蒼天の覇者 -風の系譜-

蒼天の覇者 -風の系譜-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813011156

あらすじ

★ロマンチック、そしてドラマチックな運命の恋をあなたに★

内アジアの風習を研究する大庭蒼は、大ハーンの財宝を守るた部族エフタルを訪ねるため、上司である大学教授と地図にない土地アルザナードに向かった。しかし、アルザナードは遠く、砂漠の激しい気候に倒れたとき、運命的な出会いを果たす。倒れかけた蒼を助けてくれた男こそが、エフタルの若き王者バアトルだったのだ!だが、蒼は禍を運ぶ者としてエフタルの民から冷たい視線を向けられる。そんななか、バアトルとその家族だけが蒼に優しくしてくれた。古の覇者を思わせるバアトルに惹かれる蒼。だが、蒼にはバアトルに言えない秘密があり…。

(出版社より)

表題作蒼天の覇者 -風の系譜-

ウルムクの族長・バアトル(24)
大学院生・大庭蒼(24)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ファンタジー?いいえ現代ものです

大学で民族の風習を研究している教授の助手を務めている蒼は、教授のお供で大ハーンの財宝を守るという風の民ウルムクを尋ね、地図にはない土地アルザナードに向かう。
過酷な環境の中で死を覚悟した時、蒼の前に一人の男が現われた。
彼こそがウルムクの若き族長、バアトルだった。
バアトルに助けられ、彼らの集落に連れて行かれる蒼だったが、民たちからの視線は酷く冷たい。なぜなら外からやってきた蒼は禍を運ぶものだという。
たった一人だけ自分に優しくしてくれたバアトルに急速に惹かれていく蒼だったが……

タイトルとあらすじからてっきりファンタジーかと思ったら意外にも現代ものだった。
砂漠の民の族長×大学の研究員。
舞台設定はおもしろいけれど、色々都合のよさとかパターンっぽさはいなめない。
族長は許嫁とかもいたはずなのに、あまりにもあっさり蒼を好きになるし、これからはもっと外の世界を受け入れるべきだ!!ってあまりにも簡単に決意してしまったように見える。
蒼に対してもな、割と最初から優しくしてくれるけれど、それよりは最初は外の世界を(蒼を含めて)拒んでいるけど実は優しいとかの方が萌えるかもし続きれない。
……っていう個人的な好みきわまりないことはよくわかってます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ