戒-KAI-

戒-KAI-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
スーパーファンタジー文庫(小説・集英社)
発売日
ISBN
9784086131056

あらすじ

モデル仲間とディスコで気楽な一夜を過ごす…はずだった。
だが、その夜は、スペースコロニー【KAI】のトップモデルTAKUYAの運命を決定的に変えてしまった!有島拓也の前に現われたエメラルドの瞳の美少年、深沢世羅。拓也は一目で天使セラフィムに恋し…そして、セラもまた…。しかし二人の愛の暮らしも長くは続かなかった。ある日、突然セラは失踪…そして、再び拓也の前に姿を現したセラは、まったくの別人だった…!?
二人の恋人を翻弄する巨大な陰謀とは?

表題作戒-KAI-

有島拓也 スーパーモデル
深沢世羅 謎の美少年

その他の収録作品

  • ACT1 SPACE COLONY "KAI”
  • ACT2 LOVE LIVES
  • ACT3 PASSION
  • ACT4 MARSLIGHT

評価・レビューする

レビュー投稿数1

宇宙のスケール感があれば…。

20年前のファンタジー系BLで、作者・花衣先生のデビュー作。
花衣先生、出発はBLですが、最近は乙女系がほとんど。
よくありがちなケースかもしれない。

舞台は未来の宇宙で、スペースコロニー。
スペースコロニーを掌握する財閥の息子と、コロニーの中の高級ディスコ(クラブではなくディスコってところに時代感が…)で超絶美形のボーイの物語。

宇宙を舞台にしたBLというと、
まずは久能千明「青の軌跡」、そして吉原理恵子「間の楔」が思い浮かぶ。

自分が入手した本作、2年もたたぬうちになんと9版もかかっているから、
よほど売れたのでありましょうが、青の軌跡や間の楔ほど語り継がれなかったのには
やはり相応の理由があると見てよろしい。
「青の軌跡」は、強烈なキャラクターとストーリー展開の面白さがあったし、
「間の楔」は、重厚かつ独特の世界観、そして攻め受けの激しくも相反する心情描写がとてつもないカタルシスだった。

ですが、本作、残念ながら、そうした描写はあまりない。
家族や人間関係のしがらみはそれなりにあるが、
身を焦がすような熱さがないのであります。
また、続き宇宙空間ではありながら、そのスケール感に乏しく、
単なるセレブ社会のすったもんだに終始している感じ。
エロス描写にいたっては、まぁ、設定はそれなりに過激なんですが
(とんでもない数の複数とかね)まったくといっていいほど描写してません。
それはデビュー作だからなのか、レーベルの方針だったのか…?

ストーリー展開は、それなりに落としどころはあるんだが、
このそれなりに、というのが曲者で、なんかとっかかりがありそうで
モニョって終わってしまっている。
うまそうな匂いは放っているものの、飲んでみたらものすごく薄味のスープだった、
みたいな読後感。

兄弟や家族との確執だとか、病的な執着など、
アイテムはあるので、今、リライトしたとしたら、かなり面白くなったかもしれない。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ