あおい★さんのマイページ

レビューした作品

女性あおい★さん

レビュー数0

ポイント数0

今年度--位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

主人公が“あて馬"でも良かったんだけど?

原作未読で、CDのみ視聴済み。
大人な恋で、微妙な三角関係ストーリー。

話としては、せつない系で良かったけれど、
個人的に吉野(cv.興津)と、観月(cv.近藤)がくっつけばよかったのにーーー。って思うのだが…
昔から観月は吉野のことを好きだったのに、そんなにすぐに忘れられるの??
本当に浅田(cv.羽多野)でいいのか??
アイツはノンケだぞ???

ただ、いつもは名字呼び捨てなのに、最後の濡れ場で、下の名前を呼び捨てする二人は、とても良きでしたw

書籍化希望!!マイベスト5に入る作品!

特装版ではない方を元々読んでたのですが、
おまけ付きを読みたすぎて、、
心打たれるマンガは紙で読みたい派なのに、電子書籍しかないから、仕方なく電子で購入したよっっ(怒)ってくらい買って良かった1品です!!

幼なじみだった同級生が、実は何百年も生きてきたドラキュラ(攻め)だった…
というファンタジー要素ありつつも、後は現実味あふれるストーリーで、
BLなんだけど、内容がBLじゃない!

なんといっても、ヤってる描写が皆無なのに、エロい!!!!
首から血を飲む姿なんか、もう、そーゆーシーンに見えて見えて仕方ないww
(飲んでるのは血なのに…)

【攻め】も【受け】も出来ちゃうの?そっちの意味での両刀使い

このCD 、
いつも通り幸せなカップルのほのぼのストーリーかと思いきや、
え?ホントに??いきなりそのカップリングできた!??というびっくり仰天なストーリーでした。

幸せ?とは言いがたい、
というか、悟の父親、ひどすぎじゃない??
結婚して、妻が亡くなる(悟の本当の母親)と、
再婚し、再婚したのにも関わらず、
ゲイの会員制クラブ?か何かに登録をしてるとか…
そこで篠原和征と出会い、そうゆう関係になるとか…
もう、意味がわかりませんww
彼は(父親)何がしたかったの??
てか、父もゲイで…攻め……!?!

そうなんです!
和征(cv 帝王森川さん)は父親との関係では【受け】になり、
悟(cv たっつん)とは、【攻め】になる。
そーゆー意味での両刀使い!!!!

今まで聞いてきたことない設定でしたが、
たっつんの声も可愛かったし、
帝王森川さんの声もエロくて……良し!

泣けるBL (殿堂入り)

※こちらは2巻まであります。
ぜひとも、2巻まで読んで下さい!!
2巻、号泣できます。泣けるBL作品!!!

「きみのお母さんは殺されたんだよ」
で、始まるストーリー。
それを知らない【攻め】伊藤克哉、
義理の父親【受け】伊藤透。
克哉は、ずっと義理の父親の透に片思いしているが、想いを伝えてしまったら、この関係も全てなくなってしまう。
言えずに、気持ちを隠して生きてきた。

シリアスな内容、血のつながらない親子という設定値、
話の展開、
どれをとっても、これは究極のBL作品です!!
読んで、後悔なし!!
何度も読み返したくなる一作です!

9の人とか6の人ってなんだよw

原作未読 ドラマCD1は視聴済み

お付き合いをしている二人。
【受け】篤は、
「しばらくエッチをしないでおこう!」と提案。
【攻め】純也(森川帝王)が了承し、
全く触ってこなくなったのが寂しかったのか、
一人でシテしまう…

で、しびれを切らして、結局したいと言った篤、
仲直り?エッチで、初"69"をする。
そのシーンで、
「9の人!!」っていう篤(by 水島さんボイス)
「あぁ、篤が6で、俺が9ね」ってかえす純也
(by 帝王森川ボイス)


ここで笑えましたw
……イヤイヤ、9の人って言い方w
認めちゃったし。

という具合で、こちらもラブラブなお二人さんが
聴けました。

森川帝王のワンコ攻めボイスが聴けます=耳が妊娠

原作未読。

帝王の声が聞きたくて、こちらを視聴。
ワンコ攻めが好きなので、
こちらのCDは帝王のワンコなボイスが
たーーくさん聴けます!


元々、幼なじみの二人。
幼い頃、長谷川篤(cv 水島さん)【受け】は犬が好きで、
犬を飼いたいけど、マンションなので飼えない。
そんなところに、麻生純也(cv 帝王森川)【攻め】が
引っ越しをしてくる。
それから12年。大学生になった二人。
純也は、長谷川篤の事を片思いしていた。

CD冒頭から(帝王の)愛の告白…
そして、ストーリーが進んでいくにつれ、
帝王のワンコモード&アブノーマル発揮。

結構イチャイチャするシーン多めです。
そーゆーシーンの帝王が聴けるのは、
こちら的には有り難いですけどww

こちらのCDはシリーズで3枚&付録CDがあります。
成長していく、彼らに期待。

束縛系ベタベタ教師は、最後の数ページのみ(もっと見たかった)

冒頭、社会科準備室で、いきなり先生と生徒が
絡み合っているシーンから登場!?するので、
「あ、そーゆーマンガか…」
と思っていたら、
全くそんなことはない!
切ない系のストーリーでした。

【攻め】北原先生は、全く束縛もしないし、
ベタベタもしない、なんなら距離をおいて接してきます。
それもこれも、生徒である【受け】三尾朝陽を
想っての行動。

「三尾はいつか、僕を忘れる」

と思っている北原先生。
それは過去にも同じような経験があったから。
でも、三尾はまっすぐ素直に気持ちをぶつけてきて、
それを受け入れた後の北原先生の束縛っプリが
ヤバい。(好き)
最後の方は、お二人のイチャイチャ度120%が
拝読できます。素敵…

※こちらのマンガはこれだけでも楽しめますが、
この後に出版している、
"あの日のきみを抱きしめたなら"が
サイドストーリーとしてリンクします。
(三尾の姉が↑では、会社の先輩として登場)

「おまえがうぜえと思っても追いかけてやるから」by 攻め

やっぱり尊かった…

冒頭シーンは完全に1巻からの続きです。
(1巻見た方、どうぞご堪能下さい)

見事、カップルになれたが、
秀利にDVをしていた元彼が、
電話で会いたいと言ってきたり、
健吾の学生時代に付き合っていた彼女との
再開があったりと、
まぁ、よくありそうな流れにはなってくるのですが、
健吾がなんせ、男らしかった!カッコイイ!
秀利を守ろうとする彼の行動、発言が大人!
だけど、秀利の前だけでは、かなりのワンコ。
もはや、どっちがずっと片思いしてたの??
と考えるくらいで…

終電を逃して、二人でビジネスホテルに泊まっちゃうくだり…
朝帰り、二人で始発電車に乗り、健吾が言ったセリフ…
(このレビューのタイトルです)
嗚呼、もう…ごちそうさん。

ノンケ×ゲイって… 尊いですね(悟り)

※こちらの作品は2巻まであります!
続き、絶対読んで下さい!!2巻は神評価!!
(レビューしてます)

ゲイ【受け】の秀利は2年先輩、
ノンケ【これから攻めになる】健吾とは幼なじみ。
元々、ゲイの秀利はノンケの健吾の事が好きで、
片思いするも、家族ぐるみで付き合いもあるし、
秀利の高校卒業式の日に、
自分がゲイであることをうちあけ、そして、
告白しようにも、これからも変わらず友達だ!
と、先に言われてしまい、
以後、数年は二人とも恋人を作るが、
うまくいかず、しかも、
秀利の方は、恋人からDVをされてしまう。

といった、シリアス&ピュアなLOVEstory
1巻だけじゃ、まだ甘さが足りない…
でも、これは、攻めがワンコになる予感…

cv 平川さん、攻めなんです!

原作未読で聞きました。

時代背景が昔なのか、現在なのか、、不思議な
昔の吉原、遊郭っぽいお話。

綺蝶【キチョウ】(攻めcv 平川さん)も
蜻蛉【カゲロウ】(受けcv 緑川さん)も
遊郭の人に買われた身分。
みずあげ(初体験)を客とすることになるのは、
遊郭に買われた二人には当たり前のこと。

同じ年くらいの二人、
綺蝶が先にみずあげをし、
数ヶ月後に蜻蛉もみずあげしてしまうところに、
突然、綺蝶が蜻蛉を襲う…

そう…いつもいつも平川さんは受けばかりなのに、
このCD では、攻めなのです!!珍しい…
で、やっぱり緑川さんは受け。(うん、わかってた)

ストーリーも面白いし、
ラストに近づくにつれ、切なくなり…
満足の作品でした!