ゴーマン裁判官の落とし方

goman saibankan no otoshikata

ゴーマン裁判官の落とし方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
学研パブリッシング
シリーズ
もえぎ文庫(小説・学習研究社)
発売日
ISBN

あらすじ

僕、好きになっちゃいけないひとを好きに…。久しぶりに再会した後輩・優人の恋愛相談にのっていたオレ様系裁判官・豪。許されない相手って誰だ? 恋愛法廷は刑事事件のようにはいかず、はたして判決の行方は!? 逆視点の描きおろし【おまけマンガ】付き!

表題作ゴーマン裁判官の落とし方

大徳寺豪 裁判官 31歳 
栗原優人 文具メーカー勤務 29歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

裁判官も人の子

タイトルに惹かれて。職業的には刑事とか検事とか弁護士とか大好物です。
裁判官は今まで読んだことがなかったなと。しかも「ゴーマン」って。カタカナなのがまたいい感じw

裁判官の大徳寺は担当している裁判で偶然高校時代の後輩優人が証人として出廷したことで再会。
もともとノンケの大徳寺だが再会してからなにやら優人が気になってしかたない。なんかもうダダ漏れですw
会うたびにもう優人にやられちゃってます。そして、優人の恋愛相談を勝手に誤解してテンパってるのが可笑しいのですが、裁判官としての冷静さとか聡明さとかまるで役には立たないのね(笑)
テンパり過ぎてストーカーと思われたり誤解したまま想いを押し付けちゃったり、恋は裁判官をもオカシクさせるのです。

キャラ的にも裁判官なのに若干チャラいと言うか、心の中でですが、あまりにも程度の低い犯罪者に対して「バーカバーカ!」と言っちゃうのです。
ともすると違和感と言うか裁判官としての品位も下がるはずですが、そこはコメディなので許せます。
それがスパイスとなっていて面白いです。まさに「ゴーマン」。

あとがきに書かれてますが、作者さんは続き裁判傍聴が趣味とのことで、そこからヒントを得てる部分もあるそうです。
人気のある裁判官目当てで傍聴する女性もいるとか、裁判進行中に証拠品のクスリをしげしげ眺めてしまう検察官とか、その検察官の言葉責めとか…
興味出てきましたw

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ