ツーリング・エクスプレス 5

ツーリング・エクスプレス 5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
白泉社文庫
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784592884415

あらすじ

ノーベル賞作家・アムスン女史のパーティに招かれたシャルルとリュシー。二人はそこで、ディーンと思いがけない再会を果たす。親子のようなディーンとアムスン女史の関係は…!? 「ノルディック・ルーン・EXP」は、北欧の地・ノルウェイで麻薬密売事件と絡んで熱く展開する!! そして、イタリア全土を揺るがせた、ヴァチカン法王庁から盗まれた最重要文書「ファティマの予言書」と、マフィアの跡目相続が複雑に絡み合う「シシリアン・EXP」を収録!!

表題作ツーリング・エクスプレス 5

超一流の殺し屋 ディーン・リーガル
ICPOの新米刑事 シャルル・オージェ

その他の収録作品

  • ノルディック・ルーン・エクスプレス
  • シシリアン・エクスプレス

評価・レビューする

レビュー投稿数1

自覚ある悪女

欧州を駆け巡るシャルル&ディーンのお話・5冊目です。
北の国・ノルウェイでの麻薬密売組織の壊滅と共に、
殺し屋・ディーンの過去がまた葬られてしまった…。
たったひとり、シャルルだけを除いて、すべてが秘密に…!
そして舞台はイタリアへと移り…
ヴァチカン法王庁から盗まれた最重要文書「ファティマの預言書」と、
シシリアンマフィアの跡目相続が重なり、
シャルルとディーンは、血で血を洗う争いに巻き込まれることに…。
「メッシーナの太陽と月」と称される、美神のような姉弟の近親相姦と、
「サルドのエレオノーレ」と名乗る少女刺客との出会いなどなど…
シリーズ中、最も背徳的な香り漂うお話です☆
枢機卿をも惑わす美女・アルメリーナは、たぶんシリーズ随一の背徳の女でしょう。
親殺しと近親相姦…キリスト教の最大のタブーを、
それと知っていて犯している、禍々しい悪女です。
今さら近親相姦の是非は問うまでもありませんが…それでも!
この美女だけは、ギリギリで…痛々しくも、美しく見えなくもない…。
「総て私がやるわ、汚いことは総て…
 私たちが愛し合うのが罪だと言うのなら、私が神続きを裁いてやるわよ。」
そう、アルメリーナはいつだってファミリーの首領・父親への怒りでいっぱいで、
愛情は双子の弟・ジュリオだけに向けられているという…。
だから弟のためだけに、犯罪に手を染めてゆきます。
普通…ここまでドロドロとした愛憎が剥き出しになると、
女はまず100パーセントの確率で醜くなるものですが、彼女の場合は別でした。
自覚ある悪女が、それも他人の為…という場合限定で、愛憎もまた芸術的に美しい☆
決して、決して、お勧めはできませんけどねぇ。
で、主役のお二人はといいますと…いまだにキス止まりです。
長い目で見守ってあげましょうねぇ☆

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ