永遠では永すぎる 2 漫画家純情編

永遠では永すぎる 2 漫画家純情編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
ヤングロゼコミックスDX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784048527569

あらすじ

離婚暦三回目になろうとするベテラン漫画家と
離婚暦のある遅咲き新進漫画家の恋愛は、
穏やかに進行しそうでいて中々に波乱が多い。
もっともそれは年上の男が余りにもロクデナシ
過ぎるせいで…でも好きと言う気持ちに絆されて
つい甲斐甲斐しく振舞ってしまう自分の律儀さに
年下の男は呆れつつも満足感を覚え…。

男絡みの災難に巻き込まれて七転八倒する男の
悲喜劇『永遠では永すぎる』からのスピンアウト
作品として『CIEL』増刊『AniSen』にて連載された
作品を一冊に纏めました。

表題作永遠では永すぎる 2 漫画家純情編

祐木辰也:43歳もうすぐバツ3の漫画家。
増田鈴彦:30歳バツイチ独身の漫画家。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

悪意なき鬼畜オヤジ

先輩漫画家に惹かれ、そして肌を重ねてしまった
新進漫画家。でも彼は幸せでしたが不幸だったの
です…。

攻の祐木先生は天然鬼畜と傍からは視えるでしょうね。
彼は決して自分から鈴彦さんに愛を与えようと動かない。
鈴彦さんから捧げられる愛着を受け止め、鈴彦さんが
自分の実子と妖しい空気を醸し出してしまっても静かに
その事実を受け止めるだけ。
与えない、繋ぎ止めないという姿勢は愛されたい人に
とっては鬼畜に映るかと愚考します。

でも、当の本人はおそらく愛する人をただ心の中で
慈しんでいるだけなのでしょう。静かに、静かに。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ