謝肉祭

shanikusai

謝肉祭
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
宙出版
シリーズ
MISSY COMICS(コミック・宙出版)
発売日
価格
¥508(税抜)  ¥549(税込)
ISBN
9784872873528

あらすじ

親友に妻を寝取られた桂が、やけ酒を飲みに入ったBAR「謝肉祭」は、夜ごと男が男に体を開き、欲望のまま快楽を貪りあう秘密の場所だった。傷心の桂はそこで、男達に囲まれてしまい…!

表題作謝肉祭

誠二 他
関口桂 妻を寝取られた男

同時収録作品おもちゃ箱の反乱

雄冬 学生
竹之内周 学生

同時収録作品キメイラたちの夜

桂 他
武彦 高校生

同時収録作品濡れた刃

伸武

同時収録作品永遠の約束

ユージ

その他の収録作品

  • JACK IN THE BOX
  • モカの海から

評価・レビューする

レビュー投稿数1

モラルから開放された場所

タイトルになっている「謝肉祭」は何やら妖しい感じがしますが、モラルも何もない開放的なゲイバーの名前です。

お店の客はそのへんでやりたい放題…。そこに、妻の浮気に消沈してふらりと入ってくる主人公・桂。お店の常連たちに襲われて…というお話です。
古い作品なので、色々ありえないと感じる部分もあります。そもそも乱交できるお店が会員制でもないなんて…って感じなのですが、その辺は東里さんの少し古くもいい味を出している絵柄で何となく流せる気もします。

最初は嫌がっていた桂が、快感を与えられて、次第に自分を解放していく様が妖艶でBLとしては楽しめました。今は逆にこういうBL、あんまり見ない気がしますね。

その後、お店に居ついた桂のもとに、悩みを抱えた客が次々やってきて…というオムニバス形式の展開になります。
桂の最初と最後の変わりっぷりが見事です。

桂に最初にアレコレ手ほどきしてくれた誠二というキャラクターと、いつの間にか恋人になったのかその辺の経緯が曖昧に感じ物足りない感じもしました。でもこういう雰囲気の本は大好きです。
今となっては逆に手に入りにくい、昔のBLのこうい続きう雰囲気って言葉では言い表せないですが、お好きな方は読んで損はないと思います。


0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ