、公耶のためなら命も惜しまない様子。

どうしてそこまで公耶に尽くすのか…ちょこっと出てきますがまだ謎も多いです。

そして、衝撃のラスト!!!!
え、こんなとこで終わるんですか( ; ; )と叫びたくなりました。先生曰く、こういう終わり方にしたのは、たくさんの作品があるこのご時世、印象に残るためだとか。
このモヤモヤの中でまた3年も待つのは辛い!!

2巻で1番好きなシーンは公耶さんの眉間押さえアンコールでした。2人ともかわいい(´∀`)

幸ちゃんとハルちゃんの人生の縮図

ハルちゃんと幸ちゃんは幼なじみで家もお向かいさん。
いつも一緒にいましたが、高校進学を機に別々の高校へ…

高校生の時に2人は付き合うことになり、大学受験へ。おバカなハルちゃんは幸ちゃんと同じ大学に行こうと猛勉強しますが、模試の結果はE判定。途方に暮れるハルちゃんに、幸ちゃんは自分のランクを下げるのか?と思いきや、「一緒に暮らそう」との提案。

このように、幸ちゃんは常にハルちゃんとの未来を考えて行動しています。
社会人になり、サラリーマンになった幸ちゃんとモデルになったハルちゃん。
幸ちゃんは海外出張もある忙しい会社に就職しますが、この会社は幸ちゃんがどうしても入りたかった会社だから我慢するハルちゃん。そんな中、ハルちゃんと幸ちゃんがキスしているところが週刊誌にとられます。
ハルちゃんは幸ちゃんに迷惑かけたくないと否定しますが、ここで、幸ちゃんがなぜその会社に入ったかが明らかに!
そう、幸ちゃんはハルちゃんと結婚を考え、LGBTに理解のある会社を選び就職していました。

その後、2人は結婚し、ハルちゃんは幸ちゃんの存在をメディアに公表し、2人は幸せに暮らしましたとさ!てなお話でした。

1冊に結婚まで描かれているので、少し物足りなさが残りましたが、泣き虫なハルちゃんとそれを支える幸ちゃんの幸せな姿はほっこりしました。

表紙買いだったので攻めの幸ちゃんが受けのハルちゃんより背が低いのは予想外でした。

仙台が首ったけ

ジュリアが記憶喪失となり別々の道を歩んでいる2人。

みきおは未だにジュリアのことは忘れられていませんが、4巻よりはマシかな?というレベルです。仕事に影響は無くなりましたが、無茶な飲み方は辞められず・・・毎日スト○ングゼロをガバガバ飲んで辛さを忘れようとしてます。

そんならみきおを支え、好意を抱いてる仙台。
仙台が自分に向ける感情がジュリアが向けていたものと同じだと気づき、戸惑うみきお。
忘れたくてもテレビをつければジュリア、街中に出ればジュリア。嫌でも耳や目に入ります。

そんな不安定なみきおを支える仙台がかっこいい!!
仙台もみきおへの感情を全面に出すようになってからのキスシーンと、好きだと言いながらのあのシーンは泣きました( ; ; )
あれだけ感情をぶつけても、みきおはルシアンからの電話でジュリアのもとへ行ってしまう。
残された仙台を思うとまた涙が(;_;)

ジュリアも不安定で、みきおの夢を見るために睡眠薬を過剰摂取して運ばれてみきおが病室にかけつけ5巻終了。
約2年ぶりの再会です!!
これからどうなるのか想像がつきませんが、最後まで見届けます!!

白ちゃん可愛すぎる!!!!

お金持ちのスパダリ攻め×無知無垢な獣人のお話。

この世界には人間のほか、獣人が暮らしています。アヒルや蛇、コウモリなど色々な獣人がいる中、白ちゃんは犬の獣人です。
獣人には主に3タイプいて、人間のペットとして飼われる血統書つき、管理区で隔離され、迫害を受ける混合種、そして、希少価値が高く闇オークションで高値で取引されている稀少種がいます。

白ちゃんは混合種としてお父さんと管理区生活していましたが、実は稀少種です。お父さんの死後身寄りがなく、悪い混合種から逃げている時に管理区外に出てしまい、瑛一と出会います。

瑛一は白をペットとして躾けるのですが、関わっていくうちにペットとしてではなく、本当の愛情が芽生え・・・
てな感じのまさに王道ストーリーです。
みんな大好き、闇オークションもあります。瑛一は白を救うために一体いくら出すのか?乞うご期待です。

絵がとてもきれいで、特に白ちゃんが可愛く描かれています。サラッと読めるので、気になる方はぜひ!!

攻めザマァ!!!!

普段、小説は読まないのですが、私の好きな攻めザマァ展開だということで初めてBL小説を手に取りました。

初めてでしたがスラスラ読めて小説もなかなか面白いな!と思えました。

肝心な内容ですが、絵のことになると恋人そっちのけで没頭してしまう克己と、そんな恋人の世話を焼くチャキチャキ系の昭良。

克己がどれほどかというと、絵のインスピレーションが浮かぶとデートの約束も忘れ、連絡もなしに昭良そっちのけで画廊に閉じこもったり、ピクニックデート中にも卵焼きのコゲからアイディアが沸き、何も言わずに帰ったりやりたい放題。始めは仕方がないと許していた昭良ですが、自分も就職して忙しいのに、克己は自分では何もできないから週末には克己の家に行き家事をする生活に疲れ始めていた矢先。
克己が以前から絵のモデルにしたいと恋焦がれていたリオンと出会ってから2人の関係は崩れていきます。

リオンとは克己の恩師のパーティーで出会います。昭良がパーティー会場に来ていた男に言い寄られ、克己が助けてホテルの部屋に向かう途中でリオンとすれ違うのですが、克己は傷ついてる昭良そっちのけでリオンを追いかけます。それだけでも酷いのに、その後リオンは克己の家に居候するようになり、リオンは週末に訪ねてくる昭良に冷たくあたります。

その後も昭良が傷つくような出来事が続き、別れを決意します。

ここからはお待たせしました、攻めザマァ展開です。
なんか、克己がかわいそうというか、哀れな感じでした。
付き合っていた頃は昭良の誕生日も忘れていたのに、絵をプレゼントするところは涙がこぼれました。

最後はハッピーエンドなので、攻めザマァ好きな方は読んでみてください!

2人の関係に進展が!

前作の「何かいいの見つけた」では、話の内容よりも2人がラブラブイチャイチャするのを楽しんでいましたが、今作は新たなキャラ2人の登場により、2人の仲がより深まるというか、確かなものになっていく感じがしました。
遊びか成り行きかわからなかった大杉先輩も、本当に小春を大切に思っていると伝わってきたし、流されただけでは?と思っていた小春ちゃんも、ちゃんと先輩が大好きだとRe:で伝わってきました。

なんと、まだ続くとのこと!!!!
2人の恋の行方と新たな鴫原くん、八度くんの登場でますます目が離せません^ ^

可愛すぎる野末さん(39)

歳を取ると新しいことに挑戦したり、新しい人間関係を構築するのも面倒になり、家と職場の往復に週末は家から出ない繰り返しの生活。そんな野末さんの毎日を輝かせてくれた外川。野末さんが感じていた虚無感がすごく共感できました。BL漫画ではありますが、働くこと、歳を取ることについて考えさせられました。

そして野末さんがかわいい!かわいすぎる!
スマホのメール機能使いこなせないとことか、老眼眼鏡なとことか最高!!!!

2人が結ばれるまでがたっぷり描かれていますが、その後のラブラブな2人がさらにいい!!
キス止まりかと思いましたが描き下ろしが♡♡
ぜひ、たくさんの人に見ていただきたい作品でした。

ファンタジー異世界BLの詰め合わせ

表題作の「猫田くんこっちにおいで」他、3作品が収録されています。ページ数はどれも同じぐらいでした。

・猫田くんこっちにおいで
漁師の和真とノラネコの猫田のお話。
表紙買いしたので、猫がある日人間の姿で現れた!系な話かと思っていましたが、このお話の世界では人間の姿をして話もできる猫田のような存在を猫と認識しているようでした。ノラネコの猫田が和真と家族になれてよかった!
書き下ろしの予防接種のお話が好きでした。

・孵化する体温
1番サラッとしていた印象です。
自分を殺して母親の言いなりで暮らしてきた千春と幸福を授けるオヒロイ様という神様のお話。

・鬼先生とヤンキーくん
鬼であり教師でもある鬼先生と、過去に鬼先生に助けられ一目惚れしたヤンキーくんのお話。

・それは遠い星からやってきた
銀河警察で触手の敵と戦うビビとそれを目撃した人間の天野のお話。

個人的に鬼先生とヤンキーくんが好きでした。
ファンタジーBLが好きな方ならきっとハマる作品があると思います。
ただ、短編集なので疑問が残る部分もあり、要注意です。