俺はヘンタイだろうか

ore wa hentaidarouka

俺はヘンタイだろうか
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784801956445

あらすじ

サラリーマンの林田(はやしだ)はタオルの感触大好きなタオルフェチ。
最近のひそかな楽しみは、下請け企業の若手作業員・三宅(みやけ)君の汗が染みこんだタオルを夜な夜な愛でることだ!
三宅君の汗や涙の残り香を嗅ぎながら、彼の爽やかな笑顔を思い出していたある日、ついに三宅タオルをオカズにイケナイコトをしてしまい…。
こんな俺は、やっぱり変態なのでしょうか――!?
表題作ほか、褐色の美青年と真面目なサラリーマンの南国ラブ、買い物依存症の恋人に振り回されるドタバタ同居生活etc
読み応えMAXな作品集

表題作俺はヘンタイだろうか

三宅
林田

同時収録作品熱帯夜

テツオ
新田友久

同時収録作品お取り寄せラビリンス

山崎 公平 26才
阿部 圭太 19才

同時収録作品おばあちゃんコ

将太
武史

その他の収録作品

  • 買い巡りラビリンス

評価・レビューする

レビュー投稿数3

うん、ヘンタイだよ。

「俺はヘンタイだろうか」
タオルフェチのリーマンは、工場勤務のガテン君のタオルをせっせと集め、洗濯もせずに部屋でタオルに囲まれて満悦してる変態。
ガテン君のロッカーに詰まってた使用済みタオルと上半身裸で戯れ、そこをガテン君に目撃され、告白されてホテルへ。
さぁ!って時に本人より本人がシャワー後に巻いてたバスタオルに夢中って…良い変態ぶりに笑いました。

「熱帯夜」
南国の現地の男と日本人観光客、旅先アバンチュールから恋人にってテンプレっぽい話ですが、同じ時間軸の2話構成で、1話目は受け視点、2話目は攻め視点で語られてるのは新鮮でした。

あと2つ短編が収録されてますが、ページも少ないし、通販あるあると家族愛で、BLっぽくはないです。
明るく笑える話が読みたいって時に、表題作のリーマンの変態ぶりは良いと思います。

0

表紙はエロい感じなのに...

表紙買いしましたが、表題作はあまり続かず、微妙な終わり方しました。 タオル愛がすごい変人主人公の気持ち悪さをイケメンでカバーしてるけど、攻めもうちょい引けよって思ったり...変態なんだろうか!とかいうならもうちょいしっかり絡めよ~と。
二つ目の熱帯夜は題材や描写はとても良いのに短めだからかハショリ過ぎててこれまた微妙でした、最低あと二ページは各話で絡んでて欲しかった。
お取り寄せネタも、だから??的な内容です。
おばあちゃん子はまぁまぁの良さでしたけど、キャラをもうちょい掘り下げてもらいたかったです。

0

複数話収録されてました

大きく分けて四本立てでした。
《俺はヘンタイだろうか》
林田は下請企業の三宅の汗拭きタオルを失敬して夜な夜な愛でている。何枚もタオルを失敬しているのに、まだまだ欲した林田は三宅のロッカーを開けて溜め込んだタオルを触っているのを本人に見つかってしまい‥
《熱帯夜第一夜・第ニ夜》
会社の社員旅行で初の海外旅行へ行った新田は皆んなと別行動で無人島へ行くが昼寝のし過ぎで無人島に取り残されてしまう。観光ツアーで働いているテツオが心配して探しに来てくれて、お互い好意を寄せていた為、身体の関係を持ってしまう、旅行中のアバンチュールのはずがお互い本気になってしまい‥
一夜は受け目線、二夜は攻め目線です。
《お取り寄せラビリンス・買い巡りラビリンス》
公平と圭太は恋人同士、ある日、男と付き合っている事が親にバレた圭太は家を飛び出して公平とアパートに転がり込む。公平が仕事から帰って来ると玄関には圭太の趣味のネットショッピングの荷物が山のように溢れていて‥
《おばあちゃんコ》
小さな島でおばあちゃんと二人暮らしの武史は恋人の将太から『一緒に島を出よう』と誘われ行く気になるが‥
全体的に淡続き々と読んでしまって、読んでいる途中で落ちがわかってしまい少し残念でした。
《おばあちゃんコ》このお話だけ?とよく分からなかった、受けは攻めを捨てて島に残った勝手のいい子という残念な印象で、おばあちゃん思いの良い子という印象はないなぁ

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ