恋人みたいに愛してよ

koibitomitaini aishiteyo

恋人みたいに愛してよ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
19
評価数
7件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775508213

あらすじ

ラブラブな恋人になりたいのに、勇人がベタ惚れした飛鳥は「お試しだ」と言って、セフレから格上げしてくれない。でもHしてる時はかわいくてエロくて、まるで本当の恋人同士みたい。
そんな飛鳥を「愛して愛してとろかしてやる」つもりだった勇人だけど、急にセフレを「もうやめる」と言われてしまい…!?(裏表紙より)

表題作恋人みたいに愛してよ

織本勇人,あけっぴろげな性格の高校生
西尾飛鳥,臆病な性格の高校生

同時収録作品僕のかわいい恋人

晴人,高校生
勝也,高校生

同時収録作品秘密で恋する

宮川,高校生
大崎,高校生,実家が大衆演劇をしている,17才

同時収録作品好きって言いなよ

成瀬,高校生
袴田,大学生

同時収録作品キスはのちほど

喜多見,美容師
アオ,美容師見習い

その他の収録作品

  • 僕らの話 前・後編

評価・レビューする

レビュー投稿数6

可愛い若者たちの恋

短編集で、全部で5組のカップルのお話が収録されています。
社会人が主人公のお話が1話収録されていますが、その他は全て高校生や大学生が主人公。
お話の雰囲気も恋をし始めたばかりというカップルばかりでHも少なめなので、BL初心者の方にもいいかもしれません。
最近村上さんの作品をまとめて読んでいるのですが、村上さんお得意のキャラ設定かなと感じました。
不器用さがツンデレにも見える受け様とか、ツンデレ眼鏡とか。
実家が大衆演劇をしているという高校生のお話『秘密で恋する』が珍しかったかな(個人的にもこの題材は好きでもあります)。なかなかこういう舞台のお話は読めないと思います。
女形の方たちってほんと綺麗なんですよね~。独特の色気もありますし。
このお話には演技中のシーンはなかったのですが、ちょっと見てみたかったという気も…(笑)。

1

可愛い恋人たちの話がいっぱいです

いろいろな恋のお話が詰まった短編集です。どのお話も、相変わらず可愛いです。

表題作も好きだけど、特に好きだったのは、高校生同士のお話の『僕のかわいい恋人』です。
最近付き合いだした勝也と春人。
喜ぶ春人に、勝也が言ったのは、二人の関係は秘密にするということでした。自分がゲイなのを公言してるのに、なぜ自分たちのことを言ったらダメなのか、自分が恋人だと思われるのがイヤなんだろうか…と春人は悩みます。

二人の関係を秘密にしていた、勝也の本心が可愛くてキュンとなります。
クラスメイトがカラオケをしてる場面に乗り込んで行って、「春人は俺のだ」と言い切った勝也がカッコ良かったです。
そして、春人が、勝也を好き過ぎるのも良かったです。
ほんと、可愛いバカップルにキュンキュンします。

いろいろなカップルが登場するので、お気に入りの1カップルが見つかると思います。

1

懐かしい感じが良いな

お試しな関係の2人
バイト先で知り合った2人の話です
片方は花屋さんで配達のバイト
片方は和食店のバイト
和食店の制服が似合わないと思ってしまうのは私だけかもしれません

好きになり告白するが、反応が揺らいでいるためお試しでもよいからということで2人の関係がはじまります

結構ざっくりがつがつ進むので、時間軸がみえにくい感じがしました

この作品の他にも短編読み切りが入っています
懐かしい古さのある作品ですし
イラストもとてもフレッシュですが
村上さんの作品が好きな方にはぜひ読んでいただきたい一冊です

0

大衆演劇っていいですよねぇ

[恋人みたいに愛してよ]
ツンデレ好きのはずなのに、なぜかあんまり萌えなかった・・・。なぜだっorz
多分表題作より、今回は短編のほうがおもしろかったと思います。
[秘密で恋する]
大衆演劇がリアルに好きなので、かなりびっくりです。ていうか、まぁアリかと思ってしまった。やっぱり女形は受けですよねぇ。梨園の話も読んだことがありますが、梨園は梨園の大衆演劇は大衆演劇の萌えがありますねぇ。
[好きっていいなよ]
メガネ萌えです。この話はエロがなくてもエロく感じたのは気のせいかなぁ・・・。
[キスはのちほど]
美容師ものです。いやぁ~。アオが可愛いです。この作品自体、もう少し続きが読みたいものばっかりで、ちょっと残念です。

1

はぁ~ツンデレ~

 ツンデレ好きですが、ツンデレだから萌える、と単純なことじゃないのです。
 ツンデレが、大いに活かされるエピソードや、ツンデレくんのちょっとした表情など、一つ一つが重なってキュンってなるのです。泣くのも、涙がボロボロこぼれるんじゃなくて、目尻に溜まってるくらいがわざとらしくなくて、丁度いいのです。
 胸が苦しくて涙があふれるような話はないのですが、小さく何度も感情を揺り動かされる感じが、くせになります。もっと読みたいと思うのです。

 どの著書も手に入りにくいので、出版社さん増版してくれと思います。

1

色々入ってます。

8割が学生もの、そして、高校生もの多いです。高校生といってもただの学園じゃないので、学園に印付けるの微妙なんですけどね。
表題作は「僕らの話」の続きなんで、そちらを先に語りますと、
高校生の勇人が、バイト先の花屋の配達で行った飲食店にいた、やはり高校生アルバイトの飛鳥(1つ年上)を気に入ったことから話は始まります。
勇人はノンケなんですけど、飛鳥がどうにも気になって、接近していきますけど、飛鳥はそっけない。めげずに近づいて気持ちを告げるんですけど、飛鳥の反応は自分が男をそんなもの法思想に見てたか?とそちらばかり気にして、結局は勇人が言い出した「お試し」でまず体の関係になってしまいます。
飛鳥は元々ゲイらしいのですが、その思いが相手に漏れて噂になってしまい、つらい経験をしたせいで相当に憶病になってて、どうしても勇人を好きでも「男同士の恋愛」に踏み切れないのです。

村上さんらしい細やかな人物描写が随所に見られる作品ばかりです。
気持ちがにじみ出るような行動やしぐさってのを描くのが本当に上手いなと毎回感心。
口ではなんだかんだと逆の事を言ってしまう飛鳥なんですけど、本当は勇続き人を好きってのを色々出してしまってそこがかわいくてしかたない。

表題作以外の作品も、まんま王道ってのもありましたけど、それも微妙に一ひねりがあって飽きないんですよね。
この作家さんの攻めってのは、少し嫉妬心が強い場合が多いんですけど、その嫉妬心がちょうどいいスパイスになってることがとても多い。
キュン!は結構詰まってると思います。おすすめです!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ