背徳の刃

haitoku no ha

背徳の刃
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
桜桃書房
シリーズ
Eclipse novel(エクリプスノベルズ・桜桃書房)
発売日
価格
¥922(税抜)  ¥996(税込)
ISBN
9784871839303

あらすじ

「夜光は僕の半身だ。誰にも渡さない」。双子の兄・夜光に激しい愛情を寄せる弟・朧。けれども夜光の心は既に竪昭のものだった。精神的な自虐に救いを求める朧。日本刀、暗殺、十二単の美少女『夢冥』…。魔性の刀が巻き起こす現代のミステリアス・ロマン。

表題作背徳の刃

西辰竪昭/西辰流扇を継承する凄腕/27歳
安綱夜光/高校生・剣の道に入る/17歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

いろいろ唐突ですね

 安綱夜光と朧は双子の兄弟。
 二人は、代々刀匠の家に生まれ、ふたりが 生まれる前からの取り決めで、夜光は剣士としての道へ、朧は刀匠の道へとそれぞれ進んでいた。
 そして、二人には「双子」というだけでない強いつながりがあった。
 しかし、夜光は剣の流派のナンバーワンである竪昭に惹かれていく……。

 そんな最中、現れた十二単の美少女『夢冥』。
 夢冥は、突如現れ、朧の作った朧が名前を付けた剣を集めていた。

 そんな感じの話でした。
 いや、なんというか……。
 初期のBLだな……とう感じがものすごくします。

 とりあえず、双子でいろいろやっちゃってるのはさておき(今更そんな倫理観など口にするつもりはありません)。
 まず、そういうシーンが思い切りぼかされている。
 なんていうか、ネット上の小説を思い出す感じがちょっとします。

 そして、なんか全てが唐突……。
 竪昭が人を殺すという事に、全く抵抗がないことにもびっくりだし(そして殺された相手に対する描写がまったくないことにも驚く)。
 その役目をあっさり夜光に継がせようとする事にもびっくり。
続き
 その辺りはもうちょっと良心の葛藤を覚えてもいいんじゃないかなー……。
 あんなに人を傷つけた事にショックを受けてた夜光なのに、段々欲求が「殺してみたい」に変わってるって描写が突然、現れるのはどうかと……。
 そして、その倫理観の欠如が、まったくもって竪昭を魅力的に魅せない……という。
 まぁ、そりゃね。夜光からすれば「強い」ってだけで充分、惚れる要素なのかもしれないけど、小説という形を取るからには、読者の共感は必要不可欠だと思うんですけど、なんだか思い切り、おいていかれたような気がしました。

 いろいろつめが甘いなー……。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ