メンクイ!(新装版)

メンクイ!(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
28
評価数
10件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784862634962

あらすじ

学園で伝説と化した美しい兄を持つ唐沢ことりは、自分の凡庸さがコンプレックスになっている極々普通の高校生。なのに兄の影響か、美形の同級生・赤岩に恋をしたから本人は動揺&大慌てで…!? 新装版用に新たに再編集された特別バージョンで登場v
出版社より

表題作メンクイ!(新装版)

となりのクラスの美形
平々凡々な顔立ち(メンクイ)

評価・レビューする

レビュー投稿数5

普通の男子高校生たちの日常マンガ

田中鈴木さんの作品を初めてきちんと読みました。見た目は派手だけど一途な攻・赤岩×見た目は地味だけど可愛げのある受・ことり(面食い)、というキャラ設定はあれど、基本的には普通の男子高校生たちの日常マンガという感じです。わいわい楽しい雰囲気が良かったです。なぜか美形揃い(みんなイイ奴)のクラスメイト全員に愛されていることりがツボでした。

第一話で話のキーとなっていることりの兄・孔雀が主人公の「番外編」がとても良かったです。ちょっと泣きました。設定は少々強引に感じましたが、孔雀の友人(地味~に変態)の行く末も含め、その後のお話が読みたいと思いました。

0

絵は古いけど

古い作品なので、絵が今時じゃないのですが、しかも、メンクイという言葉、久しぶりに聞いたという感じですが、イケメンばかり出てくるのでなかなか面白かったです。
赤岩くんとことりとの恋愛話かと思いきや、実はことりのお兄さんとことりにも秘密があったり、普通に学園ものかと思いきや、最後の方はSF要素があったり、漫画ならではの盛りだくさんな設定でした。

0

兄萌え!

誰もが賞賛する程の壮絶美形の兄を持った影響なのか、綺麗や格好良い人にやたらに弱い「メンクイ」で地味な平凡な容姿のことり[受]
そのことりに恋した美形、赤岩[攻]とことりとのコメディチックな学園物です。
つきあい始めた当初こそ友情から恋人に変わった事で多少ぎくしゃくしたりもしましたが基本的にラブラブカップルです、この2人。

このカップルより萌えるのが、ことりの兄、激美形の孔雀。
彼は血の繋がりのない弟ことりを弟以上の存在として愛しています。
彼が愛するのは弟のことりただ一人。
けれど弟を裏切りたくない孔雀はことりにそれを告げる事はありませんーおそらくは一生、孔雀は裏切り者にはならないのでしょう。
兄弟物スキーとしてはこれ萌え!とも思いつつも裏切り者にはならない、と言う孔雀が切なくてそれもなかなかツボでした。

0

メンクイ!(新装版)レビュー。

ブサカワ革命の予兆が感じられる作品。
新装版の方を先に読んだのでコチラをレビューします。新装版用に新たに再編集された特別バージョン仕様…らしいです。確かに旧版よりちょっと御得感があります。未読の方は読み比べてみるのも楽しいと思いますよ。

タイトル通りの、「男前」ばかり好きになるメンクイな男子高校生のお話です。男前イケメン×メンクイです。学園で伝説と化した美しい兄を持つ唐沢ことり(受)は、自分の凡庸さがコンプレックスになっていた。なのに兄の影響か、美形の同級生・赤岩(攻)に恋をしてしまった…っ!

…この作家さんらしい独特のテンポで読み易いです。
攻の印象が、ボーっと家を眺めていてふわふわした感じの不思議ちゃんかなと思いましたが…実はスッゴク嫉妬深くて可愛かった。美形でもそういう可愛い嫉妬をするのねと、ほのぼのしました。

0

イケメンぞろいの♪

千景がスキです(´∀`*)ウフフ
今回のお話は、メンクイな凡人顔が、イケメンに囲まれて、イケメンにモテまくるっちゅうお話。
ことりクンの兄は超美形なんです。そのせいもあって、昔からことりクンはイケメン好き。超が付くメンクイ。美形に目が無いんです。
その上、学校でもことりクンの周りはイケメン揃い。
そんな時、クラスでも超かっこよくて、めちゃくちゃ美形な赤岩君に恋をした。
そして両想い!?なお話ですね。
ホノボノとしててちょっとコミカルな作風が面白い。
メインの二人以外のキャラクターもナカナカ味があってスキです。
中でも千景クンが好きです☆⌒Y⌒Y⌒ヾ(=´'∀'`)ノ ヒャッホーィ♪←二回目

後半に出てきた、謎の鏡の精。
美形だけどなんか頭のねじが一つ取れてる感じがして嫌いじゃないです。
自意識過剰の鼻っ柱をポキっと折ってやりたくなるキャラといいますか。
何にせよ、モテモテのことり君。
穏やかな日々ははたまたいつになるのやらww

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ