両想いの確率論

ryouomoi no kakuritsuron

両想いの確率論
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
5
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199603099

あらすじ

高校生の翠(みどり)は、無口でクールな親友・
加納(かのう)に片思い中。けれど翠の留学直前、
突然加納が翠を避け始めた!? 
理由が解らず従兄の英(はなぶさ)に泣きつく翠。
英は翠の高校の数学教師で、翠には兄がわりの存在。
その英が愛しげに翠へ寄り添う姿を見てしまった加納は、
急に翠を抱き締めて!? 学園トライアングルラブ!
(出版社より)

表題作両想いの確率論

加納有衛 高2・翠の親友
狛澤翠 留学を直前に控えている高2

同時収録作品SCENE:AFTER

その他の収録作品

  • SCENE:1
  • SCENE:2
  • SCENE:3
  • SCENE:4
  • SCENE:4.5
  • フリートーク

評価・レビューする

レビュー投稿数2

・・・ワケわからん。

夏乃さんの絵柄は好きなんです。ほぼ小説挿絵で、漫画は(原作つき含め)こちらともう何作かしか拝読していませんが。

ただ、こちらは古いからか絵も少しぎこちない感じはします。それでも、やっぱり絵柄そのものは綺麗で好きではあるんですけどね。
白黒のコントラストのはっきりした画面も、独特の(と感じる)コマ割りも、それ自体はいいんです。

しかし、とにかくキャラクターもストーリーも、何に言及していいのか困ってしまうくらいに意味不明でした。

なんというか、地の文で説明して補える小説ならまだしも、漫画なのに絵や台詞で表されない行間(ではないけど)が多過ぎる気がしました。作家さんの頭の中には、もっときちんとしたお話があるんだろうな~という感じかな。

極端な話、本の裏のあらすじを確認しなきゃキャラクターの想いの方向や、どういう三角なのかさえよくわからないほどでした。


申し訳ありませんが『ストーリー漫画』としてはあまりにも微妙でどうしようもないです。ホントに、絵が好みじゃなければ『しゅみじゃない』でしかない。

ただ、こういう雰囲気というか空気感を楽しむにはいい作品なの続きかもしれません。あっさりしてさらっと乾いたイメージです。

1

なかなか煮え切らない攻め様にヤキモキ

この作家さんは絵柄が気に入って読み始めた作家さんなんですが、間の取り方や雰囲気、台詞にも少しクセというか、特徴があって、読む人によっては分かり辛かったり物足りないと感じる作家さんだと思います。
この作品にもそれは表れていて、時々「ん?」という展開がありました。
とは言うものの、この作品の魅力は正にその「ん?」にあるのではないかと思います。
まず登場人物の関係を説明すると、

・狛澤翠…高校2年で留学を控えている。両親を亡くしており、従兄弟の英の実家に引き取られている。数学大好き。
・加納有衛…翠の親友で高校2年。語学コースに在籍しているが、数学を選択している。中学の時には英が家庭教師をしていた。
・英…翠の従兄弟で、翠と加納の高校の数学教師。

という関係です。
翠の心境は割と早く分かるのですが、加納と英の本音が中々分からなくて、一体誰を好きなんだ?とず~っと気になりつつ読んでました。
この微妙な関係性がこのお話を作っていて、受け様も攻め様の煮え切らない態度にかなりヤキモキさせられるのですが、読者も同じようにヤキモキさせられると思います(笑)。
恋愛度は薄目なん続きですが、私はこういう作品も結構好きなので楽しめました。
英の立場が絶妙で、結構ひねくれている所が好きでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ