震慄へる華

furueru hana

震慄へる華
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784862521323

あらすじ

没落した華族の血を引く秋は、叔父の借財の肩代わりに九条財閥の若き会長・上総に売られてしまう。冷徹で傲慢な上総に快楽を教え込まれる秋は、しだいに彼を拒めなくなり...!? 華やかな貴族達の、美しくも淫らなラブロマンス!

表題作震慄へる華

九条上総 財閥の若き会長
鷹司秋(17) 没落した華族の子孫

同時収録作品内職 華族 (4コマ)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

真山さんには珍しい設定の受け様

時代は1920年代の日本。
登場人物たちは元華族や財閥といった上流階級の人達ばかりで、華やかな雰囲気が漂う作品です。
ただ、主人公の2人が暗くて重い過去を背負っているために、お話自体はシリアスなものとなっています。
攻め様は執着・鬼畜・腹黒いところもある俺様傲慢な財閥の会長、受け様は華族の血筋ではあるが財政的には没落していて、幼い時に両親を亡くし叔父夫妻に引き取られているという状況。
今回は受け様が典型的なお坊ちゃまキャラで、苛められ役で少しなよっちいところ。でもまぁ、全く女々しいのでもなく、ある程度芯の強さはあるんですが、男前な受け様が多く登場する真山さんの作品では珍しいかなと思いました。

攻め様が受け様に執着しているように見えるんですが、その理由があまりはっきりしないのと、2人の想いが通じてからのイチャイチャが見れなかったので、そこをもう少し見たかったなという気がします。
それでもこの時代のロマンみたいなものが感じられたのと、酷い目にあいながらもそれ程スレない受け様には好感が持てたので、評価は萌にしました。

1

物足りない

借金のかたに売られてしまった秋と、買った上総の話。
ストーリーは、王道と言えば聞こえはいいけど、ありきたりとも言える感じです。

なんだかガツーン!とくるインパクトが無かったような…。
上総の秋に対する執着度合いがわかりにくいです。
もしかすると、すごく執着してるのかもしれませんけど、
いまいち伝わってきませんでした。
愛の告白も上総からは結局無かったんですよねぇ…。
もっとラブなところが見たかったー。

コミック化するならせめて後日談とかつけて欲しかったな。
ハッピーエンドというには、ちょっと物足りない感じです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ