BEASTY BOYS

beasty boys

BEASTY BOYS
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
14
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥876(税抜)  ¥946(税込)
ISBN
9784877750107

表題作BEASTY BOYS

淫魔
狼禅

同時収録作品淫祀の系譜

ピュービス
翔太

同時収録作品首輪/首輪2

石原竜彦 サディストの刑事 他複数
真琴

同時収録作品何処かに居る人

悠輔 他複数
英二 喫茶店の店主

同時収録作品TaBoo!

式神 刑事 他複数
タブー 刺青師

その他の収録作品

  • BEAST CHASER1~3 (表題作相応作)
  • 体育教師 武頼安人

評価・レビューする

レビュー投稿数3

筋肉質です(笑)

この本のファンタジーものには何故か触手多し…
そして必ず犯られてるし、最後はコメディ(笑)

でもこの本の中で一番印象的なお話は「淫祀の系譜」
誘拐されて受身に調教されてるのですが、かなり可哀相…
いろいろとされいくのですが、最後に衝撃的事実!!
自分を誘拐して調教するように頼んだのは実の兄。
だったら兄が攻めで、そのうち弟を…と思ってたのに
お兄ちゃんは自分も調教(受身)されてたみたいなお話。
「二人とも被害者(受身)なら近親相姦にはならんだろう」
って台詞をいう兄の気持ちが私には解らなかったです。
どうせなら近親相姦の方が良かったんじゃね??
だってどうみても、兄弟そろって他の男にやられてるだけじゃないか…
兄はそれで納得済みだけど、弟はねぇ(^^;)

2

獣人率高し

今まで雑誌で短編を読んだことのある作家さんでしたが、単行本としては初めて読みました。
筋肉隆々の男らしいキャラは嫌いではないのですが、それだけで「萌える」か?と問われてみれば、う~ん、難しい…^^;
攻めと受けとの間にラブが感じられれば萌えるのですが、この本は受けあるいは攻めが複数の人(あるいは人外)と関係を持っている作品が多くて、私は萌えはほとんど感じませんでした(その代わりとってもエロイですw)。
獣人が主人公のお話は「BEAST CHASER1~3」だけなのですが、人外の作品はあまり見ることがないので、それを考えると比率は高い方なんじゃないかと思います。
強制的にいたしている作品率も高いので、複数モノ、陵辱モノが大丈夫な方向けだと思います。

2

筋肉乱舞

『manga純一』の投稿子から看板作家になった方。
投稿子時代から筋肉描写では一目置かれていた。
鬼畜なトーンの作品も、アホな明朗さのある作品も
等しく美味しい。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ