恋する王子様

koisuru oujisama

恋する王子様
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×210
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
119
評価数
30件
平均
4 / 5
神率
36.7%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799711644

あらすじ

すこし昔、由緒あるお屋敷にワガママな猫の王子様が暮らしていました。
ある日、車でお出かけ中に王子様は運命の出会いをします。
轢かれそうになった猫を抱えて、まるで黒い風みたいに走り去った黒猫――。
一目で気に入り後を追った王子様は、言いました。「特別に僕の家来にしてやろう!」
世間知らずのぽっちゃり王子様の身分違いの恋と冒険♥ 描き下ろし後日談も収録★

(出版社より)

表題作恋する王子様

ハル・野良の黒猫
アンリ・血統書付きの家猫

同時収録作品恋ノ花咲ク VOL.1/VOL.2

石橋 大輔(高校生)
坂本 岬(高校生)

同時収録作品恋の病

長田 修司(芸大生・天才肌)
西野(芸大生・秀才タイプ)

同時収録作品恋する季節

収録作品の攻めキャラ一同・脇キャラ含む
収録作品の受けキャラ一同・脇キャラ含む

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数16

素直って全てを癒しますね

ぽっちゃり猫ちゃん、可愛いです❤
甘やかされて育った世間知らずのアンリ、ワイルドな黒猫のハルにあっという間に恋します。
で、そのお話と同時収録の『恋の花咲く』、またまたそのお話のスピンオフの『恋の病』の主人公たちが住んでいる街がすべて同じで、最後にすれ違っているという構成が、とてもお洒落で素敵です。
どのお話もツンデレのお相手がとても素直な直球型の優しい男の子なので、見ていてほっこりします。
最初の猫ちゃんのお話からずーっともふもふのほほんとした雰囲気の可愛らしい一冊でした。

0

デブ猫(*´Д`)ハワワワァァ…

なんともメルヘンチックな表紙ですよねー。
最初に見つけた時、上田規代さんの本だーと書棚から引っこ抜いたらこの表紙で思わず出版社を確認した思い出。
「え?これBLやんね?え???」ってwww

【野良×家猫擬人化/高校生同士/美大生 天才×秀才タイプ】の3CP

■恋する王子様■
ハル(黒猫・野良)×アンリ(血統書付き家猫)

すこし昔、由緒あるお屋敷にワガママな猫の王子様が暮らしていました。
ある日、車でお出かけ中に王子様は運命の出会いをします。
轢かれそうになった猫を抱えて、まるで黒い風みたいに走り去った黒猫――。
一目で気に入り後を追った王子様は、言いました。
「特別に僕の家来にしてやろう! 」
世間知らずのぽっちゃり王子様の身分違いの恋と冒険。

大きなお屋敷でワガママ放題に育てられたプクプクまんまるなアンリ坊っちゃん。
上から目線での発言に対してお兄ちゃん対応のハルさんwww
さすが兄貴と慕われるだけあって器が大きいw
んでもってみんなの人気者!
一緒に歩いているうちにそういうの察してきたアンリ坊っちゃんが (。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…ってな続きってるの可愛い。
最初はわがまま放題な子だったけど、恐る恐るハルが持ってきた生魚をハクリと食べたり、めっちゃくちゃ怯えながらも負け気味のハルをかばって犬の前に立ちふさがるとか頑張ってる ( ̄ー ̄)bグッ!
そして忘れちゃいけないのは、まさかの坊っちゃん発情期!
つられてハルも発情期www
にしてもママのハルへの対応見てから(´・ω・`)ショボーンってなってえらくスマートにwww

■恋ノ花咲ク■
石橋 大輔(高校生)×坂本 岬(高校生) ※幼なじみ

自分が幼なじみの岬のことを好きなんだと自覚した大輔。
思い立ったが吉日!とばかりに翌日、学校の屋上で告白してなんとOK?!
付き合って初めての岬の家でのお泊り。
そこで男同士のやり方を聞いて驚いてしまって…?

ヘタレわんこ攻めですな。
マジックペンなんて突っ込んだら痛いでしょうにwww
何してんの大輔www
で、こんな痛い思い岬にさせられないから自分が受けるー!!!とか考えるあたりがもう( ゚∀゚)・∵. ブハ
男の体なんてやっぱり…と思いつめてた岬くん、そりゃ吹くわwww
すぐ泣くし、すぐにテンパるへたれわんこな攻めだけど、岬くんがしっかりしてるし大丈夫でしょ☆⌒d(*^ー゚)b グッ!!

■恋の病■
長田 修司(芸大生・天才肌)×西野(芸大生・秀才タイプ)

油絵科で優秀な成績を収めていた西野。
ところが長田の圧倒的な才能を前に、自信をつぶされデザイン科へ転部。
飲み会で、長田の注意を自分に向けたいがばかりに「オレも男と寝たことあるぜ」と発言。(長田=ゲイを隠していない)
うっかり飲みつぶれたその夜…。

『恋ノ花咲ク』で岬くんにちょっかいかけてた最低野郎ですね。
「男なんてやっぱ無理ー」とほざいたり、大輔とラブラブな岬くんにちょっかい出して突き倒されるわ、翌日バイトをいきなり辞めるわーな最低野郎ですね、はい。
でもでもここでは長田にかーなーり振り回されまくってますねwww
最初の夜に、泣きながらやられつつも長田の作品に気を取られているシーンが印象的。
(※長田は西野がゲイだと勘違いしています。そらあんな発言しているからね。岬くんとの未遂だったのに)
もうねーこの泣き顔はいい!
嫌だけど感じて達してしまって、でも長田の描いた絵やっぱ綺麗だなーとか揺さぶられながら考えてたり、いたたまれないわーって色んな感情混ざり合った泣き顔が色っぽい。
そして意外にも西野、料理うまい!
はぁ…西野にも色々あったんだなー…って思う話でした。
圧倒的な才能を前にして嫉妬やら羨望やら劣等感やら…い~っぱいグルグルして、でもそんな相手から「西野の絵結構好きだった」ってボソッと言われた時の衝撃。
なんかこの話が1番印象強い。

■恋する季節■
収録されている3作のキャラが同一時間枠でまぜまぜー。
みんなが幸せそうなのが見れて嬉しい。
ってか恋する王子様、思いっきり現代じゃんかっ!

0

お坊ちゃまの本気

ワガママな猫の王子様のお話と、幼馴染同士の恋と、天才画家と同級生の恋の3つのお話が収録されています。同級生同士の恋もキュンときて好きだけど、表題作が一番好きです。

物語は、外の世界を知らないお坊ちゃまのアンリが、街で見かけた黒猫のハルに一目ぼれして、成長するというものです。
本当は、不細工(というかデブ)受けは苦手なんだけど、この王子様はなんだか可愛くて目が離せません。喧嘩もしたことがないのに、ハルを守ろうと身体を張るアンリにキュンキュンします。悪いと思ったら素直に謝るところも好きです。
一方、ハルは他の猫に兄貴と呼ばれて慕われている、人情味あふれるイイ人(猫?)です。メス猫にはモテモテだし、おまけに犬にまで。

二人のエッチでは、喉をゴロゴロ鳴らしてるアンリが可愛くて萌えます。
ハルに会えなくなって、やせ細った(普通の体型に戻った)アンリが物凄く好みです。結局、ママよりもハルを選んだアンリにニヤニヤします。イチャイチャする時は、猫の姿なのが見られるので、本当に可愛くて癒されます。
このお話だけで、1冊読みたかったと思いました。

3

とっにかくカワイイ!

一冊に全部で3つのストーリーが入っていました。

表題は、ネコちゃんのお話。
豪邸飼い猫のアンリ坊ちゃんのワガママっぷりといい、
後日のスマートに成りっぷりといい、もんのすごくカワイかったw

あと2本はちゃんと(?)人間のお話。

2つ目の作品は、大輔くんがでっかい成りして、これまたカワイイ。

3つ目の作品は、普段我が道を行くタイプの長田くんが
西野くんには最初から素を見せている感じとか
西野くんの、自分で戸惑うほどの心境の変化とか、
短い作品なのにその辺りがとっても感じられて、面白かった~。

どの作品も、キャラの性格がみんなカワイイ!
萌えとはちょっと違うけど、とにかく可愛くてヘラヘラしながら(笑)楽しめました!


1

ふつう?

同作家さんの『同級生(の中の「マイナスの心音」)』がツボな私。
いつも楽しみに作品を拝見させていただいております。
(コミック、少ないよね)

ただ 最近・・・・

なんつーか こう・・・・


ふつー な感じです。


絵は変わらず丁寧でキレイだし カッコ可愛い男の子だし
好きなんですけど・・・・。






2

デブ猫に興奮する己。

希望、抱いていいですか・・・(キラキラ)。
細いが正義みたいな風潮やめようぜ日本…肉があってもいいじゃないか!!(心の叫び)

言葉通りの”デブ猫”がわがまま王子様で受けキャラ。
絵に描いたような(まあ絵に描いてるんですが)ぽっちゃりぽよよんの猫様。
二次元、BLといえば、ツボがそれぞれにありながら、美麗・可愛いが基本の世界。
の、中であえての”デブ猫”。

表紙を見る限り、完全にもっと何かキラキラしたピュアものかと思ってました。
いい意味で完全に裏切られました。

ぽよよん王子は、お金持ちのおうちのセレブ猫。
飼い主さんが”ザマス”な奥様なおかげでかなりのわがままデブ猫に。
ある日車中から見えた黒猫(野良)に一目ぼれして逃亡!(笑)
最初は世間知らずなぼっちゃまぶり全開で自然と野良たちを敵にまわしちゃうのですが、
このおデブちゃん、何がよかったって素直なんですね~。
黒猫が良かれと思ってとってきた魚を、最初は「何こんなもの!?」って感じで
嫌がっちゃったんですが、せっかく黒猫がとってきてくれたので
勢いでぱくっと。「んまい!」なんて素直な坊ちゃま猫続きです^^
さてずーっとほんわかで終わるのかなあなんて思っていたら、
夜中にぼっちゃま発情期☆笑
黒猫さんも、まさかのぼっちゃまに発情☆(いやん。)
はれて結ばれる二人。しかしセレブと野良には別れがつきもの…
別れてからというもの、一気に痩せてしまった坊ちゃま猫(ここらへんはやっぱ漫画w)、
だけど別れてそれで終わりというわけではなく、ハッピーエンドはやってきます☆
それは読んでのお楽しみ^^♡

サブストーリーも二つ、流れがあるのでしっかり楽しめました。
芸術と幼馴染と過去の男と…短いページの中で濃い物語を堪能できました(*^_^*)

3

デブ猫専門の私が通りますよ^^*

表題作、「恋する王子様」の受けのデブ猫ちゃんが可愛い~。
私、人間のおデブちゃんは別に好きでも嫌いでもないのですが、猫に関してはデブ専です。
というわけで、こちらのデブ猫ちゃんの猫姿に萌え萌え。多分もうちょっと太ってても全然いけた!
擬人化のほうも可愛いかった~♪萌えって程ではなかったですが。

野良猫のハルさんがカッコイイ~!優しくて強いなんて惚れてまうやろ!

それにしても発情しちゃう二人に萌える~!!
まさににゃんにゃんいたしてしまったワケですが。
人間だと無理のある展開が動物というだけで全て許せる。
元々ファンタジーの上に作ったお話だから即物的な点も変に思わない。
むしろ「けしからん、もっとやれ!」と思ってしまう。
元々ファンタジー好きな上に、動物の擬人化も大好きなので楽しめた一冊でした。

他の同時収録作品もそれぞれに綺麗にまとまっていたし、
ストーリーも練ってあったので、サクッと読めますが一挙両得な感じでお勧めです。

3

ほっこり

良くも悪くも表紙にインパクトのある本。ずっと気になってはいたけど、買うのを躊躇させたギャグ漫画のような表紙(笑)

買ってよかった!
なんって可愛らしい1冊なんだ!

表題の『恋する王子様』は猫の擬人化のお話。これ、アンソロジーのロイヤル特集に掲載されたってことに思わず吹いてしまったw
さぞや異色だったことでしょう。

あるお屋敷で甘やかされて育った坊ちゃん猫アンリ。デブ猫です。擬人化した姿もぽっちゃりでかわゆい。

そんなアンリが出会ったのが、片目に傷があるのらの黒猫ハル。迷子になったアンリを家まで送ることになり、まぁいろいろありーの(笑)、お互い発情して合体。やけにあっさりしてるなぁと思ったけど、そうでした交尾でした。前技とかないよねそりゃw

最後、恋わずらいで激やせします(爆)でもぽっちゃりの方が可愛かった!


ほかの2作は普通の人間同士です。

『恋ノ花咲ク』
これがまた、たまらなく可愛らしいお話でさ。悶えまくり。幼なじみっていいよね。

いつも一緒にいるからお互いのこと誰よりも理解してて、でも逆にいつも一緒にいるからこそ、成長という変化に鈍感で、ある時ふと気付くんですよね続きぇ!

自分よりチビだったくせに、いつの間にか身長を抜かれ、後ろ姿で自分よりも大きくなった背中にドキッとする!いいねぇいいねぇ!

見た目かわいいのに中身は男らしい岬と、へたれですぐ泣くけど誰よりも優しい大輔。この2人が愛しいです。


『恋の病』
岬の初めて付き合った男、西野が主人公。

前作ではめちゃくちゃ嫌な奴として登場しましたが、プライドをズタズタにされた相手にやられちゃいます!

嫌がりながら無理やりイカされるシーンがすごくよかった。リバではないけど、攻が受にってのはいいです。萌えますね。

ページ数が少ないから、後半グダグダなのがもったいない。母親のくだりはいらなかったかな。


書き下ろしで、3作品のキャラが繋がってるというのは嬉しいサービス。


かわいいお話が好きな人、ほのぼのカップルが好きな人、幸せな気持ちになりたい人、オススメします!たくさんの方に読んでもらいたい素敵な1冊でした。

2

表紙からじゃわからない、攻×攻。

好きな作家なのに、絵のタッチが変わってて、表紙見ただけじゃ気づけなかった…以前の、ゆるふわ&爽やか系の水彩タッチはいずこへ…!?
線もなんか太くなってるし…より一層シンプルな絵柄に…
でも、中身読んでストーリーはかわらず面白かったので安心しました~!
個人的な好みかもだけど、今回の表紙は配色やデザインでちょっと損してる気がします。中身はもっと楽しいのに…!もったいないよ~~!(;ω;*)
もしも…、もしも表紙で敬遠しちゃった方がいたら、ぜひトライしてほしいです。

庶民派な感覚をもったキャラの日常的な恋愛を得意とする作家さんだと勝手に思っています。
だから、キャラに感情移入しやすいというか、キャラの考え方や行動に余計な疑問を抱かずに読めるというか…
そういうミスマッチがあるとストーリーに集中できないので、相性がいいのかとても読みやすい作家さんです。

今回は珍しくネコ耳ファンタジーなのですね☆
アニマル系が大好物の私には願ってもないことです!ごちです!(゚▽゚*)

■恋する王子様
表題作。
長身・隻眼の孤高の黒猫×蝶よ花よと育てられた毛足の長いおデブ猫。続き
箱入り猫が、みんなからアニキと慕われる影の支配者的なノラ猫に出会って恋する話。

BL界で暗黙のうちにタブーとされてるおデブキャラ。そんな風潮をガン無視した展開が繰り広げられる今作。
早い段階で痩せて再登場するのかとおもいきや、1gも減量することなくエッチまでゴー!
ちがう意味でいろいろドキドキしちゃいました…。笑
でも、上田さんが描かれるおデブちゃんはとってもかわいらしく、ヴィジュアル的な抵抗は感じずにふつうに楽しめたので一安心vv
むしろ、ぽっちゃりな猫ちゃんにバックから覆いかぶさって発情してる黒猫くんがとても美しく、かっこ良く見えてきてこれはこれでアリだなと…(=ω=*)
あと、おそらく3、40センチはある身長差が非常によいです…!
身をかがめてチューとか、すっぽり抱え込んで寝てるシーンとか……たまらん!

■恋ノ花咲ク
幼馴染の高校生同士のほのぼの純愛ストーリーです。
優しさと単純さが取り柄で最近受けが好きだと気づいたホモ初心者と、しっかり者で真っ直ぐな真性のゲイの高校生カップル。
告って付き合ってエッチに戸惑ってギクシャクしながらも誤解を解いて身も心もひとつになり、そのうち受けの過去の男が現れてひと揉めするも、攻めの寛容さによって絆を深める…みたいな流れが2話分で描かれている。
その間に、過去の思い出や好きになったエピソードなどが細かく丁寧に描かれているので、ストーリーの流れはありがちだが、キャラの不安や喜びなどを共感しながら読み込める作品。

好きだと自覚した翌日に同性相手に告白するという「ちょっと待て」とツッコミを入れたくなるような攻めキャラの言動に対しても、一般常識をしっかり持ち合わせた受けキャラが読者に代わってちゃんとツッコミを入れてくれるので、そこも良いです。
読者が感じる違和感を作中のキャラが話の中でスムーズに指摘して補正してくれるので非常に読みやすいし、そういう一般的な感覚のあるキャラだと好感もてます。

■恋の病
『恋ノ花咲ク』に出てくるちょーいけ好かない受けの過去の男が主人公の話。
お前ならホモもいけるかもと手を出したくせに裸見てやっぱり逃げるという最悪なことをしでかした男が、まさか主役として再登場するとは思っていなかったので驚きました。
だがしかし!
これがめちゃめちゃいい話だった…!!この1冊の中で一番好きな話でした!
そして、攻×攻に限りなく近いことをしてくれた作品でもあります!!
攻攻というマニアック嗜好の人間にとっては思わぬサプライズでございました…!!ヾ(*≧∀≦*)ノ

天才ゆえに異端児扱いされてる無愛想な美大生(ホモ)と、何でも人並み以上にできるゆえにプライドが高い美大生(ノンケ)の話。※受けの方が件のいけ好かない男です。

自分よりも評価されているゲイの天才男を妬む受けが、ライバル意識でバイト先の後輩に手を出し(未遂)自慢したものの、男もいけるのかと相手の射程圏内に入ってしまい、まんまと食われる話。
これを読むと、『恋ノ花咲ク』で中途半端に手を出してきた嫌な男にも、いろいろと事情があったんだな…!と理解できます。
そして、なんなら、圧倒的な才能を持つ男を前に、嫉妬や羨望や劣等感でグルグルなってるこの男の方が苦労人だったんだな…と同情します。

おそらく攻キャラだったであろう男が、本職の攻に後ろからガンガン掘られて嫌がりながらイかされてる姿は激モエでした…!!!(*´Д`)ハワワワァァ…
やばい!たまらん!!攻攻のよさをわかっていらっしゃる…!!!と大興奮です。
厳密には実際に攻めた実績がないので攻攻とはいえないんだけど、でも、気質的には申し分ない攻めキャラっぷりだったので、十分楽しませていただきました。(=ω=*)アリガタヤ~

■恋する季節
収録された前作品のカップルがひとつの次元にリレー形式に出てくるおまけマンガ。
それぞれのカップルのイチャイチャシーンが上手にリンクされてます。

違う物語では文句なく悪人だけど、視点を変えてみると悪人と思える行動にも意味があった、という作品内だけでなく、作品同士の構成がお見事。
おまけの『恋する季節』をみるにつけても、やはりキャラクターの扱い方がずば抜けて上手い作家さんだなあ…!!とつくづく感心します。

《個人的 好感度》
★★★★★ :ストーリー
★★・・・ :エロス
★★★★★ :キャラ
★★★★・ :設定/シチュ
★★★★★ :構成

3

猫好きな方にはたまらんだろう…

どちらかというと犬派な私ですが、
なんだか気になり読んでみました。
上田さんの絵は優しくて、登場人物も温かいから♪

表題作は、黒猫ってもっとツンとしているイメージがあったんですが
それはやはり上田さんのキャラなので、すましていそうで人情家!
ハルに惚れるアンリの気持ちがよくわかりました☆
アンリはぽっちゃりの時も良かったですが
最後、恋煩いであんなにスマートになって…羨ましい…(そこじゃない!)
もう会えないかもしれないって考えると、苦しいですよね。ぎゅう。
でもまた会えて良かった!!

『恋ノ花咲クvol.1 ,2』
大輔の為のお話ですなw
ヘタレすぎて笑ってしまうほどです!
岬を好きすぎるあまりすぐ泣くし、すぐテンパるけど
めんこくて抱きしめたくなるような攻めでした。
いくらでも甘やかしたくなってしまいますw
岬は見た目より男前な性格なので
大輔をぐいぐい引っ張っていってほしい!

『恋の病』
岬の元彼(彼までいかないか)の西野、嫌なヤツ!って思ったんですが、
こちらでは絵の才能あふれる長田に嫉妬するわ
まさかの受けだわで、これで相続き殺されたなって感じでしたw
後々ちゃんと恋を知ったのも良かったんですが、
長田の描く絵を見ながら達して、
嫌なのに感じてしまって、いたたまれないと言う風な表情が色っぽかったです!
あの泣き顔はもっと見たくなるなぁ…うひひ(きもっ)
西田が料理上手っていうのも意外でしたがポイントUPでした☆

最後は3カプが登場で、得した気分♪
描き下ろしって、大抵表題作の1カプが多いと思うんですが
サービスしてもらったようで嬉しかったです!

猫好きさんは必読かも!
でも、私のような犬好きさんも楽しめますよ♪

2

デブ猫

なんでか太った猫ってかわいいよねえ。
ずっとさわってられるよね。
タマナシデブ猫 きたわ!!
これは発想の転換ですよ。
こんなに癒しの物語に早代わり!
あ~~ムニムニしたいです。
あの肉をがっつりつかみたいです。
攻めがまたかっこいい 目にキズがある猫ですよ。
ゴロゴロして盛っちゃうトコロが猫です。
バックからのHが やはり猫です。
お金持ちの家に帰されてしまうけど 自由と恋を知ってしまったから。
家から飛び出す瞬間 良かった。


3

恋せよ少年!

表題作「恋する王子様」もとっても可愛くてほのぼの癒されたのですが、
それ以上に胸キュンして悶えたのが幼馴染2人の恋物語「恋ノ花咲ク」です!!
幼馴染の彼らの必死に恋する姿は読んでいてとっても微笑ましく、それでいて
キュンキュンさせてくれるのです…!

純粋でまっすぐで優しくて岬大好き♪なわんこ・〈大輔〉と、実はそんな大輔を想って
いて、過去に男と付き合った経験あり(大輔を好きになる前)な〈岬〉
『知らずに借りたDVDがホモの話だった』と映画をきっかけに幼馴染の岬への想いを
自覚し、次の日に即!岬に告白してしまう大輔。
岬のことが好きー!という想いをなんの計算することなく正直に伝える大輔はとっても
可愛らしくって好感が持てます。純粋で天然ですぐ泣いちゃうところも萌え!

そして実は岬も大輔が好きだった…という事実がわかり2人の関係は幼馴染から恋人へと
変化するわけですが、もう気持ちのいいほどバカップル!
この2人が本っっ当に可愛くてですね!特に大輔の可愛さというか優しさというか
まっすぐさ…!こんな彼氏だったら絶対幸せです!!(笑)
もう岬好き好きー♪なわ続きんこ具合が本当にまっすぐで読んでいて微笑ましくて、でかい
図体してるのによく泣くし天然だし、男同士の行為の仕方を知らなかった大輔が岬から
その方法を教えてもらい驚愕して悶々と悩んだ結果、マジックを使って自分で実践して
みるというなんと勇者!というかおバカ!(笑)
ヘタレでまっすぐでおバカで優しくって、岬が愛しく想うのも納得です♪

小学校4年生の時に大輔が転校してきて、仲良くなる動機は不純だったけれども
どんどん仲良くなった大輔と岬。それからずっと隣同士でいた…という過去話もとっても
素敵な彼ら。
お祭りで岬からもらった金魚を大輔はとっても大事にしていて…という
岬が大輔を意識してしまうきっかけにもなった過去話もいいお話で可愛いのです。
ずっと一緒にいたはずなのに、いつの間にか自分より大きくなった幼馴染を意識して
しまう…くーっ!たまらんです!やっぱり幼馴染ものっていいですな~!!

お互いがお互いを大切に大切に想い合って、きっとこれからもちょいちょいケンカしながらも
ずっと仲良しであろう彼らが大好きです!
とってもとっても癒されました~♪

2

表題でがっちり猫好きハート鷲掴みされました♪

表題は、セレブな我儘に甘やかされた猫ちゃん王子様と(もちろん去勢済み)
素敵な片目黒猫野良にゃんことの身も細るような恋物語♪
これだけで、ニャンコ好きのハートをわしわしされた感じで可愛かったぁ~

恋ノ花咲ク、1,2は純情ヘタレ攻め様と意外と男前の受け様の不器用な恋。
高校生の攻め様は親友の事を考えると何故か胸にもやもやが、そして偶然見たゲイの
DVDを見た時に、ガッチリ自覚、受け様の事が恋愛の意味で好きだと・・・
そして思い立ったら速攻で、受け様に告白!
ここから恋する二人のあれこれが胸キュンで描かれてる優れもの。

恋の病 は、表題からは一変してシリアスな雰囲気の作品で、美大に通う学生の話。
プライドが粉々になる程自分の才能の無さを感じる程心が揺さぶられる絵に出会う。
しかし、それと同時にその絵を書く攻め様に嫉妬含みの毛嫌い反応。
しかし、酔った勢いで抱き合ってしまい、更に攻め様の絵に惹かれる。
恋せずにはいられない、そんなストーリー。

そしてラストは表題のショート、にゃんこたちの恋の季節、発情期!!
そしてそんなニャンコちゃんたちをデバガメする続き「恋の病」の攻め様、
がっちりニャンコちゃんたちの交尾を観察模写しているのです(笑)
さらに、「恋ノ花咲ク」の二人が、リバになるのか?なんてヘタレ攻め様を
からかいながら可愛がる受け様が描かれてる、3編のお話コラボショートで
最後まできっちり締めてくれるナイスな作品で、かなり良かったです。

4

幸せ感じるBL

上田さん、小説の挿絵では存じ上げていたのですが、漫画は初読みです。
帯に新境地と書かれているのでいつもとカラーが違うのでしょうか?
この本、すごくすごくすごくすごく!!気に入りました~♪
ラストの1本はちょっと切なしんみり、でもラスト幸せだけど、
表題とその次の『恋ノ花咲ク』がダントツにいいのです。
クスリと笑えて、ほのぼのして、あったかくて、やさしくて、
読んだあとに幸せのおこぼれを自分ももらったような気分になれて、嬉しくなっちゃうのです☆☆☆
もちろん!萌えツボもあります、キャラクターに♪

表題は猫の擬人化漫画。
お金持ちの家でわがまま放題の王子様として育った猫・アンリが、飼い主と車に乗っているときに轢かれそうになった猫を助けた黒猫が気になり、一人で追いかけていく。
お前を家来にしてやると、高飛車に出るアンリにその黒猫ハルは鼻にもかけず言ってしまうのだが、アンリが他の野良猫たちに意地悪されているところを助けてくれるし、他の猫たちにも慕われている、お腹のすいたアンリに魚をわけてくれたりもする。
そして・・・
猫が人間の姿で描かれているのですが、まんま猫なの続きです!
ぽっちゃり君で生意気なアンリもかわいいのですが、ハルの男前も中々にカッコイイ♪
彼等の交尾は、擬人化されているからといって他の漫画によくあるような人間の性交ではなくて、まさに交尾として描かれているのがとってもいいのです!
毛皮を来ているわけですから服だって脱がないしねw
野良猫だからと差別してハルを追い出す自分を大事にしてくれる人間のママより、色々教えてくれて一緒にいると楽しいハルを選ぶアンリ。
弱っちいアンリが、ハルが犬に襲われているのを見て「僕が守る!」とビビリながら立ち向かう姿もとってもかわいい☆
”かわいい”しか言い様がないんですけど、このアンリが一番魅力的です!
表現の仕方の素晴らしさ、是非読んで確かめて欲しい!
ちなみに、発情期にあぶれたオス同士で野良が・・なんてシーンが1カット出てきますが、家の猫も♂×♂がタマ無しでも擬似行為してますしwww結構ありありなんですよw
猫飼いさんと猫好きにはたまらない一本ですよ~♪

『恋ノ花咲ク』もめっちゃ萌え萌えしました!!
幼馴染で親友の大輔がある日突然、映画でそういうシーンがあったときに、岬を好きって気がついたと嬉しそうに告白してくる。
結局両思いで、二人は恋人になるのですが、その後の話がもう爆笑やらなんやらでローリングしましたとも!!
実はこの大輔が実にヘタレワンコでして、憎めない、とっても好感度の高い攻めキャラなんですv
キス以上の事がしたいと思ったときに、岬に止められて気まずくなり、それから岬を避ける。
その理由が・・・ああ~っ!なんてかわいい攻めなんだよっ。
岬はなんとなく経験ありそうな言動してるのに、一切気がつかない天然でもあるのですが、
受けでもいいと考えるあたりの、その思考とか、笑っちゃいけないけどおかしい(爆)
いちいちよく泣くし、バカワンコほどかわいいって(!?)そんな典型でありながら、実に自分のツボを突きまくって萌え死にさせそうにするカプ、、、いや攻めでした(笑)

『恋の病』は岬が身体の関係を持とうとしてダメだったというバイト先で知り合った美大生の物語。
ここで、受けになっていて一件ザマァ展開でもあるのですが(w)この人、実はすごいプライドの高いヘタレなんで、丁度いいかもです。

3

可愛いだけじゃない

もともと好きな作家さんなんですけど、まさかのモフモフでびっくりです。

表題作は、猫世界が擬人化されてお話が進みます。合間に猫姿での描写もあってほっこりしていいんです。

野良の黒猫ハルに、飼い猫のぽっちゃりのアンリが一目惚れします。擬人化した姿も、もちろんぽっちゃりなんですが、可愛い……

飼い猫のためアンリはいろいろ世間知らずで、他の猫に絡まれますが、何かと兄貴肌なハルが助けてくれます。
…でも、そんなハルをアンリが助ける場面もあって。ただ守られてるワガママ坊っちゃんじゃないんです。
二人(二匹)は、両思いなんですが、野良と飼い猫で住む世界が違います。アンリの飼い主によって引き離されてしまって…
そっと去っていくハルの姿がまた……

結果的にハッピーエンドなんですが、アンリが、人混みの中にハルの姿を見つけるシーンは、思わずジーンとしてしまいます。

短いメルヘンなお話の中に、可愛いだけじゃないスパイスが効いていて、期待以上でした。たった1カットで、そのシーンに深みを出していて、やっぱり好きな作家さんだなと再確認しました。

表題作以外も良くて、特に恋の病が良かったです。

しかも、続き最後の書き下ろしにはそれぞれのカップルが出演していて、余韻も楽しめました。

2

野良猫と家猫

何よりも作者近況写真の猫がたまらなくかわいかったです(笑)
モフモフものは、どうしても見逃せません!!
表紙だと方向性が分からず、迷いましたが購入です。

表題作は猫の擬人化
お金持ちの家猫が、野良猫の黒猫に一目ぼれをしてしまうお話。
黒猫に惹かれて、飼い主の元を飛び出してしまったのだけど、
迷子になってしまい、黒猫に家まで連れてってもらうもの。
途中で、他の野良猫や犬も出てきて、犬猫のコミュニティーに
想いを馳せてしまいます。かわいい。

他に2作入っており、こちらもなかなか面白いのですが、
ページ数は少ないですが、
個人的には、「恋の病」という美術系のお話が良かったです。
絵画の天才と、その才能に圧倒され絵画を辞めてしまった学生のお話。

各ストーリーが微妙にリンクしているのも
面白くなる所以ですよね~

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ