君色リアル。

kimi iro real

君色リアル。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×28
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
79
評価数
21件
平均
3.8 / 5
神率
23.8%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344822931

あらすじ

隠れ腐男子の桜智治は、BL本を買おうとしていたところを後輩の白河准に目撃され、ホモだと勘違いされたあげく告白されて!?
初☆コミックス!
(出版社より)

表題作君色リアル。

美術部の後輩 白河潤
隠れ腐男子の高校3年生 桜智治

同時収録作品君色ラブ!

茶江島宏樹 演劇部所属の高校生
裕貴 学校では接点がない同級生

その他の収録作品

  • リアルのその先。
  • 君色キャンディ
  • あとがき
  • カバー下表紙1/4コマ漫画「黒ちゃんと宏樹」「緑山 彰」
  • カバー下表紙4/4コマ漫画「青木 晃太」「先輩とオレ」

評価・レビューする

レビュー投稿数8

腐男子の文字に誘われて

腐男子が!リアルBLを体験する作品が続々と出てきてますね。興味があったので電子書籍で購入してみました!

君色リアル(押しの強い後輩×腐男子先輩)
腐男子くん(受)のクルクル変わる表情が楽しい。腐男子バレを隠すための衝撃の一言に大笑い!隠れと言いつつも親友へはアバウトにさらけ出してる所が可愛らしかった。

一方、後輩くん(攻)勢いについてけないくらい、ぐいぐい責めまくる。けどあまり萌どころが無かった。好きと連呼してるのに好きになった切っ掛けが全く見えなくて残念でした。腐男子くんもただBLの雰囲気に流されて、好きって刷り込まれてるだけのような…。刷り込みだとしてもお互い好きあってラブラブな可愛らしいカップルには変わりないです。

ラブもあれば、嫉妬もある。唯一、後輩くんの萌えた点が、思い込みで突っ走るところ!不安からエロに持ってく所の切羽詰まったのが可愛い。

結果、楽しいけど、あまり萌を感じなかったのは、攻めも受けも可愛いからと最後になって気づきました。見た目とかじゃなく、どこかしら男臭さを感じるキャラやギャップに萌えるので、あぁそうか!と納得。

君色ラブ!(わ続きんこな演劇部員×アニキ肌な男子)
見た目・性格と受け攻めが逆でとても美味しかった!公園で拾われて懐くなんてわんこな攻めくんが可愛い。受けくんは攻めくんの頭をワシワシ撫でるところがカッコ良くて、最後の最後で逆と知った時は、良い意味で裏切られました!好きになる瞬間も詰まってて良かったです。

君色キャンディー(隠れイケメンな眼鏡男子・ヤンキー風彫刻家男子)
(仮)攻め君が普段は根暗そうに見えて実は(眼鏡)脱ぐと凄いんです的なギャップ!(仮)受けのヤンキーくんも、そのナリで彫刻掘ってるギャップが良かった!キス止まりなので受け攻めどうなるか気になるところです。

君色ラブ!と君色キャンディーの受けくんたちは、いつも連んでる友人で、それぞれの作品に若干登場してい発見したとき、ああー!と楽しくなりました。

0

かわいい!

うわー、かっわいい!!
とても絵が可愛くて、画面がちょっとゴチャっとしているけれどそれも味なのかなって。

キャラクターの表情がころころ変わって、笑ったり焦ったり泣きそうになったり
見ていて楽しくてキュンキュンしました!!
勢いがあってグイグイ引っ張って読ませてくれる感じです。

腐男子設定がふんだんに生かされていてネタバレになるので書けませんが
とあるシーンでは『まさか自分で!?』と衝撃を受けました(笑)
元気で明るい感じの話が多かったので本当にイキイキとテンポよく読めて
「あー面白かった!」と思える読後感でした。

おすすめです!

1

腐男子、リアルBLになる!

この本面白い!イラストもいい感じなんだけど、内容が面白くて良かった。
腐男子高校生の受け様が、本屋でBL本物色してる時に仲のいい、後輩に偶然見られ、
咄嗟に腐男子だと言う事を隠すつもりで、思わずホモ宣言しちゃう。
腐男子と思われるより、ホモだと思われる方がいいのかっ??なんてびっくり展開。
言われた後輩が引くかと思えば、ラッキーとばかりに、先輩好きです告白しちゃう。
何故か受け様の意思とはかけ離れた展開になり、付き合う事決定になってる。

腐男子だけど、ホモじゃない、そんなノーマル受け様に後輩攻め様の意外に強引で
積極的なアプローチ&スキンシップで、覚悟も決まらぬままにリアルBL突入!
怒涛の展開でかなりテンポよく単純に面白いと思える作品です。

同時収録の2編もそれぞれ高校生のお話で、ノーマルなのにいつの間にか恋になるような
素敵な作品ばかりです。1冊丸ごと楽しめる作品でした。

1

青春いろいろ!

同じ高校を舞台に3組のカップルがかわいらしく青春★しているコミックス!
関西弁もので明るくかわいく甘いストーリー。
登場人物の苗字が色つながりになっています。

「君色リアル」
受の桜は、生粋の腐男子!セクシャリティ的にはストレートのつもり・・・だったけど、本屋のBLコーナーでうっかり後輩に見つかっちゃって、テンパった末に「オレはホモ」宣言しちゃって・・・
桜の腐男子っぷりがマジすぎて、ニヤニヤしまくってしまったwww
携帯でBL小説とか、寝るときはお気に入りのBLキャラ抱き枕と添い寝とか…!極まってるなw
それは、後々黒歴史になりかねないレベルですよw
白河の順応性の高さもなかなかのものでしたw
THE・BLな展開になるたび、腐男子桜の「これBLで読んだ!」みたいなつっこみがでてくるのが面白かったw

「君色ラブ」
かわいらしいすれ違いラブ。
[ニワトリ小屋の前で×××]がさりげなく衝撃的すぎましたwww
そして、え?あ?そっちが攻?!というのも。

「君色キャンディ」
超二面性のあるwストーカー優等生×少年漫画の主人公みたいなタイプのやんちゃ元気続き系男子w
極端すぎる攻には若干ついてけない感はありましたがwテンポ良くて楽しめましたww

1

腐男子萌え!!





腐男子なだけでホモじゃない智治が可愛かったです笑
BL本買おうとしてるとこを後輩の潤君に見つかってテンパってホモ発言www

関西弁も可愛かったし、なんか高校生のおばかというかなんというか…笑
そんなノリみたいな感じが好きです^^

ほかの話もよかったし私的には大満足でした*^^*

1

関西弁萌!

別にホモじゃないマンガオタ腐男子が、後輩にBLマンガを買っているところを見つかって、てんぱったあげくに、まさかのホモカミングアウト。
そしたらその後輩は、オタク無縁のリアホモで、っていう、なんか、今までありそうでなかった設定と展開。
これ、とにかく、男の子のノリのいい関西弁があってこその、このイキの良さ、おもしろさ。

他のお話も、舞台は同じ高校。
それぞれのキャラには繋がりはないけど、全編を通じて、関西弁が満載。

あーん、ドラマCDで聞きたい!
って、久々に思った1冊。

リンクスレーベルで、この表紙にこの帯。
新人さんみたいだし、どんなんだろうと思って後回しにしていたけど、私的にはかなりなヒット!
とにかく、表紙より中身の方が断然おもしろいので、関西ノリのギャグテイストがお好きな方は、ぜひ!

3

「腐男子はホモじゃない」わけですけどもぉw

自分はホモじゃねぇと思ってても読みまくっているうちに
「もしかして本当に気持ち良いのではなかろうか?」
などと人生踏み外すような考えに陥りがちなのも事実。
そして実際に踏み外す奴もいる・・・(あーそれ自分かww)

というわけで(え?)腐男子がリアルホモに目覚めたヲタ世界からどこまでも遠い後輩に告白され、リアルBLにはめられていく・・・という話ですが。
なんだろう。「実際にありそうな感じ」がすごくしますね、現代だと。
高校生でも平気でBLって買えてしまうしね。

そしてBLのストーリーの中でしょっぱらからテンパってフラグを立ててしまった腐男子君が逐一「これはBLで読んだ流れだ」と思いながらBLの定石通りと言っていいほだされ→押し倒され→つっこまれをやってしまう。笑えるし萌える。

そのBLの定石をさらっと流して終了するコミックの方が圧倒的多数であるにも関わらず、そこを改めてフラッシュバックする所は一枚上手です。
どのお話見ても「あー、こんな恋してみたい」と思わせる要素が非常にあります。

2

こんなこと実際あったり?

作者さんの初コミックだそうです。
10年の作品から11年の1年の間に結構絵柄の変化があって見やすくなってます。
カラー表紙と白黒の中身の絵にちょっとギャップがあるものの、中の絵のほうが親しみやすくてとっつきやすいです、、とおもったのですが。
中身が全部、「ザ・男子!」って感じで自分的に好きです☆
この本、美術科のある学校というのが全部共通で、題名も全て”君色”で始まるけれど、登場人物はリンクしてないんですよ。
何かそれもよかったと思える部分だったりw

表題は、隠れ腐男子の桜がBLを買おうとしているところを仲好くしている後輩の白河に見られてしまい、腐男子を隠そうとした勢いで何故か「オレはホモだ」と言ってしまう←ここ爆笑!
腐男子とホモと天秤にかけて腐男子のほうが隠すべき要素っていうのがww
すると白河は「オレと付き合って下さい」
そこから始まる勘違いラブv
そして何だかBLのような展開・・・?
ま、BLだからBL展開でいいんだけど、そのBL展開っていうのもコメディ路線のBL展開。
ホモじゃなくて腐男子なんだって、説明しても白河は何か的外れな理解を示して、一人で続きつっぱしってグイグイ引っ張っていく白河と、一人でジタバタしてあがいている桜の、その組み合わせが実に愉快w
最後のエッチまではないけれど、何かひょっとしたらこういう勘違い展開ってデキあがるか上がらないかはさておいて、ありそうな可能性を含む話が妄想魂を刺激します!

『君色ラブ』は同じ学校だけど学科の違う同級生に片想いしているお話。
親友が好きなったことを悩んで、演技の練習を借りて告白するけれど、、
そんな健気にひそやかに片想いしている一見受け風の男子が攻めだった驚愕にww

『君色キャンディ』いきなり初対面で好きを告白された!?
その相手の別の顔を見た時、もっと彼の事を知りたい、友達になりたいと思ったのがきっかけで。
これが一番古い作品なんですが、何気に攻め男子の目が菊屋きく子さんのいじわる目に似てて自分好みだったり、、
しかしですねー優等生の時の髪型が・・・爆笑!!何だ、あの今どきの双葉頭www
やんちゃツンデレが初々しい学園モノでした。

それぞれにカラーが違って楽しめた一冊です。
次の作品はどんな風なんだろう?ちょっと期待しますv

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ