住職は酷いのがお好き

jyuushoku wa hidoino ga osuki

住職は酷いのがお好き
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
50
評価数
12件
平均
4.2 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775519660

あらすじ

リーマン・田村の悩みは、社員寮の部屋に幽霊が出るということ。地元のお寺を訪ねると、イケメン住職・法来に「お祓い」という名の濃厚なキスをされて…?

(出版社より)

表題作住職は酷いのがお好き

法来・住職
田村啓輔・サラリーマン・27歳

同時収録作品ドS後輩のオモチャ

上村くん・サラリーマン
田中さん・サラリーマン

その他の収録作品

  • ちまいの日記
  • ドS後輩のオモチャ
  • ドS後輩とラブマリアージュ
  • ドS後輩とラブハネムーン熱海1泊2日

評価・レビューする

レビュー投稿数6

オノマトペ(擬音語、擬声語、擬態語)が面白い

表題作「住職は酷いのがお好き」ですが、内容のことの前に、
個人的にツボったのがオノマトペ(擬音語、擬声語、擬態語)の多用です!

一番ウケたのは「 こ じゃ ん 」
は!?こじゃんってどういう状態よ!?方言!?作者さんの感性が面白いです。
他にもピシャーン・ズギャーン・ピキーン・ギニャー・ビャーン・ゴゴゴゴゴなどなど。
一部「桜蘭高校○スト部」や「ジョ○ョ」っぽいモノもありますが、
とにかくほとんどのコマにオノマトペが使ってあるのが特徴です。
次回も作者さんの突き抜けたオノマトペ、期待しています!!!!!!!

さて、内容なんですが、「ごく普通のリーマン・田村」と「超イケメン住職・法来」のお寺での同居ドタバタコメディでした。田村は法来に最初から狙われていましたね(笑)お祓いとか言ってキスしていますが怪しいもんだ(=´∀`)
そして霊にとりつかれた田村を縛り上げる法来。本性見たり~!という感じですね。
いや~こういうドSもいいですね。愛あるドSは非常によろしい!!!

あと、お寺ネタですから、もちろん霊や妖怪や森の生物がいっぱい出てくるのですが、「ちまいの」と続きか可愛い~のです!呪われた人形ちゃんも払われて可愛くなったりして、いいキャラがいっぱいです。
キラッ☆ネタを人形ちゃんがしているのに意表をつかれたり、某ゲームのタイトルを文字った言い方をしたり、作者さんの小ネタもちょいちょい笑えました。


同時収録の「ドS後輩のオモチャ」ですが、受けの田中が結婚式の余興のためにAKBの女装を試しにするのですが、「俺の脚、エロくね!?」って自分を見て自画自賛してしかもオ○ニーまでしてしまう変態ぶりに笑いました!
そして後輩の上村にそれを見つかったところから悲劇は訪れます。まさか言葉で辱められ、しかも最後まで致されてしまうとは田中も想像して居なかっただろう悲劇です。
タイトルはドSになっていますが、これぐらいならソフトなほうかな、という感じでした。丁度良い感じです。

しかしその女装を後輩の上村もやる事になり、ものすごく沈んだ姿を見て爆笑しましたwww
これだよ、嫌がっている姿をみるのが萌えるんじゃないか!
女装は無理やりに限ると思いました。
あと眼鏡な後輩が腰乃さん風味の絵に見えました。
作品の雰囲気もちょっとそれっぽかったです。

全体的に、この雰囲気は花とゆめ系かな~と感じました。
大好きですよ、この作風。そして作者さんもファンシィダンス好きなんですね!
私も大好きなんですよ~!作者さんとお友達になりたい♪

1

軽く読める


表紙を見て、住職攻めに惹かれ購入。まぁ今日の暇つぶしにでもとあまり期待はしていませんでしたが、かなり好きな作品となりました。

基本コミカルで、重い話を読む気分でない、複雑なものでなく、明るい、しかもちょっとえろっちいのが読みたい時にオススメです。欲を言えば中身がなさすぎるのも嫌だと思ったときにはちょうどイイと思います。

ある日、なんやかんやで幽霊の類が見えてしまう主人公が住職のところへお祓いを受けに行くのですが、ビビりまくる主人公にドS住職がときめいて、じゃあここへ住めば?と提案。
住職といたせいで、霊感が高まり、天狗やお稲荷様まで見えてくる始末。その天狗やちっちゃい神様の可愛いこと可愛いこと。自分たちが見えて、構ってくれる人がいないもんだから、ちんまい神様達は主人公に懐いてきます。主人公ぴぎゃぁぁ。住職にすがりつく。住職、神様達に向かってグッジョブb。

主人公は怖がりという以外は女々しくなく、外見も普通の男前なんで、大変楽しい作品でした。

もう1つの短編、自分の女装にうっかり見とれて自慰をしちゃった先輩の話も面白かったです。

オススメです。

 

2

ヘビーローテーション!・・・入りはならず

なんか見たことあるな・・・と思ったら
「メランコリメランコリックメランコリニスト」
と同じ月に同時に2冊出されていたのですね。
初単行本が同じ月とかさぞかし大変だったろうな作者さんと思います。

とにかくこの本も「なすすべもなく振り回される」感がなんともいい。
そしてこの本はエッチあり。肌の質感がきれいだったので、エッチシーン見たかったのですが、やっぱりエロかったしすごく気持ちよさそうだった・・・。
チマイ奴らも可愛かった・・・。そいつらも含めおもちゃにされまくるたびに面白い表情をするのも良かった。

「可愛い」というカテゴリに入れてはいけないリーマンによるAKB(しかも下だけ)が
以外に綺麗な足により「萌えていいもの」に入っちゃう所に
「自分、変態じゃないのか?」
と思ってしまいました・・・でも綺麗な脚だねorz

面白くてきれいなのにそれが毎回毎回読むたびになぜか頭からストーリーが逃げてしまう違和感が神化を躊躇させますが、好きな絵だと思います。

3

ちまい鬼がいっぱいだ!

ドSのお坊さんと、怖いの大嫌いな臆病リーマンとの除霊の日々をコミカルテイストで
1話完結みたいな感じで描かれた作品で、何気に二人の仲も進展するお話です。
軽い感じで読み進める事が出来る楽しい作品で、おどろおどろしてる霊を利用して
受け様にあんな事やこんな事をいっぱいしちゃうお坊さまのサドブリは霊より怖い。

転勤で異動になり、新しく入った寮でまさかの悪霊に憑りつかれ、会社の上司に
指示されたお寺に必死で向い、門前で力尽きた受け様をイケメンお坊さまがお助け、
かなり、霊能力の高いお坊さまなんだけど、受け様は一目で気に入られたみたい。
そして、除霊の後遺症なのか、霊の姿が見えるようになりパニックになった受け様は
攻め様に再び見えなくなるようにして欲しいと助けを願い、その方法は攻め様からの
熱いキス、でも、それはかなりの嘘っぱちで、意外に素直な受け様は信じてしまう。
そして怖いならお寺に一緒に棲めばいいと言われ、怖いのに負けてお寺にお引越し。
そして始まる二人のコミカルな日々。
攻め様のペースにすっかり巻き込まれてる受け様ですが、巻き込まれている事に
今一つ気が付続きいていないのではと思える感じも緩くていい感じなんです。
かなり楽しめるほのぼのしてシュールな笑いもあるお話でした。

3

ベタだけど、はまる面白さ♪

モリヲさんのこのベタ笑い展開が大変にお気に入りです、わたくし♪
ものすごくわかりやすいギャグ漫画の典型。
ドS気味の人物におもちゃにされる主人公。
題名は「住職は酷いのがお好き」ですが、どちらかというと
「住職はお気に入りのおもちゃを手に入れた」→「遊んだ」→「楽しい」→「面白い」→next stage・・・みたいなwwww
主人公からしてみれば、憑いてしまった見えるようになってしまった物の怪から自分を守ってくれる力強いヒーロー!?
この認識ギャップが笑いを誘うのです。
しかも登場人物もしかりですが、物の怪である”ちまい”はじめお菊人形とか、霊とか、なんか住職の手にかかると、滑稽な理由で人間を巻き込んでいるだけという、結末にもっていかされる。
オカルトってもともと、笑いと紙一重のところがあるのを、うまくついてきてるわけですよ。
それがBL舞台なんで、笑いと匂だけで満足してる自分にとっては、エッチシーンなんかあるもんなら「お、儲けもんだわ♪」みたいなwww
なくて、満足してどうするんだー!とおしかりをいただきそうなんですが、でも、笑いだけでも好きなんで勘弁下され。
続き結果、、、田村くん自分を守ってくれる法来に(本当はからかって遊びながらいい思いしてたw)ほだされる天然風味の純粋な子。
そう、純粋だから霊につかれるのねwww
だけど、家事とかまめな法来ですから、田村くんは嫁を手に入れたような。。。(笑)

もう1シリーズ[ドS後輩のおもちゃ]とその後[~マリアージュ]がありますが、女装エッチもの。
先輩が同僚の結婚式の余興でAKBを女装して演じることになり、衣装合わせしていたら「オレ、いけんじゃない?」なんてそのまま一人エッチはじめっちゃったのを、後輩に見られて、、、という展開ですが、後輩が鬼畜設定のわりに、先輩がメゲてないのがいいですね。
後日談は、後輩まで女装させられちゃって、女装同士のエッチになってるところがみもの!
しかも式場のトイレって(獏)
相も変わらず先輩ののんき天然ぶりに、、、、後輩がイラっとしてドSにもなるわねとwww

この作家さんのお笑いは非常に好きです。
特に目を引いたのは「ドS後輩の~」を見ていて、腰乃さん作品をほうふつさせるものももっているな、と思った点です。
お笑いは山田まりお氏のものにも似ている部分があるような気がしますが、
今回2冊がほぼそろって出たことで、これからどういう方向へ、そしてどんな変化を見せていくのか、これからが正念場であると思われます。
きっと進化していくと信じていますので、また違った顔を見せて楽しませてほしいと願っています。
評価は期待を込めて。。。

5

意外なところに可愛さが…。

表題作ですが、BL要素よりもふんだんに、別のところに楽しみがありました。

ストーリーはと言いますと、
田村くんは、転勤で社員寮にお引越し。しかしその部屋は曰く付きの物件だった。
お祓いをお願いする可く尋ねたお寺でイケメン住職と接触。気づけば、色んなものが見える体質になってしまった田村くん。
またイケメン住職を頼っていくと、お寺に住まうことに。
イケメン住職は、田村くんのリアクションを楽しみながら、お祓いと称して、あれこれ楽しむのであった。

雑ですが、こんなお話。
そして大雑把に感想を述べると、ちょっとトンでいて可愛いです。
可愛さの定義は人それぞれですが、、、裏表紙を見てみて下さい。可愛いの理由はコレにあります。
主人公たちよりも、脇役に目を惹かれてしまいました。


同時収録のドS後輩は、女装ネタですよ。
リーマンが女装しています。
とある理由でコスプレ衣装を着ていたら、自分の体に欲情しちゃって、致し始めたところに、社員寮の隣に住む後輩くんがやって来て…。なお話です。
女装とエロが前面に出た作品です。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ