小説家先生の長かった恋

shousetsukasensei no nagakatta koi

小説家先生の長かった恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
13
評価数
4件
平均
3.5 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ホーム社
シリーズ
EYE'S COMICS BLink(アイズコミックスブリンク・ホーム社)
発売日
価格
¥720(税抜)  
ISBN
9784834262766

あらすじ

家政夫である三島の新しい派遣先は、人気小説家・松戸冴央の自宅マンション。
仕事初日に松戸宅を訪れた三島の前に現れたのは、なぜか中学時代の担任教師・麻生だった…! 
麻生という人物に興味を持った三島は、彼の小説を読み進め、ある一節に目を止める。
主人公の女性教師が恋い焦がれてしまう教え子の少年…それは、中学生の頃の三島そのものだった。
当時の麻生は、教え子である三島に恋をしていた。それからも、ずっと…。

表題作小説家先生の長かった恋

三島 元生徒
麻生 タモツ 元中学教師

その他の収録作品

  • その後の話

評価・レビューする

レビュー投稿数1

長い冬って感じですね

表題作+描き下ろしで構成されていました。
家政夫をしている三島の派遣先は小説家のマンション。三島の前に現れた小説家の先生は中学時代の担任の麻生で‥
切ない系がお好みの方にはいいと思います。ラストは勿論ハッピーエンドなので安心して読み進めることができますが、私には少し切ない(暗い)かなぁ‥所々切ないなら全く問題無しなんですが、麻生が暗くて(笑うと可愛い)‥
主に三島目線で語られていましたが、2人の
心情がわかりやすく描かれていたと思います。
この本の中では麻生の従甥の快君が明るくしっかり者で好感度抜群でした(あんまり登場しないけど) 逆に悪感だったのは三島の中学時代の友人の立野、最後に麻生に謝罪して和解?したからいいですけどね。
カバー下や1話と2話の後ろに描かれてた四コマ漫画は可愛く面白かったです。次は明るいお話が読みたいです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ