もえひめ~宮廷編~

もえひめ~宮廷編~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ゼロコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784862638380

あらすじ

時は平安、十萌と妖怪四人衆は、萌えを語り合える魂の友。大好きな「海賊モノ」についてのトークは今日も熱い!
ある日宮中の同人誌イベントで十萌は陰陽師の君人と出会う。破天荒でも不思議な魅力のある公達で・・・?
共感あふれる腐女子絵巻♪
(出版社より)

表題作もえひめ~宮廷編~

評価・レビューする

レビュー投稿数1

腐女子が主人公の話

「もえひめ」の続編になります。この本単独で読むとワケが分からないと思います。

1冊丸ごと表題作です。
長編4話に番外編短編3話、おまけページが収録されています。
前巻に登場した陰陽師の師匠・君人が新キャラとして登場します。
1話目は、勇気を出してコミケに出向いた十萌と君人が出会う話です。
2話目は、自らが作った箱庭に閉じこもる十萌に、君人が助言をする話です。四神という男前が登場します。
3話目は、突然現われたタクベに、妖怪四人の命を盾に、十萌は不利な賭けに挑む話です。
4話目は、タクベに負けた十萌は心臓と魂を奪われますが…という話です。完結編になります。

番外編短編「やましいナイトフィーバーのまき」は、庚申の夜に、エアーコミケで眠気と戦う話です。「冬男子観察のまき」はそれぞれの冬の楽しみ方です。「アレを勉強しようのまき」は四十八手を勉強する話です。櫓立ちとか初めて知りました…。

おまけページは、君人、四神、青月のフォーマル姿1ページです。

前巻より腐女子要素は控えめで、十萌の素性について語られています。BLではないですが、四神は男前で眺めて楽しかった続きです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ