あの日のきみを抱きしめたなら(2)

あの日のきみを抱きしめたなら(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×29
  • 萌11
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
17
得点
165
評価数
40
平均
4.2 / 5
神率
47.5%
作画
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
ルチルコレクション
シリーズ
あの日のきみを抱きしめたなら
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344816749

あらすじ

想いが通じ合ってからようやく秀利が口にした「好き」という言葉…。回り道して辿りついた幼馴染みのふたりの恋は…。
出版社より

表題作あの日のきみを抱きしめたなら(2)

六浦 健吾(編集者・幼馴染)
沢木 秀利(デザイナー・幼馴染)

その他の収録作品

  • あとがき 山本小鉄子
  • ウレシイナヤミ
  • あとがき 崎谷はるひ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

完結編

自分の気持ちがつかめず、しかし幼なじみのことも忘れられず、もだもだ悩む攻め。同僚の男前な女性に相談したりして、少しずつ二人の関係に前向きになります。

一方、ノンケだからこそこちらに引きずり込まないように、とあえて突き放していた節もある受け。しかし、突き放すなら徹底的にやらないといけないと思うが、そうでもなく振られたりひどい彼氏だったりすると攻めを頼ってしまうあたり、こっちももだもだしてますね。

気持ちに完全に目覚めないままHしてしまう二人ですが、なんだかんだで攻めがようやく腹をくくってハッピーエンド。

コミックに説得力があってよかったけど、どっちもうじうじしてどっちつかずの展開はちょっと2巻分が長く感じました。

0

「おまえがうぜえと思っても追いかけてやるから」by 攻め

やっぱり尊かった…

冒頭シーンは完全に1巻からの続きです。
(1巻見た方、どうぞご堪能下さい)

見事、カップルになれたが、
秀利にDVをしていた元彼が、
電話で会いたいと言ってきたり、
健吾の学生時代に付き合っていた彼女との
再開があったりと、
まぁ、よくありそうな流れにはなってくるのですが、
健吾がなんせ、男らしかった!カッコイイ!
秀利を守ろうとする彼の行動、発言が大人!
だけど、秀利の前だけでは、かなりのワンコ。
もはや、どっちがずっと片思いしてたの??
と考えるくらいで…

終電を逃して、二人でビジネスホテルに泊まっちゃうくだり…
朝帰り、二人で始発電車に乗り、健吾が言ったセリフ…
(このレビューのタイトルです)
嗚呼、もう…ごちそうさん。

1

あの日のきみへ

幼馴染同士がすれ違う、切ないラブストーリーの2巻です。今回は、1巻より覚悟が決まってカッコ良くなった健吾にキュンキュンします。1巻より2巻の方が断然面白いです。

やっと結ばれた二人。
健吾はハッキリと恋愛だと自覚してないけど、秀利にはいつも真剣に向き合ってる姿に好感が持てます。また、秀利を不安にさせないように健吾の元カノにハッキリと言うところや、秀利と一緒に里帰りする様子がカッコ良くて萌えます。10年前の秀利を傷つけたことを後悔して、これからは全部取り返すと決意してるのが良かったです。
おまけに、戸惑いながらも喜んでる秀利も可愛いし。
最後は、一緒に暮らすことになった二人の、バカップルぶりに癒されます。
ただ、残念だったのは、スーツ姿の金沢が子供にしか見えず…。
でも、切なくて胸に染みるような、読後感の良い1冊です。

3

この先輩の話は必要だったのかしら?

長い両片思いがしょっぱなから、綺麗にまとまってしまいます。
お、おめでとう!
その後は、秀利が付き合ってたDV男との別れ話や、親にカミングアウトする事、同窓会で出会った同じく旦那にDV受けている昔の健吾の彼女の事などが描かれていました。
特に、昔の彼女!
いるいるこういうタイプ!
これを最近女子力高いやら何やら云ってしまうかと思うと、うんざりします。
しかし、云ってる事は正しいのですが健吾がえらい冷たいですよね(笑)
ノンケとか云ってますが、完全に女に興味ない男なんですけど。
この先輩の話は必要だったのかしらと、私も思ってしまいました。
同じ女子でも、健吾の同僚の三尾さんは好きです。

まあ、色々あったけれど、最後には二人で暮らす事になり、めでたしめでたし。
末永くお幸せに!

0

幸せより切ない

やっと健吾が腹をくくり踏み出しました
今まで何してたんだよと、
思ってしまいましたが、
それ位の時間が必要だったのかもしれないですね

健吾が好きでたまらないのに
受け止めてはもらえない、寂しさと辛さから違う人を求めてしまう

暴力は絶対よくないですが
金沢さんの気持ちもわからなくはなかったという印象にかわりました

秀利の長年の辛さを考えると単純に良かった幸せにねとは
言えないですが

あの日あの時抱きしめていたらと気がつけた健吾に
がんがん甘えてもらいたい

1

俺得は夕奈さんだけ(笑)

私は『あしたのきみは~』の方が好きだったなぁ(´・ω・`)

何かスルスルーっと話が終わった気がする……

『あしたのきみは~』でもレビューしたんですが、崎谷さんにはシリアスよりあまあまラブラブカップルを書いていただきたい(>_<)

なので、2人のいちゃいちゃシーンは可愛くて好きでした(*´∇`*)

しかもノンケ×真性淫乱とかただの私の好物です(笑)

それにしても……こんな美しい28歳がいてもいいんでしょうか?
まじ美人だわーhshs

0

1巻と同時購入

山本小鉄子先生のファンなので、1巻と同時に購入しました。

1巻のレビューでも書かせていただきましたが、やはり私には合わなかったです。

前巻では健吾を思い遣るあまり腹を決めきれていなかった秀利が、健吾と生きていく決意を決めて見事ハッピーエンドになったことと、ふたりのバカップルぶりが微笑ましかったので、「萌」評価にしました。

前巻同様、小鉄子先生の作品特有の可愛らしい雰囲気はあまりありません。
崎谷はるひ先生の作品が好きな方の方が楽しめるのではないかと思います。

0

やっぱり女性キャラが…

やっぱり女性キャラの描き方が苦手でした。
なんか「男に媚びるイヤミ女」として描かれるだけで終わってる渋谷先輩が、ちょっと可哀想になっちゃったな。
DV男の金沢にすらきちんと救済を与える優しい視線はあるのに、なぜ渋谷先輩には救済を与えないんだろう。
なんていうか、男性キャラについては「そうしてしまう理由」を根っこから考えてあげるのに、女性キャラには冷ややかな視線を浴びせるだけって感じで。
受けが色んな男と寝る理由、金沢が殴る理由、攻めが長く自分の気持ちと向きあえなかった理由、繊細な部分まで描かれている。そこはすごいなと思う。
対する女性キャラのほうは、否定的な分析で話が終わってしまう。見た目に可愛くて男にモテる女の本質はこんなもんなんだぜ(ドヤ)、みたいな冷たさ。
で、肯定的に描かれる女性キャラというのが、主役カップルを全肯定し、ズケズケ踏み込むセリフも厳しい言葉もすべて愛ある友情ゆえという絵に描いたようなサバサバ系…紋切り型に必ずなる。
いっそ崎谷はるひさん、女性キャラを登場させないで欲しいなァと思いました。
主役や主役のまわりにいるキャラについての心理描写が細かくて優しいだけに、余計にそう思います。

主役カップルの恋の話はとても良かったです。
とくに攻めがカッコよかったです。

1

続編

こちらも前編同様、丸ごと1冊全部がひとつのストーリー。

この続編は、せつない・つらい、という感じだった1巻よりも
穏やか~な印象です^^
1巻とは2人の表情の変化が大きくて、楽しいです。
それに、お互いを理解してからの
小さな小さな嫉妬やつぶやきがオモシロイ!!

1度読んだ後に、そういう部分にも注目しながら
もう一度・二度・・・と何度も読みました~。

1巻・2巻と、2冊合わせて何度も何度も読み返して
何度もドキドキキュンキュン楽しめた作品です♪

0

ほわn

完結ww
前回カップル成立で、その後~の清算踏まえな一冊でしたね。
もちろんラブHもはさんでまさにハァハァな展開*:.。☆..。.(´∀`人)
DV男との清算とか、同窓会~とか
なにより家族との和解とか。
その後のホノボノエピソードがなんともココロホッコリさせてくださいました。

また
この後輩君のキャラクターがなんとも可愛いのであります。
デレデレだったり、ワンコだったり、
エロ~だったりwwこういう子好きです。
末永くおしあわせにw

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ