それは恋ね

sore wa koi ne

それは恋ね
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
24
評価数
6件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403663055

あらすじ

恋なんて愚かなものだと思っていた大学生の敦之は、
中学生・成のピュアな愛情に触れ初めて本気になるが、誤解から別れてしまう。
一方、大学准教授の阿川は敦之に好意を持っていて……。

未完のラヴ・ストーリー「それは恋ね」ほか、「俺式恋愛計画」「初恋エレジー」など人気作のショート番外篇&イラストを多数掲載。
多くのファンを魅了してやまなかった、永遠にきらめき続ける一之瀬ワールドがここに!!

(出版社より)

表題作それは恋ね

家庭教師バイトの大学生 蘇我敦之
バイト先中学生の友人 成

その他の収録作品

  • 初恋エレジー番外編 「初恋バイオレンス」
  • 追憶番外編 「誓約」
  • 俺式恋愛計画番外編 「1 俺式受難生活」
  • 俺式恋愛計画番外編 「2 俺式恋愛日誌」
  • それは恋ね番外編 「蜜月」
  • 一之瀬ワールド ペーパーコミック&イラスト

評価・レビューする

レビュー投稿数2

悔やまれます。

一先月、この作家さんが亡くなった事を知りました。
読んだことのない作家さんだったので、ここでこの本だけ読むのは失礼かと思いましたが、あえて、この一冊を初めて手に取りました。
多分に闘病されながら描かれていたのでしょうか?
でも、そんな部分は微塵も感じさせません。
むしろ、エピソード1~4を描かれて中断したあと、再開のために0として出会い編を描かれて、これから!というところだったのだ、という部分が見えて、実に読み終わり最後の編集部のコメントを読んだ時胸があつくなってしまいました。
・・・すみません、作品の感想じゃなくて・・・

この作品は『俺式恋愛計画』のスピンオフに当たるらしいですね。
多分に自分が一番苦手とする高校生ワイワイ恋愛、連鎖的総ホモ話だったとしたら(未読ですみません!)これを手にとらなかったと思います。
今回は、大学生が主人公のようでしたので、手に取ろう!と思った次第。
絵も全然嫌いじゃない。
シュっとした線に、何故か10年前を匂わせるような、展開と描写を持ち、むしろ懐かしさと馴染みやすさがあります。
お話は本当にいいところで、これから!!というとこ続きろです。
うっかり関係を持ってしまった中学生・成と、大学生の敦之。
いけないと想いながらもずるずると、そんな中段々気持ちが離れて行って、同じ大学の准教授が敦之に好意を持っていて。
という、もうっ!本当にこれから、、という部分で。。。

思わず読んでいて引き込まれました。
この敦之がどうなっていくのか、もっと見たいと思いました。
本当に残念です。
でも、こうして未完の作品があるからこそ、人々の心にも残り続けるのかな?とも思います。
ご冥福をお祈りすると共に、感謝いたします。
命を削って作家活動される作家さん達に敬意です。

1

最高!!

一之瀬先生の作品を手にしたのは、これが初めてなのですが、それがとても悔やまれます。

『俺式恋愛計画』のスピンオフだと思われるのですが。
個人的によりを戻してほしかったです!!
敦之くん、もっと必死で探して欲しかった…。成君いいこ…。
とても読み応えがあって、これで終わりと思うのはとても悔しいことです。
特に横顔が個人的にツボでした。
とても美しい……!!!

一之瀬先生の絵を始めて見たのは、峰桐皇先生の『浪漫神示シリーズ』でした。
講談社で発売される前の文庫でした。
そのときは「おお…!!」と思っただけで、何故か漫画を描いているだろうか、という発想がでなく、漫画本を探さなかったのですが、今回の本作品を機に探して回りたいと思います。

途中で作品が終わってしまうので、それが嫌な方もいるでしょうが、とても素晴らしい一冊なので是非とも読んでほしいです!!

一之瀬先生、ありがとうございます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ