熱情

netsujou

熱情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・ビブロス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784835212098

あらすじ

新任教師・直之が出会った、学園のカリスマ・海棠貴臣。ある日、直之は貴臣に勧められるままに海棠家の車に乗り、そのままさらわれて…!?貴臣の甘い独占欲と熱情に、直之は身も心も惹かれ、蕩かされる―。情熱のままに燃えあがる、生徒と教師の禁断の恋。飛沢杏の学園エロティック・ラブロマンス、書きおろしつきで登場。

表題作熱情

海棠貴臣 高3 財閥子息
透野直之 新任教師

その他の収録作品

  • 堕ちていく夏(小説BEaST '98 summer号 掲載)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

エロくて吃驚したーっ!

美貌の生徒×新任教師の凌辱モノでした!
初読作家さんなんですが、他の作品評を見てみたら“エロエロ”や“変態”が多く付いていたっていう・・・自分には苦手なタイプなんですが、ストーリー自体は好みでした。

タイトル作【熱情】は書きおろしだそうで、その前に【堕ちていく夏】を読まないとこの2人の関係は分りません。
(なので先に掲載されています)
教育実習生と生徒の一目惚れ同士。
再会後、そのカリスマ生徒「貴臣」の術中に嵌り、教師「直之」があがなうも色に軟弱で、恋愛とも主従とも取れるその関係を受け入れる・・・までが【堕ちていく夏】。
【熱情】は、その3ヶ月後。
夏休みを2人だけの別荘で過ごすはずが、貴臣の従兄弟「芳也」の登場。
それは、貴臣に意図があって・・・
自分に素直になって貴臣に溺れる直之と、その直之を半身として請われるまま凌辱する貴臣の関係が半熟成した頃合いです。

爛(ただ)れていても納得し合った関係+見守る芳也を経て、この先どうなるかと気になりました。
9年後の研修医・貴臣と作家・直之の【夜よりも罪は深く】(小説BEaST掲載)があるそうですが、単行本化はさ続きれてないみたいで残念です。

そして、文章で残念なこと。
登場人物のの苦悩も諦めも優しさも分かるのに、自分には少し読み辛かった文章でした。
それは作者が、読ませたい単語に点々や“ ”を付け過ぎるのもあって、読み手の好き勝手に読ませてくれないように感じた事。
エロ描写が多くエロに飽きてきた頃に心情語りがあって、作者のペースに上手く乗って上げられなかった事です。
また、性器を花に例えられる度に何か居心地悪いと言うか、キレイにキレイにという意図は分るのですがその修飾が苦手でした。
(マンガで言ったら、亀頭や肛門に花背負わせているコマばっかりっていう感じ)
それらが気にならない人には、良いのではないでしょうか。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ