3月のライオン(9)

3月のライオン(9)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
発売日
価格
¥486(税抜)  ¥525(税込)
ISBN
9784592145196

あらすじ

高校進学を前に、ひなたは零の通う高校を受験することを決意。零もそんなひなたに勉強を教えながら将棋を指す中で、今の自分にとってひなたの存在がいかに大きいかを自覚し出し…。

レビュー投稿数1

誰もが主人公

沢山のサイドストーリーを織り込みながら進む本作、
「家族の9巻」も泣かされました。

※予めお断りしますが、BLでは全くありません。
 ですから評価の神も、萌えというよりも「素晴らしい!超おすすめ!」という意味と
 ご了解下さい。

いじめっ子も死神と言われる好かれていない棋士も、
地味な人もあまり感じの良くない人も、
誰もがそれぞれのドラマを持っている……
そして人間は一人では生きられない、誰かと歩むからこそ強くなれる……
そんな当たり前だけれど深く大切なことが、
あざとくなく描かれているのが、本作の凄さだと思います。

土橋九段が、とことん研究したのにやはり宗谷名人に破れ
「まだ見たことのないドアが出てきてびっくりした。」と語って
「宗谷くんとふたりで笑っちゃった」というのがいい。
凡人の立ち入れない孤独の世界を共に歩む同士……
名人が対戦中に、黙って土橋の為に虫を除くエピソードもグッときます。

和菓子屋の次女ひなちゃんも無事に高校生に。
今回は影の薄かった主人公零ですが、さて次なる展開は如何に?


3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ