愛人面接

aijin mensetsu

爱人面试

愛人面接
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
4
評価数
4件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH mania COMICS~ガッシュマニアコミックス(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796402132

あらすじ

「一次面接は合格だ」
ベルトを緩め、社長が微笑んだ――。
この不況下、幼い弟妹を養う篤己。
背水の陣で臨んだ面接で、社長から
プライベートに及ぶ、妙な質問ばかり。
「私の目にかなえば、家族も救われる」
だから、おとなしく犯されろって?
抵抗むなしくイカされ、差し出された
万札を突っ返して帰宅した篤己。
しかし翌日、自宅を訪れた社長に 
「おめでとう。採用だ」と告げられ…!?
―――ドS社長と勤労青年、傲慢純情?

金は用意した…あとはお前が脱ぐだけだ――ドS傲慢社長のエロテクに、勤労青年は陥落寸前!? 大胆エロス満載の初コミックス!
(出版社より)

表題作愛人面接

藤倉秀介,会社社長
田島篤己,新入社員

同時収録作品先生とお遊戯

小原奏太,生徒
遼,家庭教師

同時収録作品クセになりそう♡

青木将悟,リーマン
杉原正隆,同僚

同時収録作品秘密/密会

成田陸,研修医
大沢大輔,外科医で成田の指導医

その他の収録作品

  • 愛人契約
  • スーパー秘書が行く!(カバー下)
  • あとがき(カバー下)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

とてもわかりやすい

就職の面接に行った主人公が、採用と引き替えに愛人になることを強要され、いろいろえろいことをされる…という内容でした。
そのあとも、取引先の会社の人にに襲われたりとわかりやすい展開が続きます。

ある意味王道ですが、いきなり取引先で襲われるというのはかなり唐突な印象です。もっとひねりがあればよかったかも。
ただ、こういう作品だと割りきって読むと楽しめると思います。

その他、教え子に襲われたり、同僚に襲われたり、無理矢理→ラブラブになるという展開の短編が多めでした。
ストーリーよりはえろ重視でないかと思います。

こういうのは嫌いではなく、金子さんの綺麗な絵も好きなのですが、あまりに当たり障りがなくて、読み終わるとすぐ忘れてしまいそうな本だなあという感想でした。

0

金子さんのBLデビュー作

初読み作家さんです。表題作がBLデビュー作なんだそうですが、初BL作品とは思わせない作品でした。
絵もとっても綺麗だし、展開もBL作品にはよくある感じの作品が多かったと思います。
描き下ろしを含め全部で6つの短編が収録されているのですが、表題作と「愛人契約」、「秘密」と「密会」はシリーズものなので、カップル数としては4組のカップルが登場します。
傾向としては、表題作含め俺様で傲慢な攻め様が無理やり身体を…という展開が多く、ストーリーの幅はそれ程広くない様に感じました。
ラブはあることはあるのですが、それを十分に出し切れてないのがちょっと残念。もうちょっとで萌なんだけどな~という作品が多かったです。とても可愛いカプになる可能性は大いに感じたんですが…。
カバー下の4コマ漫画は中々面白かったです。

0

エロはいっぱい

短編だし、レーベル的にも規定量のエロを盛り込む必要があるのもわかるけど、、、。

絵は、なかなかエロいいし、身体もきれい。
背景や効果も過不足なく見やすい。
まあ、エロのためのエロなら全然OK。
テーマアンソロの中の短編の1つとしては十分いい作品。

とはいえ、いきなりこのエロ展開だと、「傲慢無口の一方的エチ=レイプ」おまけにパワハラが好きじゃない私としては、中立が精一杯。
絵としては好みだし、カバー下の4コマはおもしろかったんで、違うレーベルのもうちょっと展開のゆっくりした長い作品を見てみたいな。

0

初単行本らしいんで今後が楽しみ。

そう思うと細かい気になるところあったけど余り突っ込めなくなるなぁ。
初とは思えない絵のクオリティです。

「愛人面接」
先輩の従兄弟が社長という縁で就職面接を受けにきたのに、実は愛人を探していていきなりいかされてお金をたたきつけられる・・・という衝撃的なスタート。
そんな出会いだから本当は別れたいのに下に兄弟が多く生活がかかっている篤己に対して本当は興味津々なのにどうしていいかまるっきり分からなくてツンデレ&強圧&金で顔はたくという最悪のアプローチに走る秀介。
こんなカップリングでこの短い話数は最終的にも篤己の諦めでストーリー終わるのも致し方なく、これでいいのか?と思うところは多々。もう何話かあれば秀介の可愛い面を表現できたんじゃないのかなー。

「先生とお遊戯」
家庭教師をどんどん辞めさせている問題あり生徒と家庭教師モノ。
多分この生徒は他の教師にもこういうセクハラしてんだろうなぁ・・・と簡単に思える感じ。というか解決しない脅迫ものはどうにも心に重いものを残すなぁ。

「秘密」「密会」
ヒゲの外科医(しかも攻めの指導医)受けという話。
その展開なのでまず抱続きかれるまでの間に昔の知り合いにキスされるという弱みを含んだものですが・・・
この人にどうして攻めのスイッチが入ったのか、それは自分には永遠の謎。
そしてエッチのときはオラオラなのにやはり日常関係はそのまま。結構謎。

きれいな絵なのですが、ずっとそのトーンなので単調になるような感覚が少々。
あとページ数に盛り込みたい要素が多過ぎて超展開に頼らざるを得ないところが残念。
でも、ゴールがここでなくスタートがここなのですし。
折り返しの4コマ漫画を読む限りディフォルテ絵も可愛いし面白いので、今度はこの絵も生かした少しコミカルなあまいストーリーも読んでみたいなと思います。
いや、「秘密」「密会」は甘かったかな。もう少しじっくり噛めば甘みが出そうなのにそのぎりぎりのとこで終わっているので苦いだけ、というか・・・
とにかく心に続きを欲しく思わせる重いものを残すので、この本は中立で。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ