花散る夜にきみを想えば タクミくんシリーズ

花散る夜にきみを想えば タクミくんシリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
23
評価数
5件
平均
4.6 / 5
神率
60%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048540605

あらすじ

タクミくんシリーズ待望の最新刊発売!!「彼女ができたんだ…」二年前、矢倉から告げられた一方的な告白に打ちのめされた八津。そんな二人は託生とギイの同級生。その八津に復縁を迫った矢倉の騒動に巻き込まれた託生。他、『嘘つきな口元』も同時収録!!

表題作花散る夜にきみを想えば タクミくんシリーズ

矢倉 柾木(祠堂学院3年生)
八津 宏海(祠堂学院3年生)

同時収録作品嘘つきな口元

乃木沢 孟(文部大臣第一秘書)
蓑巌 玲二(祠堂学院3年生)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

脇キャラの萌え話満載!!!

タクミくんシリーズは、実は主役2人のお話よりも、脇キャラのお話が物凄く良かったり、萌えたりします。

今コミックスは、まさにその脇キャラのお話が2作品収録されていて、そして本当にとても萌えました。
どちらもプラトニックな感じがあって、それがまた凄く良かったです!!!

「花散る夜にきみを想えば」は、矢倉と八津のお話。
勿論ギイとタクミも登場するし、2人の甘々シーンもあるのですが、矢倉と八津のすれ違い恋模様がなんとももどかしくて、とても良いんです。
一度は付き合ったのに、実は八津の母親からの横やりで別れてしまった2人・・・八津はそのことを知らなかったので、突然一方的に矢倉から振られた・・・と思って傷ついていました・・・
矢倉としては、早く独立して大人たちからとやかく言われない立場になったら八津にもう一度告白するつもりでいたわけです。
そんなわけで、ずっとお互い好きだったのに、2年間すれ違っていた2人。
でも、思いがけない登場人物によって、そのバランスが崩れ、ついには八津はすべてを知ることとなったのです。
付き合っていた期間もとても短くて、キスもまだ1度しかしてなくて続き、もちろん体もまだ結ばれていなかった2人。
お互い両想いであり続けたことが分かり、そこで2度めのキスをし、そのまま押し倒すところが非常に萌えポイントです!!!
Hシーン自体は描かれていませんが、まだ着衣の状態で矢倉からぎゅう~っと抱きしめられている八津がとても可愛いです。

「嘘つきな口元」は、蓑巌と、代議士秘書の乃木沢(蓑巌の父である大学教授のかつての教え子)とのお話です。
お互いに絶対に意識し合っているけれども、恋心とは認めていなかった蓑巌、恋心を自覚していて溢れる思いをどうしたら良いか分からない乃木沢(普段はやり手秘書なのに、蓑巌の前ではすっごく不器用になってしまう・・・)・・・
でも、久しぶりに再会した時に、蓑巌は、乃木沢から誠意が感じられないから、好きな気持なんて信じられない・・・と言い放ちます。そして、もし信じて欲しければ、電子手帳(時代を感じますね)内に登録の全女性と手を切った上、1年間の完全禁欲生活(もちろん風俗も禁止)をやり遂げるように・・・という条件を出します。
その条件をのんだ乃木沢。
理性を必死でコントロールして、禁欲生活に耐えようとする姿やシチュエーションに萌える私。
この1年間どうやり過ごすんだろう・・・とか、理性と戦っている姿とかを妄想して萌えてしまいました。
あと、条件をのんだ代わりに、「1年経ったら きみ 俺のものだからな・・・俺の言ってる意味わかってる?俺のきみへの愛を信じ その上で巷の恋人同士がしてるようなこと 全部俺とするんだぞ」と、乃木沢が言うのですが、この台詞にもまた激しくドキドキ!!!萌えを感じました。
このオブラートに包んだ感じの言葉で、すごくストレートな事を言っている・・・というのが何ともたまりません。
約束の1年後、やはり自分には無理だ(好きだけど相手について行かれる気がしない・・・あまりにも違い過ぎて・・・と及び腰になり)・・・断ろうと決めた矢先、乃木沢が海外で爆破事件に巻き込まれたかもしれない・・・という事態に・・・

そこで、乃木沢への思いをやはり消すことはできないと気が付いた蓑巌・・・
幸い乃木沢は無事が判明。そして、ギイのおかげで短時間ながら特別に国際電話で蓑巌と乃木沢が話せることに。
その中での乃木沢の台詞がまたすごく良いんです。
「俺は約束を守ったからな もう きみは俺のものだぞ・・・俺のものって意味わかってるんだろうな?」という台詞が凄く萌えました。
2人のラブシーンは一切描かれていないのですが、想像で十分萌えられます。




0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ