おもちゃの心

おもちゃの心
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784592872184

あらすじ

母親が死んで、一人の身になった井東八広。大学に通うために上京したはいいが、アパート探しに四苦八苦。そんな時、キャンパス内で医学部博士課程の学生だという木月高見に出会う。ハウスキーパーという条件で木月のマンションで同棲を始めた八広。そんな八広を日本の裏社会を統括する諏訪グループの若き会長・諏訪山王が狙うのはなぜか?そして八広に執着する木月の驚くべき秘密とは…。

表題作おもちゃの心

木月高見 医学部博士過程だという学生
井東八広 大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

いまいちでした

全体的に話の展開が乱暴で、不自然に感じました。
そのため最後まで話に入り込めず、ウ~ンと思ってるうちに終わりました。

主人公は大学生になりたてほやほやの八広(受け)。
アパート探しをしてたところ、キャンパス内で出会った高見(攻め)という美形に出会い、彼のマンションに同居することになる。
この冒頭からして不自然です。同居にいたるまでの過程が安易すぎて、主人公がただの常識無しにしか思えないっていうか。
で、主人公はその後、日本の裏社会人を統括する諏訪グループをめぐる、巨大な陰謀に巻き込まれてゆきます。
ドタバタなのか、シリアスなのか、そのあたりも中途半端でした。
あと文章もあまり上手くなかったです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ